GRスープラ、GRヤリスを更にスポーティな乗り味・ルックスに! フジツボのマフラーやHKSのサスペンションなどをご紹介【群馬パーツショー2021】

画像ギャラリーはこちら
2021年10月8日~10日、30周年を迎える群馬パーツショーが高崎市のGメッセ群馬にて開催された。エアロパーツやホイールなどを扱う83社ものカスタムメーカーが集い、最新アイテムやカスタムカーを披露し盛況を博した。

この記事では、その中でもトヨタ GRスープラ、GRヤリス向けの最新パーツを発表したメーカーの情報をピックアップ。どのようなブースが出されていたのかご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ GRヤリス向けのマフラーが充実/フジツボ
  2. GRヤリス向けウイングやマフラーを一挙リリース! /SARD(サード)
  3. 2つのブランドからヤリス、スープラ向けの走りを高めるサスペンションを展開する/KW
  4. 使い勝手とスポーティを両立させたオールマイティな主力サスペンションをアピール/HKS
  5. 冬も大径タイヤのルックス楽しめる4WD向けのスタッドレスを用意!/トーヨータイヤ

トヨタ GRヤリス向けのマフラーが充実/フジツボ

GRヤリス向けのエキゾーストシステムを充実させていたのがフジツボだ。

今回はデモカーとしてGRヤリス 1.6ターボを展示し、同社のマフラー「AUTHORIZE R」を装着してテールピースやサイレンサー部分のカッコ良さ、さらには高性能&音質についての魅力をアピールした。

さらに、ショー会場では展示が間に合わなかったものの、同社独自の排気バルブシステムを備えた「VVV(ヴィダブリュ)」シリーズにGRヤリス用がラインナップされるという。スイッチひとつでエキゾーストノートが変更できるバルブシステムの搭載に加え、異形の4本出しテールピースを備えたデザインなど、GRヤリスのマフラー戦線に新たな注目アイテムが間もなくデビューの予定だ。

>>フジツボブースを写真をもっと見る

GRヤリス向けウイングやマフラーを一挙リリース! /SARD(サード)

GRヤリスのパーツ群を一挙リリースしてきたのは、スーパーGTへの参戦でもおなじみのサード。

注目のニューアイテムのひとつは、GRヤリス用のLSLウイング。2本足形状のスポーティなウイングはワイドなデザインでアピール度満点だ。純正リアスポイラーに取り付ける構造となっており、ボディ加工無しで設置できる。

また純正のボルト穴を使った固定や、リアスポイラー下部のリアガラスとの間に補強のアダプターを用いるなど入念で精度の高い設計が特徴だ。

もうひとつの注目アイテムが「Ti-Z FULL TITANIUM マフラー」。その名の通り触媒からテールピースまでをフルチタンとする。テールは内側にチタン色を残すものの、外側はショットブラスト加工で大人のムード。乾いたレーシーサウンドを奏でるのもチタンマフラーならでは。

>>SARD(サード)ブースを写真をもっと見る

2つのブランドからヤリス、スープラ向けの走りを高めるサスペンションを展開する/KW

KWブランドとSTブランドの2つのサスペンションラインナップをブースで展開したKW。

KWブランドでは2wayダンパーの「Version-3」が人気の中心となっているが、多くのユーザーに評価される理由はそのオールマイティさ。伸び側/縮み側を独立して減衰調整できるため、セッティングの幅が広いのだ。

さらに減衰力の立ち上がりがスムーズで、角の無いしなやかな乗り味が手に入るのも魅力。走りのシーンを選ぶことなく、さまざまな用途でレベルの高い走りを味わえるハイパフォーマンスショックだ。ヤリス、スープラ、86などの適合モデルは特に注目を集めている。

一方のSTブランドは、スチールケースを用いてコスパを高めたのが特徴(KWはステンレスケース)。内部構造などはKWと同様なのでコストの面でも魅力のモデルだ。

>>KWブースを写真をもっと見る

使い勝手とスポーティを両立させたオールマイティな主力サスペンションをアピール/HKS

HKSブースで注目されたのが、ストリートスタンダードモデルの車高調である「HIPERMAX(ハイパーマックス)S」。さすが同社の主力サスペンションとあって、力の入り方が違っていた。

ストリートスタンダードの車高調とうたっているだけあり、使い勝手とスポーティな乗り味を両立するのが特徴。しっかりした減衰を備えつつ、嫌な硬さを感じないので普段使いからスポーツ走行までをオールマイティにこなすことができる。

単筒式のショックアブソーバーを採用し、減衰力は30段階の調整を備えるハイスペックさ。スポーティモデルはもちろんビッグサイズミニバンまでをカバーするラインナップも魅力。現在も対応車種も続々拡大中で、人気モデルへの対応は抜かりなく整備されていく予定だ。

>>HKSブースを写真をもっと見る

冬も大径タイヤのルックス楽しめる4WD向けのスタッドレスを用意!/トーヨータイヤ

4WD向けのスタッドレスという新しい視点のタイヤである「オブザーブ W/T-R」を展開しているのがトーヨータイヤだ。

夏シーズンにはゴツゴツ・大径のオフタイヤを履いている4WDがスタッドレスでは純正ホイールに戻ってしまうケースも多い。そこで4WD車へ対応するサイズを用意したのがこのシリーズ。雪山遊びもぴったりだ。

>>トーヨータイヤブースを写真をもっと見る

[筆者:土田 康弘/撮影:MOTA]

トヨタ/GRヤリス
トヨタ GRヤリスカタログを見る
新車価格:
265万円456万円
中古価格:
274.1万円765万円
トヨタ/スープラ
トヨタ スープラカタログを見る
新車価格:
499.5万円783.5万円
中古価格:
192万円2,500万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

土田 康弘
筆者土田 康弘

記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ GRヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ GRヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ GRヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ GRヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ GRヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる