MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ついに出るぞ本気プリウス!新型プリウスPHVでトヨタが電動化へ本格始動!2代目充電プリウス成功なるか

自動車評論家コラム 2017/2/3 20:33

ついに出るぞ本気プリウス!新型プリウスPHVでトヨタが電動化へ本格始動!2代目充電プリウス成功なるか(1/2)

関連: トヨタ プリウスPHV Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志/茂呂幸正/トヨタ
ついに出るぞ本気プリウス!新型プリウスPHVでトヨタが電動化へ本格始動!2代目充電プリウス成功なるか

デザインは好評の新型プリウスPHV、気になる価格設定は

プリウスPHVの発売開始が待ち遠しい!~ひと足お先にトヨタ 新型プリウスPHV 試乗レポート(プロトタイプ編)~/山本シンヤ

本来なら昨年秋に発売する予定だったトヨタの新型プリウスPHVが2017年2月15日にデビューすることになった。

トヨタの電動化推進策第1弾ということで、ぜひとも成功させたいハズ。すでにデザインは高く評価されている。

果たして国内市場でクリーンヒットを飛ばせるだろうか?じっくり考えてみよう。

といっても売れ行きを占うことは難しくない。以前から言われている通り、環境問題にボランティアなどない。「車両価格+ランニングコスト」が標準車と同等または安ければ売れるし、高ければ間違いなく売れない。

>>トヨタ 新型プリウスPHVを写真でチェック(画像117枚)

ということで重要なのが新型プリウスPHVの価格である。Webで出回っている価格は以下の通り。

・Aプレミアム 422万2800円

・Aレザーパッケージ 406万6200円

・A 380万7000円

・Sナビパッケージ 366万6600円

・S 326万1600円

新型プリウスPHVの『S』と標準の新型プリウス『S』(247万9091円)の実質的な装備差は8万4600円の自動ブレーキくらい。

新型プリウスPHVは、クラウン マジェスタのような位置づけ?

プリウスPHVの発売開始が待ち遠しい!~ひと足お先にトヨタ 新型プリウスPHV 試乗レポート(プロトタイプ編)~/山本シンヤ

したがって、標準の新型プリウスと新型プリウスPHVの価格差が69万7909円になる計算。購入時に使える補助金の額は現時点で不明ながら、アウトランダーPHEVで13万2千円(2016年度)だったことを考えれば、上を見て10万円か。

したがって価格差はざっくり約60万円。『環境問題にボランティア無し』という定説を当てはめると、プリウスより燃料コストで60万円安くないと厳しい。果たして60万円を取り戻せるだろうか?

年間1万kmを電気で走ったとして、新型プリウスPHVは3万円安く付く。つまり20万km走らないとペイしないのだった。

>>トヨタ 新型プリウスPHVを写真でチェック(画像117枚)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ プリウスPHV の関連編集記事

トヨタ プリウスPHVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウスPHV の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR