カーメンテナンスの必需品!パーツクリーナーに種類があるって知ってた?

  • 筆者: MOTA編集部

車の部品を掃除するときに使うパーツクリーナー。オイル交換をはじめとしたDIY作業では、油汚れなどをしっかり落としてくれるため、ぜひ一つ持っておきたいアイテムです。そんなパーツクリーナーには、速乾性と遅乾性の2種類があります。

目次[開く][閉じる]
  1. パーツクリーナーの速乾タイプと遅乾タイプとは?
  2. オイル交換作業なら遅乾性がオススメ!
  3. まとめ

パーツクリーナーの速乾タイプと遅乾タイプとは?

速乾タイプのパーツクリーナーは、スプレーするだけでブレーキやパーツの油汚れを溶かし、スプレーの勢いで吹き飛ばしてくれます。また、速乾性に優れることから、主に脱脂を目的とした作業に適しています。

一方、遅乾タイプは頑固な汚れをじっくり洗浄したい場合におすすめ。すぐに乾いてしまうことがないため、オイルやグリスなど、こびりついた汚れを分解しながら落としてくれます。

オイル交換作業なら遅乾性がオススメ!

KURE(呉工業) 遅乾性パーツクリーナー(420ml)

今回ご紹介するパーツクリーナーは、KURE 5-56でお馴染みの呉工業から販売されている「KURE 遅乾性パーツクリーナー」です。

乾きが遅いタイプのパーツクリーナーであるため、有効成分が汚れにしっかり浸透し、汚れを内側から分解。頑固な油汚れをしっかり除去。エンジンオイルの交換作業では、どうしてもオイルの付着避けられないため、DIYでエンジンオイル交換をするなら、ぜひ揃えておきましょう。

KURE(呉工業) 遅乾性パーツクリーナー(420ml)

メーカー名

KURE(呉工業)

商品名:

遅乾性パーツクリーナー(420ml)

配送重量

399g

内容量

420ml

Amazon販売価格(2020年7月2日時点)

663

楽天販売価格(2020年7月2日時点)

825

まとめ

オイル交換をはじめ、車のメンテナンスには欠かせないパーツクリーナー。もちろん、油汚れを落とす力が強いため、メンテナンス作業以外でも活用できます。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる