autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 日産が新ハイブリッドシステム搭載で燃費40km/L超えを狙う!?秋登場予定の新型ノートで

自動車評論家コラム 2016/3/7 13:00

日産が新ハイブリッドシステム搭載で燃費40km/L超えを狙う!?秋登場予定の新型ノートで

日産が新ハイブリッドシステム搭載で燃費40km/L超えを狙う!?秋登場予定の新型ノートで
日産 ノート 1.2リッターエンジンホンダ アコード ハイブリッド

ベストカーや日経新聞、日刊工業新聞などがノートのマイナーチェンジモデルに新しいタイプのハイブリッドを搭載してくると伝えている。

これらの情報、違うルートから出ているらしくジグソーパズルのように断片的。ただここにきてパズルの数が増えてきたため、概要をイメージ出来るようになってきた。果たしてどんなハイブリッドか?

まずエンジンは既存の1.2リッター3気筒を使うようだ。そしてエンジンで直接駆動しないシリーズハイブリッドだという。このタイプのハイブリッド、すでに存在する。

アウトランダーPHEVのハイブリッドモードや、アコードHVの街中走行状態と同じ。エンジンにより発電機を回し、そこで作った電力使ってモーターで走るというもの。

アウトランダーPHEVとアコードHVの場合、高速巡航に限りエンジンで直接駆動するモードを持つ。高速巡航に限って言えば、直接駆動の方が効率良いからだ。

日産の新しいハイブリッドは、全ての速度域で直結モードを持たない100%シリーズハイブリッドだという。果たしてシリーズハイブリッドの燃費やいかに?

トヨタ アクアの燃費を超えられる!?

日産 リーフのモーター&インバーターノートのライバル、トヨタ アクア/ホンダ フィット

10年くらい前から複数のメーカーがシリーズハイブリッドの試算をしており、それによると70km/h以下ならトヨタ方式のハイブリッドを凌ぐ数値が可能らしい。

まだ国交省の認定を通っていないため正確な数字は出ていないものの(メディアによって35~40km/Lと幅がある)、少なくともアクアの36km/Lを意識した数字になるハズだ。

市販に向かっての大きな課題はコスト。どうやら大量生産しているリーフのモーターと同じだというし、インバーターの一部回路なども共用化出来る部分があるのだろう。

何より日産だってアクアやフィットHVより高い値段を付けたら勝負にならないことを認識していると思う。200万円を下回るスターティングプライスになると考えていい。

興味深いのは日刊工業新聞がパナソニックのリチウム電池を採用すると報じていること。エクストレイルのリチウム電池も日立製。自社製のリチウム電池、高いのか?

生産は追浜工場で9月から開始らしい。ということを考えると発表は10月あたりになるだろう。新しいECOパワーユニットが登場してくるのは大歓迎である。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 ノート の関連編集記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連編集記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR