10年でここまで進化した! 日産の新型コンパクトSUV「キックス」は、「ジューク」とこんなに違う!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年6月24日(水)、日産が国内では10年ぶりとなる全く新しいモデルとして、コンパクトSUVの「キックス」を発表しました。

これまで日産のコンパクトSUVと言えば長らくそのポジションは「ジューク」が守っていましたが、こちらは2019年12月をもって国内での生産を終了。新型キックスはそんなジュークのポジションをカバーすべく登場したわけですが、デザインやパワートレインなどはどこまで進化したのか!? 今回は両車を比較してみたいと思います!

「サクッと写真をパラパラ見たい」という方は是非チェックしてみてくださいね。

新型キックスとジューク、共通点と相違点は?

フロントフェイス

新型キックスとジューク両車の特徴がよく出ているフロントフェイスを比較してみましょう。フロントグリルのVモーションがこの10年でずいぶんと大きくなったことがわかります。

ジュークは2010年6月に初めて登場してから2019年12月の生産終了まで、マイナーチェンジや一部仕様向上を複数回行っていますが、デザイン面での大きな変更はありません(欧州などの海外では2019年9月より2代目を発表も日本は未導入)。

今でこそコンパクトSUVは注目度の高い人気市場ですが、ジューク初登場時、そのデザインは好みが真っ二つに別れました。

そんなジュークに比べ、新型キックスは在感ある「ダブルVモーショングリル」を採用しながらも、クセは強くなく誰にでも受け入れられやすいデザインに。

さらに新型キックスは、丸みを帯びたコロっとしたフォルムと、屋根が浮いているように見せる塗分けの2トーンルーフが、背の高さを感じさせにくくスポーティに見せています。

サイドビュー

ボディサイズは、新型キックスが全長4295mm×全幅1760mm×全高1585mmに対し、ジュークは全長4135mm×全幅1765mm×全高1565mm。新型キックスのほうが全長は160mm長くなり、全高は20mm高くなっています。

新型キックスはジュークに比べ、ルーフラインも高めなレイアウトが採用されており、ジュークよりもリアや荷室の広さが確保されています。

また、ジュークで特徴的だったフロント・リアフェンダーを強調するようなキャラクターラインですが、新型キックスも同じようにフェンダーが強調されたデザインとなっています。

テールランプ

特徴的だったジュークのブーメラン型テールランプは、新型キックスのブーメラン型のコンビネーションランプにも近いデザインがが採用されています。新型キックスは正式なジュークの後継モデルではありませんが、そのDNAは要所に引き継がれているのが分かります。

インテリア

インテリアは、どちらも2トーンカラーの内装色を採用しているところは共通していますが、アクティブ・スポーティな印象のジュークに対し、新型キックスでは高級感を演出しています。

とりわけ、ジュークのセンターコンソールはオートバイのタンクをイメージしたという今見てもかなり斬新なデザインですが、新型キックスはそこまでの派手さはなく、落ち着いたデザインのものとなっています。

エンジン

搭載するエンジンは、流石に10年の月日を感じさせます。

ジュークは、直列4気筒 1.5リッターのNAエンジンや直列4気筒 1.6リッター 直噴ターボエンジンをラインナップ。対する新型キックスは最大出力を約20%向上させたe-POWERを搭載。中高速域の力強さを高めたことで、高速での追い越しや合流、ワインディング走行など、幅広いシーンにおいてパワフルでキビキビした走りを実現しています。さらに、運転支援技術「プロパイロット」も全車標準装備としています。

新型キックス関連記事

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
25.4万円107万円
日産/ジューク
日産 ジュークカタログを見る
新車価格:
177万円353.3万円
中古価格:
36万円260.7万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる