ポータブルカーナビ「Gorilla(ゴリラ)」が一新! 2019年モデルは安全・安心な運転をサポート

安全・安心な運転をサポートする機能を充実

パナソニック株式会社 オートモーティブ社は2019年5月14日、SSDポータブルカーナビゲーションシステム「Gorilla(ゴリラ)」の新製品3機種を2019年6月7日より発売すると発表した。

近年、高齢ドライバーによる交通事故が日々のニュースを賑わせる中、ユーザーの安全対策に対する関心も高まるいっぽうだ。パナソニック オートモーティブ社によると、同社のポータブルナビ「ゴリラ」利用ユーザーも半数以上が50歳を超えているといい、2019年モデルのゴリラ新製品では、安全・安心な運転をサポートする機能を特に充実させた。

>>高精細な地図画面サンプルを画像で見る[フォトギャラリー]

7インチと5インチの兄弟モデルはベーシックだけど高機能で高精細!

汎用7インチモデル「CX-G730D」(実勢価格54,000円前後・税込)は、大画面の7V型ワイドVGA液晶&フルスクリーンマップを搭載するゴリラの主力モデルだ。

新たに採用された「安全・安心運転サポート機能」は、特に中高年や運転が苦手なドライバーのため、ドライブ中の“ヒヤリハット”を未然に回避する機能を充実させた。事故多発地点や制限速度、一時停止、踏切など見落としがちな道路標識を画面内に表示させるほか、高速道路やパーキングなど合流部での逆走を警告する「逆走検知・警告機能」「逆走注意アラーム機能」などの表示も備わり、ダブルで危険運転を防ぐ。

2019年モデルの地図は、最新の「ゼンリン製高品質地図データ」(2019年度版)を搭載。分岐交差点でのカラーレーン・ドットレーンといった走行レーン表示を再現し、右左折や高速道路の進入時に余裕を持った運転が出来るようサポートする。この他にも実際の道路環境に近いリアルで高精細な表現を充実させることで、余裕をもった運転を画面の案内でも支援する。

汎用5インチモデル「CN-G530VD」(実勢価格39,000円前後・税込)は、5V型ワイドVGA液晶&フルスクリーンマップを搭載する。コンパクトボディゆえの利点を生かし、どんなクルマにも取り付け容易で載せ替えもしやすい。7インチのCX-G730Dと安心・安全運転サポート機能や最新の地図データなど機能自体は同等だから、純粋に取付位置やサイズなど用途に合わせて選ぶことが出来る点も嬉しい。

7インチのフラッグシップモデルは無料地図更新やVICS WIDEなどの便利機能がさらに充実

そしてCN-G1300VD(実勢価格65,000円前後・税込)は、CX-G730Dの基本性能に更なる高付加価値を加えた、7インチのフラッグシップモデルだ。

最適ルートを自動で案内する交通情報サービス「VICS WIDE」をポータブルナビで唯一搭載。最新の交通情報を用いて、より速く快適な誘導を行う“スイテルート案内”で、交通状況の変化に対応した新たなルートを自動再探索する。新旧ルートの距離・所要時間の比較による選択も可能だ。

また、地図データの無料更新(年6回×3年)に対応した「道路マップ3年無料更新」もCN-G1300VDのみが対応する。現在、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせ、特に東京周辺では新規道路の急ピッチな整備が進んでいる。このように日々変化する新しい道路に対しても、CN-G1300VDなら常に安心・安全が得られるという訳だ。さらにオプションでリアビューカメラ接続にも対応し、後方を画面上で確認することも出来る。このようにCN-G1300VDはポータブルナビとは思えないほどの充実ぶりで、わざわざ選ぶだけの価値がある1台だといえる。

このほかゴリラ2019年モデルの3タイプとも、高精度Gジャイロとトリプル衛星受信を最適利用した高精度な自車位置測位システム「Gローケーション」や、ワンセグチューナーの内蔵など、優れたナビ機能とAV機能を標準装備した。

これまでゴリラが培ってきた基本性能である使いやすさはそのままに、2019年モデルは高機能化を加速。ポータブルナビの老舗ブランドとして、最大のライバルであるスマホ地図アプリとの差別化を図る。

[筆者:オートックワン編集部/撮影:パナソニック オートモーティブ社・オートックワン]

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる