新型レヴォーグ納車4ヶ月経過も文句ゼロ! 長距離&雪道でわかった新型レヴォーグのスゴすぎる実力とは!?(1/2)

画像ギャラリーはこちら
今やスバルの代名詞ともいえるアイサイト。その進化版にあたるアイサイトXが新型レヴォーグに搭載され、2021年現在の装着率は9割にも及ぶほど。だが新型レヴォーグの魅力はそれだけではない。そう、クルマ自体のデキもピカイチなのだ。今回はガチオーナーが初の長距離ドライブで、わかった本当の魅力を徹底検証! 雪道でもそして長距離でも疲れ知らずというが、その理由は何か!?
目次[開く][閉じる]
  1. 新型レヴォーグ納車から4ヶ月経過も文句0
  2. アイサイトXだけが魅力じゃない! クルマ自体の完成度がピカイチだった
  3. 疲れ知らずなのはアイサイトXだけにあらず。シートにもヒミツがあった
  4. スポーツカー並に自在な運転が可能! そのヒミツは絶対的な安心感があるからだった
  5. キャッチコピーは本当だった! 安心と愉しさを両立した文句なしの一台

新型レヴォーグ納車から4ヶ月経過も文句0

「全ての移動を感動に変えるクルマ」と謳われるスバルの新型レヴォーグを購入して早くも4カ月が経過しようとしている。

その間に街乗りから高速移動、そしてワインディングまでさまざまな道を走ってきたが、たしかにこれほど移動することが愉しいとは思いもしなかった。タウンスピードの乗り心地から、高速巡行時の直進安定性、さらにはワインディングにおける見事なまでの運動性能までケチの付け所が見当たらない。

今回はスタッドレスタイヤを装着し、雪道へトライするという初のステージ。ここでどんな感動を与えてくれるのか? 期待が膨らんでくる。

アイサイトXだけが魅力じゃない! クルマ自体の完成度がピカイチだった

その走りが達成できた秘密は何か? その最たる要因はボディとシャシーではないかと感じている。

とかくアイサイトXばかりが注目されがちなクルマではあるが、じつは骨格がシッカリと造り込まれているコト、これぞレヴォーグの良さだ。

SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)は、インプレッサから導入されたプラットフォームだが、ボディとサスペンションメンバーの締結部分を改めたり、まず骨格を造ってから外板ボディを組み合わせるフルインナーフレーム構造を、生産設備を改めてまで導入したりということもあって、かなり強固に造られたことが伝わってくる。

インプレッサよりも後部が長く、骨格的には不利な面がありながらも、ワゴンボディのいやらしさは皆無。ステアリングを切った瞬間からテールが追従してくる感覚は、まるでスポーツカーのようなスッキリとした応答をみせるし、その一方で路面からの入力もきちんと受け止め、乗り心地の良さも展開してくる。

>>レヴォーグにも採用! みんなが褒める新世代プラットフォームは何がスゴいの?

最上級グレードだけじゃない! ベースグレードもしなやかさバツグン

そこにはもちろんZF製の電子制御ダンパーを採用しているSTI Sportを選択したからこそ、より良い印象もあるのだが、ベースモデルに乗ったとしても決して悪い動きにはならない。

じつは購入を決めたのは、アイサイトXの発売事前テストで乗ったベースモデルに乗った瞬間だった。輸入車を凌ぐレベルでしなやかに動く足さばきにえらく感動した覚えがある。

余談ではあるが、最近レヴォーグのチューニングカーにも試乗し、そこで車高調整式サスペンション装着車を乗ったのだが、ハードに振ったとしても基本的な乗り味は変わらず。よっぽどハコ(ボディ)が強固に造られたのだろうと、そこでも改めて感心したのだった。

疲れ知らずなのはアイサイトXだけにあらず。シートにもヒミツがあった

今回は志賀高原へ向けた初のロングドライブだ。普段はせいぜい箱根往復200km弱だが、その約4倍の800km近くも走ることになるが、果たして愛車はどう応えてくれるのかがもうひとつの注目ポイントだ。

関越自動車道の練馬インターから上信越自動車道、そして長野自動車道へと経由していくルートには、高速ワインディングステージもあるから、アイサイトXの仕上がりも含めて良いテストになりそうだ。

長距離運転も余裕! アイサイトXの制御がやっぱりスゴい

高速を走り始めてまず感じたことは、スタッドレスタイヤを装着したとしても、変わらぬ安定感を生み出していたことだった。直進安定性はサマータイヤに比べれば落ちるが、想定していた以上にピタリと真っ直ぐ突き進んだことにまず驚いた。

そこにアイサイトXを組み合わせると鬼に金棒であり、ステアリングに少し手を添えているだけできちんとラインをトレースしてみせるのだ。これは上信越自動車道においてワインディング区間になってからも続き、制御を入れっぱなしで次々にコーナーをクリア。

設定スピードでは曲がりにくいとクルマ側が判断すれば、車速をうまいことコントロールして不安感を乗員に与えないところもさすがだ。おかげでロングドライブはいつまでも快適。休憩したいとあまり思わないほどだった。

>>レヴォーグ買うならアイサイトXは必須! そのワケがコチラ

腰痛激減! 身体にフィットするシートでお悩み解決

それを達成した理由のひとつがシートにあると感じている。骨盤をシッカリと支え無駄な動きを与えないところもまた嬉しいポイントのひとつ。

身体にかかる圧が一点に集中せず、全体に分散されているフィーリングはなかなかだ。実はかつて椎間板ヘルニアをやったこともある腰痛持ちなのだが、レヴォーグに乗ってからというもの、かなり腰痛が軽減し、整骨院へ通うペースも一気に落ちた。そんな仕上がりがあるからロングドライブでも快適なのだろう。

>>ベースグレードでも骨格は同じ! 疲れ知らずのシートがコレだ

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
92万円999万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
橋本 洋平
筆者橋本 洋平

学生時代は機械工学を専攻する一方、サーキットにおいてフォーミュラカーでドライビングテクニックの修業に励む。その後は⾃動⾞雑誌の編集部に就職し、2003年にフリーランスとして独⽴。 ⾛りのクルマからエコカー、そしてチューニングカーやタイヤまでを幅広くインプレッションしている。 レースは速さを争うものからエコラン大会まで好成績を収める。また、ドライビングレッスンのインストラクターなども⾏っている。 AJAJ・⽇本⾃動⾞ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる