ポルシェのEVスポーツモデル「タイカン」の後輪駆動モデルで郊外へショートトリップ[Vol.2]宿泊券プレゼントあります!/ポルシェ タイカン【PR】(1/3)

画像ギャラリーはこちら
ストップ&ゴーが多い都内では、躾けもよくエレガントな走りを見せてくれたポルシェ タイカン。今回は足を伸ばして、高速道路で郊外へ。千葉県木更津の「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」、そして浜辺の宿「amane」まで、フルEVスポーツカーならではの爽快なドライブレポートをお届けします。記事の最後には、取材協力をいたただた「amane」の宿泊券プレゼントもあるので、最後までお楽しみください。
目次[開く][閉じる]
  1. 目的地はポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
  2. 高速道路の走行でタイカンの走りを知る
  3. EVながら2速のトランスミッションをもつタイカン
  4. ドイツの空気感をまとうポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
  5. 150kWの急速充電器「ポルシェターボチャージャー」
  6. 急速充電器の性能を実感
  7. タイカンでのショートトリップは最後の目的地へ
  8. 確かな走りと高いステイタスが魅力のタイカン
  9. 今回の旅の目的地 千葉県「amane」
タイカンの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

目的地はポルシェ・エクスペリエンスセンター東京

都内を抜け出して、郊外へと足を伸ばすことにした。

せっかく叶ったタイカンとのドライブだ。やはり高速道路で思う存分クルージングしなければ、ポルシェ初EVを味わったとは言えないだろう。都心から首都高速に入り、海ほたるを千葉方面に流す。

そう、目的地は今年、鳴り物入りでオープンしたばかりの『ポルシェ・ エクスペリエンスセンター東京』に定めた。2021年10月1日にオープンしたばかりのこの施設は、ポルシェが世界で展開するポルシェブランドの体験施設だ。

同様の施設を世界中に展開しているポルシェだが、ここは世界で9番目のオープンとなり、ポルシェオーナーだけではなく、ポルシェを体感したい車好きすべてにいつでも門戸が開かれている。全長2.1kmのハンドリングコースや本格的なレーシングシミュレーターを備え、事前予約をすれば、施設に用意されているポルシェでコースを実際に走行することや、シミュレーターで世界の名だたるサーキットを疾走することも可能という、夢のような施設である。

しかし、それだけではなく、実はフラっとドライブがてら立ち寄ることのできる魅力的なスポットでもあるということをご存知だろうか。

ここにはランチ・ディナーともに地産地消をテーマとした本格的なコース料理がいただける「レストラン906」や、サンドイッチや軽食を提供する「956カフェ」があり、どちらも『ポルシェ・ エクスペリエンスセンター東京』自慢のハンドリングトラックを見渡せる、最高のロケーションが用意されている。

さらに今日の相棒、タイカンにとっても絶好のランチタイムであることは変わらない。実はここには数基の充電ポートが用意されている。休憩のひとときに、ササッと充電出来るのはオーナーにとってもタイカンにとっても、願ったり叶ったり。

高速道路の走行でタイカンの走りを知る

まだ見ぬ『ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京』に胸を高鳴らせながら、東京湾アクアラインを走る。長いトンネルを抜けるとまるで離陸するかのようにポーンと大海原のど真ん中に放り出されるような、まるで海に向かっての滑走路を駆け上がるような構造のアクアラインを走るのは、いつだって心愉しい。

しかも、このタイカンが相棒ならなおのこと素晴らしかった。やはり速度無制限ゾーンが現存するアウトバーンを有するドイツ生まれのスポーツカーだということを、身を持って実感したのはやはり、高速道路での走行だったからだ。

一般道でのストップ&ゴーではむしろ、エレガントさすら感じたということを前編ではご紹介した。モーターのトルクは内燃機関のそれよりも瞬発的に発揮される。アクセルを踏んだ、まさに文字通りその瞬間から、甚大なトルクがドカンと生まれるのは電気自動車の特性のひとつでもある。つまりトルクがモノを言わせる一般道走行域はむろん、電気自動車の得意分野とも言えるわけだ。

ただ大方の電気自動車のひとつの弱点ともいえるのが、パワーの頭打ちというか、トルクの平坦さ。確かに速いんだけど、その先の奥行きがないというか。多くのクルマ好きにとってコレが実は、EVをなかなか受け入れることの出来ない原因ではないかとこっそり思っている。

しかし、ポルシェの加速は一味違った。トルクの先、加速の先にまだもう一つ、加速の伸びしろがあるような感じ。底なし沼のようなスピードの伸びを感じさせてくれるのだ。つまり、高速道路ではタイカンがさらに“ポルシェ”としてのスポーツカーテイストをしっかりと表してくれたということだ。

この車速のパワフルさに対して、ハンドリングはかなり重厚。それもポルシェがポルシェたる味を感じさせる部分でもあって、アルカンタラ巻のステアリングホイールを握りながら、車線変更までもを楽しんでしまうほどだ。

EVながら2速のトランスミッションをもつタイカン

さて、この“トルクの奥のその先”には答えが用意されていて、他の多くのEVが変速機を持たないという選択肢を採ったのに対し、ポルシェはなんと、2段変速となっている。トルクの大きいEVに変速機を持たせることは、電費の面でも、加速の面でもメリットはとても大きい。

しかし他メーカーが導入しない裏には、耐久性の問題があるという。トルクの大きいEVの変速機は、故障のリスクがとても高いのだ。しかしこれを自社製で叶えたポルシェは、なんというか、もうさすが、としか言えないのだが、このあたりにクルマ屋としてのプライドをひしひしと感じてしまうのである。

この継ぎ目のないパワーと重厚なハンドリングを楽しみながら、木更津北ICを降り、しばらく一般道を走る。ほどなくして一般道を右折すると標識に『ポルシェ通り』の文字が。そう、ここからもうすでに、ポルシェのおもてなしは始まっているのだ。

>>Page2:ポルシェエクスペリエンスセンター東京で急速充電/ポルシェ タイカン【PR】

>>ポルシェ タイカンをもっと詳しく知る[公式サイト]

ポルシェ/タイカン
ポルシェ タイカンカタログを見る
新車価格:
1,448.1万円2,462.1万円
中古価格:
1,302.7万円2,540万円
1 2 3 次へ

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 御宿The Earth

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ポルシェ タイカンの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ タイカンのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ タイカンの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ タイカンの記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ タイカンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる