autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 新型車解説

新型車解説 2010/4/9 09:51

フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 新型車解説

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: オートックワン 編集部 Photo: フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン/オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 新型車解説

新開発1.2リッターエンジン搭載の「ゴルフ TSIトレンドライン」誕生!

リア

4月9日から販売がスタートするフォルクスワーゲン(以下:VW)のゴルフ TSIトレンドライン。

注目は何といっても新開発の1.2リッターという小排気量エンジンを搭載することだ。

これまでゴルフはリッター16.4km/Lという低燃費を誇る1.4リッターTSIエンジンの1機種のみで展開を行ってきたが、今回のトレンドラインの追加は、VWの環境推進を念頭に置いたダウンサイジングへのあくなき挑戦をさらにグローバルにアピールするものである。

さて、そんなゴルフTSIトレンドラインのポテンシャルは、いまや低燃費技術の象徴とも言える“7速DSGトランスミッション”はそのままに、さらに77kwの最大出力と1.8リッター並みの175Nmというトルクを有することだ。

それでいてエンジンを-24.5kgも軽量化させたことで小型化を実現。車体の重量配分も最適化することができ、「17.0㎞/L」という低燃費を叩き出すことに成功。

VWのガソリンエンジンの低燃費化はいったいどこまで行くものなのかと、ここ最近は常に関心させられっぱなしである。

今年5月下旬にはポロにも、この1.2リッターモデルが追加されるというから、こちらも是非注目していただきたい。

さて、ゴルフ TSIトレンドラインの価格は、これまでゴルフの最廉価版であった「TSIコンフォートライン」より21万円安い257万円で販売される。

外装内装ともにいたってシンプルな作りで、例えば外装はホイールがアルミではなくスチール。また、コーナリングライトおよびフォグランプも装備されない。

一方の内装では、ナビは全てディーラーオプション装着で、RNS510(VW純正HDDナビゲーションシステム)の装着ができないことや、エアコンはマニュアル式など、見た目にはワンランク上のTSIコンフォートラインよりも見劣りするかもしれない。

しかし、このTSIトレンドラインはエコカー減税対象車であることから、自動車取得税75%、自動車重量税75%、自動車税(グリーン税制)50%がそれぞれ減税されるのだ。

さらに、TSIトレンドラインはエコカー補助金の対象車にもなっているので、現在所有しているクルマが登録から13年を超えており、それを廃車にしてTSIトレンドラインを購入する場合に25万円の購入補助金を貰うか、もしくは、ただ単にTSIトレンドラインを購入して10万円の補助金を貰うか、という2つの選択ができる。

つまり前者を選べば最大なんと約「383,700円」もお得になるという、極めてお値打ちな価格でゴルフを購入することができるのだ。

TSIトレンドライン。中身はシンプルでも、走りはしっかりドイツ車。気軽に輸入車に乗り換える絶好のチャンスだ。

さあ、気になる方は今すぐフォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドラインのお見積もりへアクセス!

フロントマスクリアランプホイールインパネ新開発1.2L TSIエンジン

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連編集記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR