キャンプまでの移動をクルマWi-Fiで楽しもう!カーナビのカロッツェリアだからこそ開発できた秘密とは!?【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら
「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」には、カーナビゲーションやカーオーディオメーカーとして名をはせるカロッツェリアも出展。ブースには、「CYBER NAVI」をはじめとしたカーナビなどの主力製品のほか、デモカーとしてトヨタ RAV4とスズキ ジムニーを展示していた。

RAV4には、フラッグシップナビの「CYBER NAVI」、ジムニーには「楽ナビ」を搭載。どちらも9V型の大画面を持ち、車種ごとに専用設計された取り付けキットによって美しくビルトインされていた。

目次[開く][閉じる]
  1. 気になる車内のデータ通信量問題を解決する車載用Wi-Fiルーター
  2. カロッツェリアの車載用Wi-Fiルーターはナビなどなくても単体で利用することが可能
  3. サイズアップにトゥイーターも!ジムニー専用スピーカーで音質向上

気になる車内のデータ通信量問題を解決する車載用Wi-Fiルーター

注目は、カロッツェリアが2020年12月に発売を開始した「クルマWi-Fi」だ。

ドライブや仕事でクルマに乗り込んでも、今やインターネットを使用しないことは無い、と言っても良い時代になった。しかし、車内でのインターネット検索、サブスク音楽配信サービスでの楽曲ダウンロード、オンラインゲーム、仕事でデータを送受信したりすると、気になるのがデータ通信量。

でも車載用Wi-Fiルーターなら、ドコモのLTEデータ通信が定額無制限で使いたい放題なのだ。

これにより、カーナビやリアモニターの美しい画面でYouTubeなどのストリーミングビデオを観たり、地図の自動更新など膨大なデータ量が必要になる場面にも対応できる。

カロッツェリアの車載用Wi-Fiルーターはナビなどなくても単体で利用することが可能

カロッツェリアの車載用Wi-Fiルーターでは、同社のカーナビを搭載していなくてもdocomo in Car Connectに契約すれば、誰でもサービスが利用できるのもポイント。通信費も1年で税込1万3200円とリーズナブル! 30日(税込1650円)、1日だけ(税込550円)など、クルマの使用シーンに合わせたプランも用意している。ルーター本体の定価は税込2万7500円だ。

サービスのスタートも容易で、ルーター本体裏のQRコードをスマートフォンで読み取り、申し込み・クレジットカードもしくはdポイントで料金をチャージすると、すぐに開始される。給電はシガー電源から行われるが、電源コードが長いため、車内のどこにでも置けるのは嬉しい。

使えるのはクルマの中だけ! その代わり超リーズナブルな価格設定が実現出来た

基本的にはクルマのエンジンONでルーターの電源が入るが、走行中以外でも、エンジン始動後30分、走行後停止して60分間を経過すると受信しなくなる。

これはルーターが車載用で、車外で使用できないようにするための設計なのだが、走行しているのはどうやってルーターが検知しているのか、走行しているのなら、電車やバスの車内でも使えてしまうのでは? と気になってくる。

でもそこは、世界有数のカーナビメーカーのカロッツェリア。同社が蓄積してきた、他メーカーでは開発できないほどの高度な技術をふんだんに投入し、クルマのみで作動する仕組みになっているというから凄い。

車載用Wi-Fiルーターは、クルマでの移動が多い、家族とのドライブで通信が必須、などのユーザーには、ぜひ注目してほしいアイテムだ。

サイズアップにトゥイーターも!ジムニー専用スピーカーで音質向上

デモカーでは、カロッツェリアのスピーカーによる高音質を楽しめるようになっていた。

ジムニーではフロントドアのスピーカーを、純正の13センチから16センチ径のカスタムフィットスピーカーに変更。中音域のロスを改善する遮音クッションを備える、ジムニー(JB64/JB74)専用スピーカー取付キットを介して設置する。

さらにドアミラー付け根には、同社のチューンナップトゥイーターを設けていた。こちらも取付けはジムニー専用に開発されたキットで行っている。低音域をドアスピーカーで、中高音をトゥイーターに担当させることで、著しい音質向上を実現。ジムニー車内で過ごす時間が、さらに楽しくなりそうだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円190.3万円
中古価格:
22万円390万円
トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
277.4万円410.6万円
中古価格:
38万円543.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる