どこでもリゾート空間を再現!? 2人旅仕様の“超リッチ”なハイエース ANNEX「RICORSO」【GO TO OUTDOOR】

  • 筆者: 武内 祐徳(MOTA)
画像ギャラリーはこちら
アウトドア好きのMOTA編集部員が見つけた魅力的なキャンピングカー/車中泊仕様のクルマをピックアップ!今回はキャンピングカービルダー「ANNEX(アネックス)」がラインナップする人気キャンピングー「RICORSO(リコルソ)」です。

ハイエースワゴンベースのバンコンで、ゆったりとしたリビング空間と簡単操作で展開可能な大きなベッドが最大の特徴です。「2人旅仕様」がコンセプトで、景色のいいところでホテルのようなリッチな雰囲気を楽しめるキャンピングカーを目指して造られています。好きな場所でリゾートを楽しめるような工夫と、は一体どんなものでしょうか?

>>どこでもリゾートを実現! 超リッチな空間のハイエース「RICORSO」の内外装を画像で見る![28枚]

キャンピングカーに興味がある人はもちろん、アウトドア好き・車中泊をしてみたい人なんて人も是非チェックしてみてくださいね!

目次[開く][閉じる]
  1. リビングモード・ベッドモードを簡単チェンジ!それぞれ広々とした空間に
  2. 大容量冷蔵庫&充実した収納スペース!
  3. 4種類から選べるインテリアカラー&様々なアレンジが可能!

リビングモード・ベッドモードを簡単チェンジ!それぞれ広々とした空間に

ANNEXは、大阪に拠点をもつキャンピングカービルダーです。トヨタ ハイエースや日産 NV350キャラバンをベースとした人気のバンコンをはじめ、キャブコンなども幅広く展開。そのANNEXがラインナップするバンコンの中で、特に人気なのが2人旅仕様ハイエース「RICORSO(リコルソ)」です。

日常でも不便のないサイズ・便利な最大8人乗り

ベース車両はハイエースのワゴンGL。全長4840×全幅1880×全高2105mmと、トヨタ アルファードと比べ全長・全幅には大きな差はなく、全高が155mm大きい程度で、ハイエーススーパーロングなどに比べれば日常使用でもさほど不便を感じさせません。そして2人旅がコンセプトですが、最大8名乗車可能と様々なシーンでも活躍できる仕様となっています。

シートアレンジで「リビングモード」「ベッドモード」を展開可能!

RICORSOはシートアレンジによって、ゆったりとした2種類の「リビングモード」、広々な「ベッドモード」の全3モードが展開可能です。

ハイエースのバンコンでは、ベッドスペースとリビングスペースを分けたものが一般的ですが、それぞれが窮屈になりがち。そこでRICORSOは、マットの着け外しによって「ベッドモード」と「リビングモード」を切り替えでき、それぞれをゆったりとした空間を実現しています。

リビングモードでは背もたれ付きのソファー&テーブルとなり、最大6人でテーブルを囲むことができます。窓側に造り付けの収納などをあえて設置せず、スペースを確保しながら、大きな窓によって視覚的にも解放感を得られるようになっています。そして、居心地の良い室内から景色が楽しめるというわけです。

ロケーションの良い場所にクルマを止め、眺めを楽しみながらゆったりと過ごす、そんな「どこでもリゾート気分」を味わうことができますね。

この背もたれになっているクッションですが、こちらをテーブル下に装着するだけでローテーブルモードに早変わり。

このモードの際にありがたいのが、後方に用意された無段階リクライニングシート。座椅子のように使用できるので、足を伸ばしてリラックスなんてことも可能となっています。

そこからテーブルを取り外せばベッドモードに。ベッドスペースは1800×1660mmとクイーンサイズ並み。最大3人が就寝可能なので、大人2人であれば余裕をもって寝ることができますね。

このように、日常でも使えるサイズでありながら、広々としたベッドスペース&リビングスペースを展開できるのがRICORSO最大の特徴です。

大容量冷蔵庫&充実した収納スペース!

大容量冷蔵庫と数多く用意された収納もRICORSOの魅力的なポイントです。

何日も旅をする場合、重要となるのは収納スペース。RICORSOには、引き出し式収納やリアゲート側からもアクセスできるオーバーヘッドコンソール、下駄箱、ベッド下収納、タイヤが入るくらいに大きな床下収納など、十分な収納スペースが確保されています。

さらに長旅に必須なのは冷蔵庫。旅で入手した食材や飲み物を収納できるように、大容量49Lの冷凍庫付き冷蔵庫も完備。

そしてリヤゲート側にシンクが設置されています。リビングスペースから手の届く範囲にあることで食器類も気軽に洗うことができたり、リアゲート開けるだけで水の交換ができるような配置となっています。

4種類から選べるインテリアカラー&様々なアレンジが可能!

ANNEXではキャンピングカーの製造を徳島の自社工場で行っているため、様々なカスタマイズが可能となっています。

特にインテリアカラーを全4パターンから選べるのがポイント。新色のダーク、標準仕様のライト、木質にこだわったアーバンカントリー、温かみのあるオレンジのファルスタースタイルと好みに合わせて選択可能。

ゆったりとしたリビング空間と簡単操作で展開可能なベッドが特徴のRICORSOを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。景色の良いところでホテルの雰囲気を楽しめる、2人だけの特別なキャンピングカー。人気の理由がよく分かりましたね。

▼もっと画像を見たい! 拡大して見たい人はフォトギャラリーをチェック!▼

>>リッチなハイエースワゴン「RICORSO」の内外装をもっと画像で見る![フォトギャラリー]

▼ANNEX・RICORSOをもっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!▼

次回予告

次回も引き続きキャンプ好きのMOTA編集部員が注目するキャンピングカーを特集します!

掲載は2020年6月5日(金)の12時頃を予定しています! お楽しみに!

[筆者:武内 祐徳(タケウチ ヒロノリ)]

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
288.6万円536.8万円
中古価格:
25万円888万円
トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
219.2万円428.6万円
中古価格:
47.8万円795万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者武内 祐徳(MOTA)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる