スバル 新型WRX S4 試乗&詳細解説|スバルが目指す“走りの理想”がここに現る!(2/2)

スバル 新型WRX S4 試乗&詳細解説|スバルが目指す“走りの理想”がここに現る!
スバル WRX S4 スバル WRX S4 スバル WRX S4 スバル WRX S4/スバル WRX STI 画像ギャラリーはこちら

そろそろWRX STIにもアイサイトを

今回のWRX S4マイナーチェンジでは、スバルらしい走りのレベルアップが図られているが、それ以上に大きなニュースとなるのが安全性の向上だ。レヴォーグ同様にスバル最先端となる安全支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」とRAB(後退時自動ブレーキ)を全車標準装備した。すでにその機能は紹介済みだが、リアルワールドで使えるシステムに仕上がっている。また、SRH(ステアリング連動ヘッドランプ)やフロントビューモニター(OP)も設定され、スバルがこだわる視界性能向上もシッカリと行なわれている。

ちなみにWRX STIはアイサイト未装着で従来モデル同様にアドバンスドセーフティパッケージをOP設定する。現在、ホンダ/マツダ車にMT仕様+安全支援パッケージの設定があることからも解るように、もう「MTだから……」、「WRX STIはユーザーが必要としてない」は通用しないと思っている。WRX STIへのアイサイト搭載にも期待したい。

従来モデルは“剛”な印象に対し、新型は“柔”のイメージ

スバル WRX S4

その走りはどのように変わったのか?

今回はナンバーを取得していないモデルのため、伊豆サイクルスポーツセンターにある5kmコースでの試乗だ。ちなみにこのコース、一方通行の上一般道よりもアベレージスピードが高いが、路面は所々荒れている箇所もある「一般道以上サーキット未満」と言った環境だ。

まず乗り始めて感じたのは、2.0GT/2.0GT-S共に全てにおいてより素直になったな……と。従来モデルもステアリングレスポンス/リアグリップ/フラットライドに注目していたが、実際のところ個々の性能は納得できるものの、トータルで見ると調和できていない印象だった。一方、新型は個々がどうこうよりも、クルマとしてのバランスが整えられた印象が大きい。

これはサスペンションリアスタビライザーをφ20→19に落とした効果が大きい。従来モデルはどちらかと言えばタイヤを無理やり押さえつけた“剛”な印象に対し、新型はしなやかに路面を捉える“柔”のイメージで、4つのタイヤをより効率的に使えるようになった印象だ。結果としてやや突っ張り気味だった乗り心地も改善されている。また、電動パワステの変更はステアリングを“切る”だけでなく“戻し”にもこだわっており、これらの変更が相まって一連のクルマの動きがより自然で滑らかになっているのだ。

また、従来モデルも、クルマが曲がる時の軸足になるリアはシッカリと安定させながら、フロントで曲げる考え方だったが、相対的にはリア勝ちでアンダーっぽい所もあった。新型はフロントとのバランスが整えられているので、いい意味でAWDっぽさを感じない。

もちろん最終的には安定方向のハンドリングだが、そこに辿りつくまでの過程でコントロールの“自在性”と“懐”が増しており、「必ずしもアンダーステアが正解ではない」と言う走りを実現している。これは新型インプレッサ/XVで初採用されたSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)開発による知見をフィードバックさせているそうだ。ちなみにS4のAWDシステムは高出力モデル用で前後トルク配分45:55を基本に走行条件に応じて直結状態まで制御するVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)を採用するが、このシステムをより活かせるシャシーになったと言えるかも!

スバルが進むべき“走りの理想”が定まった

スバル WRX S4

ちなみに走りの味付けは、2.0GT/2.0GT-Sで従来よりも性格分けが明確になっている。

2.0GTはしなやかさと快適性を重視したグランツーリスモ的なセットでより間口を広げているのに対し、2.0GT-Sはパフォーマンス重視しながら、STIコンプリートモデルを思わせる、より動的質感が高められた印象。個人的には従来モデルのGT-S・245仕様はS4のキャラクターに対してやや走りに特化しすぎていた感があり、ベストS4はGT-S・225仕様だと感じていたのだが、新型GT-Sは245仕様ながら従来の225仕様と245仕様のいい所取りの乗り味に仕上がっている。

一方、WRX STIは絶対的なパフォーマンスはS4の上だが、乗り味と言う意味では従来の武闘派からロードカー寄りに深化しており、どちらかと言うとS4方向の乗り味に近づいている。新DCCD採用とS4同様に前後バランスを整えたセットアップ、19インチタイヤ&ホイール走りの組み合わせの相乗効果で、従来モデルよりもAWDを感じさせないノーズの入りの良さと、AWDらしいトラクションを両立。また、クルマの挙動も自然で安定しているので無駄なステアリング操作も減り、結果としてドライビングも楽になっている。

そういう意味では、今まではS4とSTIは似て非なるモデルだったが、新型に乗るとスバルが進むべく“走りの理想”が定まったことを意味しているのかもしれない。スバルが考えるグランドツーリング(GT)の考え方は「より遠くに/より速く/より安全に/より快適に」だが、今後のWRXシリーズは“究極のGT”を目指していくのだろう。

[レポート:山本シンヤ/Photo:和田清志・SUBARU]

スバル 新型WRX S4/WRX STI 主要スペック(2017年7月マイナーチェンジ)

WRX S4

WRX STI

駆動方式

AWD(4輪駆動)

AWD(4輪駆動)

価格(消費税込み)

3,369,600円(2.0GT EyeSight)

3,736,800円(2.0GT-S EyeSight)

3,866,400円(STI)

4,060,800円(STI Type S)

JC08モード

燃費

13.2km/L(2.0GT EyeSight)

12.4km/L(2.0GT-S EyeSight)

9.4km/L

全長

4,595mm

4,595mm

全幅(車幅)

1,795mm

1,795mm

全高(車高)

1,475mm

1,475mm

ホイールベース

2,650mm

2,650mm

乗車定員

5名

5名

車両重量(車重)

1,540kg

1,490kg

エンジン

FA20型 2.0L DOHC

16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”

EJ20型 2.0L DOHC

16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ

排気量

1,998cc

1,994cc

エンジン

最大出力

300ps(221kW)/5600rpm

308ps(2217W)/6400rpm

エンジン

最大トルク

40.8kgf-m(400N・m)/2000-4800rpm

43.0kgf-m(422N・m)/4400rpm

燃料

無鉛プレミアムガソリン

無鉛プレミアムガソリン

スバル WRX S4/スバル WRX STI
前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スバル WRXの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル WRXのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル WRXの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル WRXの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル WRXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる