トヨタ 80スープラ、日産 R32、R33…価格高騰の理由とは!? ちょっと古い日本車にアメリカの若者たちが熱狂するワケ(2/2)

画像ギャラリーはこちら

JDMファンから「神」とあがめられる車は?

JDMを愛するアメリカの若者たちにとって、究極のJDMは「日本で販売されていた右ハンドルの車をアメリカで乗る」ことである。

単にアメリカで人気の日本車(左ハンドル)に乗るだけではなく、日本で実際に使われてきた右ハンドル車に乗ることが最高にクール、そしてその車とオーナーは「神」とあがめられる存在になる。

そこまでの魅力は何なのか? ロサンゼルス郊外のガーデナという町で定期的に開催されているJDM好きが集まる集会を取材した際、彼らは日本車の魅力をこんな風に語っていた。

JDM好き外国人オーナーたちの声

日本車は信頼性が高く、そしてカスタムパーツの種類がものすごく多い。多様な日本車に対応しているので、どれを選ぶのか悩むほどに選択肢が豊富。

車そのもののクオリティが高いので、20年、30年経過した車でも安心して乗れる。カスタムのベース車として最高の素材。

■日本車は独自のデザインスタイルがある。アメリカ車やドイツ車にはない、独特の個性だ。そして、アフターパーツメーカーのクオリティもすこぶる高い。

私たち日本人は、日本車といえば個性は薄くても、壊れない、燃費がいい、整備性が良いと言った理由がまっさきに思い浮かぶが、海外では日本人が思いつかない視点で日本車を高く評価してくれている。とても光栄なことだ。

右ハンドル禁止の国で、どうやって乗るの?

しかし、アメリカは右側通行&左ハンドル車の国。FMVSS(日本でいう国交省)の基準により右ハンドル車の輸入や販売は禁じられている。一部の例外を除いては…。

そう、この例外こそが「25年ルール」と呼ばれるありがたい規定で、ざっくりいうと製造から丸25年が経過した海外の車はハンドル位置や衝突実験のデータ、シートベルトの有無などFMVSSのすべての基準から除外される。

製造から21年でEPA(排ガスに関わる規制)から除外され、25年でFMVSS除外となる。それで、2014年から日産 R32型GT-R(1989~)、2018年からトヨタ 80系スープラ(1993~)や日産 R33型GT-R(1993~)などに25年ルールが適用され始め、日本から中古車としてアメリカに輸出されるケースが激増し、日本での中古車価格が高騰しているのだ。

ちなみにR33型 GT-Rは1995年1月からの販売なので25年ルールの適用は2020年1月~となる。(製造日ベースだともう少し早い)

2019年に25年ルールが適用され始める車とは?

また、排ガスに関する基準EPAは州ごとに基準が異なっておりほとんどは21年超で除外となるが、世界で最も厳しいと言われるカリフォルニア州においては、EPA除外となるのは製造から38年となる。カリフォルニアで日産 R32型GT-Rを登録したければ、1989+38=2027年以降になるのだ。

ちなみに、カナダでは25年ではなく15年でOK。ただし、カナダに登録できる住所があることが必須条件となる。

そして今年2019年には1994年に製造された三菱 ランサーエボリューションII、日産 シルビア ニスモ270R、スカイラインGT-R V-Spec II(R32)、スバル インプレッサ WRX STI、トヨタ セリカGT-Fourなどが海を渡り、到着を心待ちにしているアメリカのユーザーの元に届けられることになるのだろう。

ちなみに、製造から「25年以上」はかなり厳しくチェックされる。基本は月換算だが、州によっては、「日数」で換算するところもある。製造日がわからない場合は、車検証の初度登録日などでチェックするそうだ。

日本では自動車税や重量税の増税に苦しめられる、ちょっと古い日本車も、海外では25年経過を心待ちにして、やがて「神」とあがめられる存在になるというわけだ。

[筆者:加藤 久美子/撮影:加藤 久美子・MOTA編集部]

前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
加藤 久美子
筆者加藤 久美子

山口県下関市生まれ 自動車生活ジャーナリスト 大学時代は神奈川トヨタのディーラーで納車引き取りのバイトに明け暮れ、卒業後は日刊自動車新聞社に入社。出版局にて自動車年鑑、輸入車ガイドブック、整備戦略などの編集に携わる。95年よりフリー。2000年に第一子出産後、チャイルドシート指導員資格を取得し、チャイルドシートに関わる正しい情報を発信し続けている。 得意なテーマはオリジナリティのある自動車生活系全般で海外(とくにアメリカと中国)ネタも取材経験豊富。愛車は22年間&26万km超の916アルファスパイダー。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ スープラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ スープラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ スープラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ スープラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ スープラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる