RAV4のスズキ版がオトコマエ過ぎる! スズキ アクロス、PHV専用車が今秋デビュー

画像ギャラリーはこちら
スズキは、トヨタ RAV4 PHVのOEM供給モデルである新型「ACROSS(アクロス)」を欧州で発表した。発売は2020年秋の予定。フロント周りはアクロスのオリジナルデザインとされ、これがなかなかのオトコマエだ。

>>男前過ぎる! スズキ版RAV4 PHV「アクロス」を画像でもっと見る

気になる新型RAV4 PHVのスズキ版、新型アクロスの詳細をご紹介する!

目次[開く][閉じる]
  1. 2019年に結ばれたスズキとトヨタの資本提携後、初の成果
  2. スイフトスポーツとも共通するスポーティなデザイン
  3. スズキ アクロスの日本導入はある!?
SX4 S-CROSSの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

2019年に結ばれたスズキとトヨタの資本提携後、初の成果

スズキとトヨタは2019年春、トヨタの強みである電動化技術とスズキの強みである小型車技術を持ち寄り、協業や電動車の普及を図る目的で資本提携を結んでいる。今回のトヨタ RAV4 PHVのOEM供給は、両社の取り組みで初の成果となる。

新型アクロスは、スズキが欧州市場向けに導入するもの。2020年秋の販売開始を予定している。

両社では今後、グローバルでトヨタのハイブリッドシステムをスズキに供給するいっぽう、スズキがインドで生産する小型モデルをトヨタにOEM供給することなどが検討されている。

スイフトスポーツとも共通するスポーティなデザイン

スズキの新型アクロスのボディサイズは全長×全幅×全高が4635×1855×1690mm(欧州値)。ちなみに本家のRAV4 PHVは全長4600mm(日本仕様)。横からよーく見比べてみると、アクロスはRAV4に対しヘッドライト部が切れ長で、フロントグリル部も少しだけ前に出ているので、その分が少し長く感じる。

オリジナルデザインのフロント周りは、なかなかのオトコマエ。RAV4 PHVがちょっとワイルドでタフなイメージなのに対し、スズキ アクロスは(今のところ)PHV専用車ということもあってか、ちょっと都会的だ。そしてスイフトなどとも共通するスポーティなイメージもある。

最新のプラグインハイブリッドシステムを搭載

搭載されるプラグインハイブリッドシステムはRAV4 PHVと共通。大容量リチウムイオンバッテリーを車体中央の床下に積み、前後2モーター+直4 2.5リッターA25A-FXS型ダイナミックフォースエンジンが、電子制御の4WD(E-Four)と組み合わされる。モーターの最高出力はフロント134kW、リア40kWで、最大トルクはフロント270Nm、リア121Nm。エンジンの最高出力は136kW、最大トルクは227Nm。CO2排出量は22g/km(WLTP)。

走行モードはEVモード(デフォルト)、AUTO EV/HVモード、HVモード、バッテリーチャージモードと切替が出来る。

スズキ アクロスの日本導入はある!?

OEMモデルとはいえ、スズキ アクロスのデザインにグッときたアマノジャクさんも多いはず(笑)。日本での販売はあるのだろうか。

そもそも日本でのRAV4 PHVは発売早々に受注が一時停止になったモデル。北米や日本などでの旺盛な需要に対し、バッテリーの生産量が追いついておらず、年度内の生産分を予約受注で売り切ってしまった。その中には欧州向けスズキ アクロスの供給分も若干は含まれているだろうが、それを日本に回す余裕などあるはずもない。残念ながら直近の日本導入は現実的ではないだろう。

PHVはダメでもハイブリッドなら可能性あり!?

ただし冒頭に記したように、今後グローバルでトヨタのハイブリッドシステムをスズキに供給する検討が行われている。

PHVは難しくても、RAV4 ハイブリッドのOEMモデルが日本市場で「エスクード ハイブリッド」(?)として販売される可能性はあるかも…しれない。こちらの展開も密かに期待したい。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

スズキ/SX4 S-CROSS
スズキ SX4 S-CROSSカタログを見る
新車価格:
218万円240万円
中古価格:
95万円246.1万円
スズキ/エスクード
スズキ エスクードカタログを見る
新車価格:
270.8万円270.8万円
中古価格:
39.5万円285.7万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ SX4 S-CROSSの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ SX4 S-CROSSのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ SX4 S-CROSSの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ SX4 S-CROSSの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ SX4 S-CROSSのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる