スバル初のEV、新型ソルテラは乗用車と同様の安心感! トヨタ 新型ノア&ヴォクシー並みの先進安全性能を持って登場予定だ

画像ギャラリーはこちら
2021年に発表されたスバル 新型ソルテラ プロトタイプ。先日プロトタイプによる雪上試乗も開催、車両概要の説明も行われた。今回はスバルならではの安全性について触れていこう。
目次[開く][閉じる]
  1. スバルが掲げる「総合安全」をEVでもしっかりと体現した
  2. ソルテラにはトヨタセーフティセンスを搭載! 新世代アイサイトの機能をカバーする
  3. 駐車時に運転席からの死角を減らすセンサー類も搭載

スバルが掲げる「総合安全」をEVでもしっかりと体現した

「Upscale Pravtical(一格上の実用性)なSUV」を商品コンセプトに、スバルらしさを強調するだけでなく、トヨタとのアライアンス開発を通じて電気自動車(EV)の近未来感への期待や航続距離、電池劣化などの不安を抑えた「EVだからとガマンしなくてよい、これまで以上に使えるクルマ」に進化している。

具体的にどのようなクルマに仕上がったのか。今回は安全性を焦点に当てて解説していく。

スバルは「2030年死亡交通事故ゼロ」を目指した車両開発に取り組んでいる。これは先進安全支援機能「アイサイト」をはじめ、デザインなどにもよく表れていることだが、EVになっても同様だ。

まずは外装面。スバルのEVを象徴する大型ヘキサゴン造形を中心とした精悍なフロント造形だが、歩行者と衝突する脚部の保護だけでなく、見栄えにもこだわった。その結果、歩行者保護性能と外観デザインを融合させたフロントフェイスとなっている。

ボディ骨格面では、従来の乗員保護に加えて車両全域に配置されている高電圧部品を損傷させないよう、全方位からの衝突に対して乗員と電池の安全性能を追求。床下電池を保護するため現行比2倍の強度に高めた。

また、新型ソルテラだけでなく衝突時の相手となる車両や歩行者にも安全なクルマづくりを行なっている。通常、車重が重ければ重いほど、衝突した時に相手車両への被害が大きくなってしまう。

2023年度から導入されるMPDB(モービル・プログレッシブ・デフォーマブル・バリア)衝突、つまり前方からの衝突で相手車両への被害を軽減させるよう、適切な骨格配置と強度マネジメントが施されている。その結果、他銘柄と比べてもトップレベルの加害性を抑えた作りとなっているのだ。

ソルテラにはトヨタセーフティセンスを搭載! 新世代アイサイトの機能をカバーする

さらに先進安全性能においてはトヨタとのアライアンスによる車両開発であることを活かし「トヨタセーフティセンスIII」が搭載されている。これは新世代アイサイトの機能をカバーするもので衝突被害軽減ブレーキをはじめ、リスクを先読みして運転操作をサポートするプロアクティブドライビングアシスト、高速道路や自動車専用道路を走行中にドライバーのウインカー操作を支援開始の合図に、レーンチェンジのための操舵、車線変更先の車両監視支援を行うレーンチェンジアシストなど、トヨタ 新型ノア&ヴォクシーと同等の運転支援機能が付いている。

さらに、リモート機能付きの自動駐車支援機能、アドバンストパークはスバル車初の機能だ。車両の全周囲を超音波センサーやビューカメラで検知。ステアリング、シフト、アクセル、ブレーキ全ての操作を制御し自動で駐車を行う。

さらに、デジタルキーを活用したリモート駐車も可能で、専用のスマートフォンアプリを使用することで車外からの遠隔操作もできる。これらもトヨタ 新型ノア&ヴォクシーで採用されているものだ。

駐車時に運転席からの死角を減らすセンサー類も搭載

ほかにも、パーキングサポートブレーキでは、車両の前後に取り付けられたセンサーとカメラによって障害物を検知。警報と自動ブレーキ制御で衝突被害を軽減する。後方接近車両・歩行者も検知できるため、駐車時のさまざまなシーンに対応している。

また、パノラミックビューモニターは4つのカメラ映像を用いて車両周囲の状況を表示。運転席からの視点で全方位を確認できるシースルービューや、車両斜め上の視点で全方位を確認できるムービングビューも用意されているため、目視では確認しにくいエリアもしっかりチェックしながら駐車が可能。

このように「スバルの総合安全」はしっかりと確保しつつ、EVらしい電池の安全性にも寄与した作りになっているのはさすがと言ったところだろう。正式発表は2022年内であることからも楽しみにしたいクルマの一つだ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバルの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバルの記事一覧 スバルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる