注目モデルばかりで迷ってしまうあなたに! 2020年に登場した話題の新型車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
話題の注目モデルが続々登場した2020年。そこで今回は、2020年に登場した新型車の中から、新しい技術や先進的な装備で注目された3車種をピックアップ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したスバル レヴォーグ、シティ派SUVのパイオニア トヨタ ハリアー、日産にとって久しぶりの新型車となったキックスをご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 進化した運転支援システム「アイサイトX」がスゴイ! スバル 新型レヴォーグ
  2. 299万円から!? 驚きの価格で登場したトヨタ 新型ハリアー
  3. 日産 10年ぶりの新型車! e-POWER搭載のSUV 新型キックス

進化した運転支援システム「アイサイトX」がスゴイ! スバル 新型レヴォーグ

2020年8月20日(木)から先行予約を開始し、同年10月15日(木)に発売を開始したスバル 新型レヴォーグ。2014年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジであり、エンジン、シャーシ、制御システムなどすべてが新開発だったことで大きな注目を集めました。エクステリアデザインはシャープかつスポーティになり、インテリアに縦型の大型モニターを備えています。

発売日が近づいた2020年10月の時点で、販売店に展示車が無いという特異な状況であったにも関わらず、先行予約開始から発売日前日までに8290台を受注し、新型レヴォーグがいかに注目されていたのかを伺い知ることができます。

完成度と価格設定が評価されイヤーカーに選出

新型レヴォーグで注目なのは、全車標準装備となった新世代アイサイトと、さらにアイサイトを進化させたアイサイトX。GPS(衛星測位システム)や準天頂衛星「みちびき」などからの情報と、3D高精度地図データを組み合わせたアイサイトXは、新世代アイサイトの機能に加え、主に自動車専用道路において渋滞時の手放し運転、カーブやETCレーンを認識した減速などにも対応。その作動は自然で、まるでプロドライバーが運転しているかのような滑らかな動作を実現しています。

そして、新開発の1.8リッター水平対向エンジンやSGP(スバルグローバルプラットフォーム)などからくる走行性能の高さはもちろんのこと、新世代の運転支援システムであるアイサイトXが、車両価格プラス38万5000円で選べる価格設定が高く評価され、スバルとしては4年ぶりに日本カー・オブ・ザ・イヤーの大賞を受賞しました。

スバル レヴォーグの中古車相場

■中古車掲載台数:3台

■中古車相場:382.2万円~423万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月21日時点のデータ

299万円から!? 驚きの価格で登場したトヨタ 新型ハリアー

2020年6月17日(水)に発売を開始したトヨタの高級クロスオーバーSUVハリアー。エクステリアは、伸びやかで流麗なクーペフォルムとし、上質で落ち着きのあるインテリアを備えています。

また、高級SUVに分類される車格と雰囲気を持ちながら、最廉価グレードの「S(2.0リッターガソリン・2WD)」は車両価格299万円(消費税込み)という手が届きやすい価格を実現しているのも注目です。

凝ったガラスルーフとビルトインドライブレコーダー

新型ハリアーは、調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフをトヨタとして初めて採用(メーカーオプション)。調光時には、障子越しのような柔らかい光が差し込む上質な空間を醸成します。

そして、万が一の時に役立つドライブレコーダー機能を持つ、ルームミラーに録画機能を備えたビルトインタイプの「前後方録画機能付デジタルインナーミラー」は、新型ハリアーのZ“Leather Package”、Z 、G“Leather Package”、Gに標準装備され、ベーシックなSにもメーカーオプションで追加可能となっており、全てのグレードにおいて装着することが可能です。

トヨタ ハリアーの中古車相場

■中古車掲載台数:435台

■中古車相場:285.2万円~645.6万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月21日時点のデータ

日産 10年ぶりの新型車! e-POWER搭載のSUV 新型キックス

2020年6月30日(火)から販売を開始した、電動パワートレインを搭載するSUV日産 新型キックスは、同社にとって日本では10年ぶりの新型車として登場しました。エクステリアには大胆な「ダブルVモーショングリル」を備え、日産らしい存在感のあるスタイリングに仕上げています。室内は、シームレスで上質さを感じるモダンプレミアムなインテリアとなっているのも特徴です。

パワートレインには「e-POWER」を搭載し、力強い加速や高い静粛性を実現。また、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速まで、意のままに行うことができるワンペダルドライブを採用しています。

プロパイロット標準装備が嬉しい

日産 新型キックスは、ミリ波レーダーにより遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御を行う運転支援技術「プロパイロット」を全車標準装備しています。

また、万が一の事故の際の自動通報、あおり運転、急病などの緊急事態において、手動で通報できる「SOSコール」も全車標準装備し、安全性の高いSUVに仕上がっています。

日産 キックスの中古車相場

■中古車掲載台数:25台

■中古車相場:281.8万円~319.8万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月21日時点のデータ

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
59.8万円449.9万円
トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
30万円588万円
日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
27.9万円360万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる