屋根にテントが載ったセレナが日産ディーラーで買える!?ミニバン系車中泊カー「P-SV」は気軽さが魅力【ジャパンキャンピングカーショー2022】

画像ギャラリーはこちら
キャンピングカーのベース車種はさまざま。その多くはハイエースや軽バンだが、中にはミニバンをベースにしたモデルも存在する。しかもそれが日常での使い勝手に優れ、自動車メーカーのディーラーで購入できるとなれば、注目しないわけにはいかない!?
目次[開く][閉じる]
  1. 日産東京販売直営のRVプロショップ“日産ピーズフィールドクラフト”
  2. 人気のミニバン「セレナ」をベースにした「P-SV」
  3. いつもはミニバン、ときどきキャンピングカーという気軽さがイイ

日産東京販売直営のRVプロショップ“日産ピーズフィールドクラフト”

キャンピングカーの多くは、キャンピングカービルダーが改造し、ビルダーから販売される。そのいずれもが高品質で、購入後も満足できるクルマばかりなのだが、もし自動車メーカーの新車ディーラーから新車のキャンピングカーが購入できたら…と思う人は多いのではないだろうか。

新車ディーラーで購入すればメーカーの保証も受けられ、整備点検の面でも安心できるため、心理的なメリットも大きい。

そんなユーザーにオススメしたいのが、日産東京販売直営のキャンピングカー&RVプロショップ「日産ピーズフィールドクラフト」だ。

日産車をベースにした、オリジナリティあふれるクルマを製作するキャンピングカー専門ディーラーとして1994年に設立。2022年で創業26年を迎えるという、歴史あるビルダーだ。

同社が作ったキャンピングカーは、ディーラー販売されるだけあって高品質。東京都世田谷区のショップから直に購入可能なのはもちろんのこと、全国の日産販売店ネットワークで購入できるのは嬉しいポイント。提携キャンピングカーショップでの購入も可能である。

人気のミニバン「セレナ」をベースにした「P-SV」

日産ピーズフィールドクラフトでは、現在「キャラバン」や「NV200バネット」をベースにした6モデルをラインナップする。今回のジャパンキャンピングカーショー2022会場には「NV350キャラバン」のキャンピングカー仕様や「セレナ」の車中泊仕様車が出展された。

ここで注目したいのは、他ではあまり見ることがない日産 セレナをベースにした車中泊カー「P-SV」だろう。

P-SVは、ポップアップルーフを搭載し「気軽に休めるライトなキャンピングカー」(車中泊カー)を目指したモデル。ちなみにP-SVは“ポップアップスリーピングバージョン”の略とのことだ。

ポップアップルーフ内に2名が眠れるほか、シートをすべて倒した状態にオプションのアンダーベッドを敷くことで、2名が快適に就寝できるフラットな空間を作り出している。子供を連れての車中泊や、夫婦での温泉巡りなどを楽しむことができるのだ。

いつもはミニバン、ときどきキャンピングカーという気軽さがイイ

車内は、あえてキャンピングカーとしての改造は行っておらず、ミニバン本来の使い勝手の良さを残しているため「日常使用のミニバン、ときどきキャンピングカー(車中泊カー)」という、理想的な使い方を可能としている。

セレナ P-SVは、S-ハイブリッド(2WD/4WD)のほか、ストロングハイブリッドのe-POWER(2WD)の中から用途に応じて設定可能。ベースグレードは人気の「ハイウェイスター」シリーズも選ぶことが出来るのが嬉しい。

なお、日産ピーズフィールドクラフトのスタッフは、みなキャンピングカーの専門家とのこと。走行充電式サブバッテリーやソーラー充電システムといった電装系や、エンジン停止時にも暖房が使えるFFヒーターなどのキャンピングカー専門装備もオプションで選ぶことが出来るから、気軽に相談してみてはいかがだろうか。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:和田 清志]

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
257.6万円419.2万円
中古価格:
15万円457.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる