[スタッドレスタイヤ テスト]トーヨータイヤ OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ) 試乗(1/3)

[スタッドレスタイヤ テスト]トーヨータイヤ OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ) 試乗
トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子 トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子 トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子 トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子 画像ギャラリーはこちら

ユーザーがいま、冬用タイヤに求めるのは ”凍った路面での走行性能”だった

トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子

現在、トーヨータイヤがラインナップする冬用タイヤは、車種やジャンルに合わせた4タイプ。そのうち乗用車向けとされる2タイプのGRIT(ガリット)シリーズのなかでも、今回ご紹介する<OBSERVE GARIT GIZ>(オブザーブ・ガリットギズ)は、先に登場したGARIT G5をベースに、さらに性能を進化させたスタッドレスタイヤだ。その進化が主に向かった先は、よりアイス性能を高める方向。

なんでも、大手代理店が冬用タイヤに求める性能についてユーザー調査を行ったところ、降雪地、純降雪地、非降雪地のそれぞれの地域に住むユーザーの共通した答えとして、[凍った路面での走行性能]が1位にのぼったそう。ちなみに2位が雪道、3位がシャーベットと続く。さらに4位は2シーズン目、3シーズン目でも走行性能が落ちないこと。

ということで、この冬に向けて、北海道はサロマにあるトーヨータイヤのテストコースで行われたスタッドレスタイヤ試走会では、最新のGARIT GIZの性能のみならず、2年前に製造された摩耗末期のスタッドレスタイヤの試走が叶った。そちらは後半でご紹介するとして、まずは最新のGARIT GIZの性能にズームイン!するために、コースイン!(笑)。

アイス路面の高い性能は”瞬間”に発揮されるが、過信は禁物です

トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子トーヨータイヤ スタッドレス「OBSERVE GARIT GIZ」(オブザーブ・ガリット・ギズ) 雪上試乗レポート/飯田裕子

「キュ、キュッ、キュッ♪」

これはトヨタ アクアに装着されたOBSERVE GARIT GIZで氷路を走行した際、コーナーでハンドルを切り込んでいったり、ブレーキング時などでしばしば聞こえてきた音。タイヤが路面に食いつくように接している証とも言える。

また、走る=アクセル、曲がる=ハンドル、止まる=ブレーキという操作を行ったとき、開始直後から手応えが得られる点が素晴らしく、嬉しい。スタッドレスタイヤであれば、走る・曲がる・止まるの性能は持っていて当然と思うかもしれないけれど、氷の上では“踏み過ぎ”や“切りすぎ”によってスタッドレスタイヤが本来持つ性能を越えやすく、反応=手応えが鈍くなってしまうことが起こりうる。結果、本来の性能を活かしきれないという状況を、わざわざ自らの操作で作ってしまいかねないのだ。

そんなナーバスな路面状況である氷の上で、“そぉーっと”操作した直後から反応がある=“効いてる”ってわかることが、いかに大事かを、OBSERVE GARIT GIZは改めて教えてくれた。

氷上で瞬間から効くという性能については、先に登場しているGARIT G5と比べるとその効果がわかりやすい。さすがアイス性能を一層高めたタイヤであり、『瞬間スタッドレス』というキャッチフレーズがピッタリ。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる