エクストレイルAUTECHで行く!“プレミアム”なインスタ映えスポット巡り in 湘南エリア【PR】(1/3)

  • 筆者: 山本 シンヤ
  • カメラマン:小林 岳夫・土屋 勇人 Model:美波 千夏

AUTECHが手掛ける、もっと“プレミアム”なエクストレイル

ここ数年クロスオーバーSUV人気はうなぎ登りで、これまで見向きもしなかった高級ブランドも積極的に参入を行なうほど活発な動きを見せる。そんな激戦区で変わらず高い人気を誇るのが日産 エクストレイルだ。 

2013年に登場した3代目は、初代・2代目が築き上げてきた「タフギア」と言うコンセプトを継承しつつも、曲線を用いたスタイリッシュなデザインを採用。

デビュー当初は角ばったフォルムを惜しむ声もあったものの、このスタイルもすっかりと板についた。扱いやすいボディサイズやオン/オフ問わず使えるバランスの良さ、更に高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」の採用も高い評価を受けている。

しかし、最近は一口にクロスオーバーSUVと言ってもジャンルは細分化され、各メーカーから様々な個性がプラスされたモデルが次々と登場。

特にプレミアムクロスオーバーSUV人気が著しい中、モデルラインアップが少ない日産の中で、「より都会的なエクストレイルが欲しい」、「よりプレミアムなエクストレイルが欲しい」と言う声が大きかったと言う。そんなニーズにピッタリなのが、今回紹介する「エクストレイルAUTECH」である。

>>笑顔が眩しい!エクストレイルAUTECH × ちなってぃー(画像146枚)

クラフトマンシップを感じさせるプレミアムスポーツ路線の第3弾

おさらいとなるが、AUTECHは2017年4月に発表された「NISMOロードカー事業拡大」に合わせて登場した日産のファクトリーカスタムのブランドで、モータースポーツ直系で直接的にパフォーマンスを感じさせるデザインのNISMOに対して、プレミアム感の高いクラフトマンシップを感じさせるプレミアムスポーツ路線を担う存在である。

すでにミニバンのセレナ、コンパクトのノートがライナップしており、エクストレイルは第3弾となる。

「正統派クロスオーバーSUV」と「プレミアムスポーツ」の融合はどうなのか? 今回は開発を行なうオーテックジャパンのお膝元である湘南エリアへショートトリップを行ないながらチェックをしてみることにした。

AUTECHレースクイーンを務めた、ちなってぃーと湘南エリアへショートトリップ

ただ、漠然と走ってもつまらないので、副編集長M氏の提案で“エクストレイルAUTECHを絡めた”インスタ映えするフォトジェニックなスポットを回ることに。と言っても、僕が撮影してもアレ(!?)なので、それにふさわしいパートナーを。今回の旅のお相手はモデルの美波千夏さん。

そう、2010年から3年連続でスーパーGT・AUTECHレースクイーンを務め、2010年には日本レースクイーン大賞・初代女王に輝いた「ちなってぃー」である。本人のインスタにも素敵なエクストレイルAUTECHの画像が上がっているので、是非チェックしてもらいたい。

そんなちなてぃーにもエクストレイルAUTECHの印象を聞きながら、湘南周辺を散策していく。今回もかなり辛い仕事になりそうだ(笑)。

日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円401万円
中古価格:
9.8万円412.7万円
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる