日本で売れば人気を呼びそう! アセントやハイラックスサーフなど【日本にない日本車3選】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日本メーカーでありながら日本では買えない超魅力的な車種を紹介しているこの企画「日本で買えない日本車」。当記事ではこれまでに紹介した車種の中から、「特にこれは本当に売って欲しい!」という3車種をピックアップ! ぜひチェックしてみてくださいね!
目次[開く][閉じる]
  1. スバルの3列シートSUV 北米専用のデカいフォレスター「アセント」
  2. 超カッコいいダークヒーロー トヨタ「タンドラ」
  3. 激烈な進化を遂げていた日本で絶版の「ハイラックスサーフ」

スバルの3列シートSUV 北米専用のデカいフォレスター「アセント」

2017年秋の北米・LAモーターショーで初公開され、2018年夏から発売を開始したスバルの3列シートSUV「Ascent(アセント)」。インディアナ州にあるスバル工場、SIA(スバル オブ インディアナ オートモーティブ インク)で生産される北米専用モデルです。

>>フォレスター激似の全長5メートルの巨大サイズ車! アセントを画像でチェック

日本人にもなじみやすい人気を集めそうなデザイン

ボディサイズは全長4998mm×全幅1930mm×全高1818mm、ホイールベースは2890mmで、スバル史上最大のモデルです。

5人乗りSUVで日本でも売っている「フォレスター」は全長4625mm×全幅1815mm×全高1730mm(ルーフレール付)、ホイールベースは2670mm。

大きさは随分違いますが、クリーンなデザインはフォレスターにそっくり。日本人にはちょっと馴染みづらい、北米専用車にありがちなアクの強さもないことから、アセントも日本で売れば人気を呼びそうです。

以下の記事では、日本にこそ欲しい3列シートレイアウトのアセントの内外装を画像で解説!

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
286万円317.9万円
中古価格:
18万円375.8万円

超カッコいいダークヒーロー トヨタ「タンドラ」

トヨタ タンドラ(Tundra)は、北米トヨタが販売するフルサイズピックアップトラック。日本国内で販売されているハイラックスよりもさらに大きなボディに、豪華で広々とした室内、ハイパワーエンジンを搭載し、北米で人気を誇る1台です。

>>かなりの威圧感! 攻撃的なルックスのタンドラを画像で詳しくチェック

特徴はなんといってもその攻撃的なルックス!

現行モデルは2007年より販売し、2014年に大幅改良した2代目。全長5,814mm×全幅2,030mm×全高1,925mmのボディサイズに、最高出力381ps、最大トルク544Nmを発揮するパワフルな5.7リッターV型8気筒エンジンを搭載。

巨大で突き出しているメッキ加工されたビレットグリルに、その周りを囲む図太いメッキパーツは、車高の高さも相まって圧倒的な威圧感を与えます。プロユースから趣味のクルマなど、幅広いユーザーから支持されています。

以下の記事では、圧倒的な迫力があるタンドラの2021年モデル特別仕様車の内外装を画像で解説!

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

激烈な進化を遂げていた日本で絶版の「ハイラックスサーフ」

トヨタ 4ランナー(4Runner)は、北米トヨタが販売するSUV。高い悪路踏破性能にスタイリッシュなルックス持つこのモデルは、かつて日本でも販売されていた人気SUVのハイラックスサーフの北米仕様モデルです。

>>ハイラックスサーフから4ランナーに! 進化した4ランナーを画像でチェック

2021年モデルはアウトドアユーザー向け

4ランナーのボディサイズは全長4,826mm×全幅1,925mm×全高1,781mm。2015年のビッグマイナーチェンジより、エンジンラインナップは最高出力274psを発生する4.0リッター V6のみとなっています。

2020年モデルはキャンプ、釣り、ハイキングなどのアウトドアユーザー向けのモデルとして、収納力、利便性、独特な外観スタイルが特徴で、2WD/4WDの選択が可能です。

以下の記事では、ハイラックスサーフの歴史や内外装を画像で解説!

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

トヨタ/ハイラックスサーフ
トヨタ ハイラックスサーフカタログを見る
新車価格:
261.8万円367.4万円
中古価格:
53万円338万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる