“愛犬家専用”ハイエースが登場!? ドッグエース/ダイレクトカーズ

  • 筆者: 武内 祐徳(MOTA)
画像ギャラリーはこちら
2020年1月31日~2月2日に行われた「ジャパンキャンピングカーショー2020」に登場したバンコン(ハイエース/NV350キャラバンなど)を特集しています!

今回は紹介するのはダイレクトカーズが展示していた「DOG ACE(ドッグエース)」です!

愛犬との車中泊やアウトドアが楽しめるような工夫と、オシャレなデザインによって会場内でも注目を集めていました!

>>愛犬との車中泊も超快適!? ドッグエースの内装を画像でチェック!

愛犬家だけではなく、自分でキャンピングカーづくりに挑戦している人や、仕事やトランスポーターとしてバンを利用している人にも参考になる便利な工夫が盛りだくさん!

もちろんDIY派だけじゃなく、アウトドア好きや車中泊に少しでも興味がある人は是非チェックしてみてくださいね。

目次[開く][閉じる]
  1. 「愛犬家専用のハイエース」を作った理由とは
  2. 愛犬家には嬉しい便利な機能が揃ったインテリア
  3. レトロテイストでオシャレな外観!

「愛犬家専用のハイエース」を作った理由とは

今回紹介するのは車中泊・キャンピングカーの専門店「ダイレクトカーズ」が展示していた「ドッグエース」です。

こちらのクルマはドッグエースという名の通り、愛犬とのお出かけや車中泊をする上での快適性を重視したハイエース。

キャンピングカーショーでドッグエース取材をしていたところ、ペットを連れたお客さんも興味津々の様子。高速道路のパーキングエリアにもドッグランが続々と設置されていますし、ペットとお出かけをしたいというユーザーも確実に増えているんでしょうね!

このドッグエースは「大切な家族の一員をペットホテルに預けるのは不安」、「ペットを連れて車中泊やキャンプを楽しみたい」といったユーザーの声を受けて製作したとのこと。

そんな愛犬家をターゲットに開発されたドッグエースですが、他のキャンピングカーや車中泊仕様のクルマとはどんな違いがあるのでしょうか?

愛犬家には嬉しい便利な機能が揃ったインテリア

ドッグエースには車中泊を可能とするベッドキットや愛犬の身体や足を洗うためのシャワー、テーブルが展開できる収納などが設置されています。各アイテムの特徴を紹介していきましょう。

愛犬をいつでも綺麗にできるシャワーキット

写真では分かりませんが、このシャワーホースはさらに伸ばすことが出来ます! そのため、クルマから離れた位置でも愛犬の身体を洗うことだってできるんですよ。

シャワーホースの近くにリードフックが付いているところも使い勝手が良さそうですね!

作業用も楽々! テーブルを展開できる引き出し式の収納

もう一つの特徴は引き出し式の収納です。

たとえば、愛犬に水やご飯をあげるという場合、お皿と餌の入ったケースやペットボトルを取り出し、お皿に餌と水を入れるという流れとなりますが、その一連の作業がスムーズにできるようにデザインされていました。

引き出しをスライドさせ、左右の扉を展開すると収納された皿やペットボトルを取り出すことができ、展開した扉自体も作業用のテーブルになるのでその場で盛り付けができます。

ラゲッジスペースに荷物を載せたまま、ベッドキットを展開させたままでも小物を取り出せるのもメリットの一つでしょうね。

>>引き出し式の収納をもっと写真で見る!

ソファーや対面式にもできる!? アレンジ自由なベッドキット

もう一点便利だと感じたのはベッドキット。快適な広い就寝スペースが確保できるだけではなく、様々なシートアレンジができるのです。例えば、ドライブ途中で休憩する際にソファーのようにしたり、食事も出来るような対面式、大型のペットカートを畳まずに載せるスペースを作ったりと様々なレイアウトが展開されます。

シートには傷や汚れに強いレザーを使用しているとのことで、こちらも愛犬家には嬉しいポイントですね。

>>ベッドキットのアレンジパターンを写真でチェック!

 

レトロテイストでオシャレな外観!

内装だけではありません、一際目を引くレトロでオシャレなエクステリアもドッグエースの特徴の1つ!

こちらはモデリスタ製の「Relaxbase(リラクベース)」仕様です。メッキのフードガーニッシュ、ロアグリルガーニッシュ、ホワイトカラードバンパーがセットされています。

さらにボンネット&ピラーをブラックアウト化して、アンティークなデザインのアルミホイールが足元を彩ることでレトロ感のあるハイエースに仕上がっています。

>>ドッグエースのエクステリアを写真でチェック!

 

今回は愛犬家が使いやすいように内装をデザインし、愛犬との車中泊だって可能とするハイエースを紹介しました。

個人的には愛犬家だけではなく、サーフィンをする人やMTBをする人にとっても最適な仕様だと感じました。

ホースが自由に伸ばせるシャワーキットがあることで、サーフィンボードや泥で汚れたMTBを洗うこともできますし、前泊が必要となるシーンでもベッドキットがあれば快適ですからね。 うーん欲しいなぁ・・・。

[筆者:武内 祐徳(タケウチ ヒロノリ)]

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
288.6万円536.8万円
中古価格:
45.9万円960万円
トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
236.3万円446.2万円
中古価格:
59.8万円855.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者武内 祐徳(MOTA)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる