[西部警察]石原裕次郎の愛車 ”ガゼール オープン”を徹底解析|特別機動車両 Vol.3(2/2)

  • 筆者: 山本 シンヤ
  • カメラマン:オートックワン編集部・株式会社石原プロモーション/製作著作:株式会社石原プロモーション 取材協力:小樽 石原裕次郎記念館
[西部警察]石原裕次郎の愛車 ”ガゼール オープン”を徹底解析|特別機動車両 Vol.3
西部署・木暮課長専用車 日産 ガゼール オープン(ベース車:日産 ガゼール ハードトップ 2000XE-II)<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> ボンネットのガゼル柄は当時の純正オプション<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> あの頃誰もが憧れた・・・自動車電話!<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> 警視庁 西部警察署 捜査課の木暮謙三課長を演じる石原裕次郎氏<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> 画像ギャラリーはこちら

ガゼールの自動車電話は憧れの装備だった

ガゼール オープンには、他の特別機動車両のような特殊装備は装着されていないが、当時では珍しい自動車電話を装着していたのが大きなポイント。そう、今ではすっかり当たり前の存在となった携帯電話の元祖だ。西部警察のオープニングで、木暮課長が自動車電話を使いながら走っているシーン(今では違反だが)に多くの人が憧れたはず。

またあまり知られていないが、コンソールボックスを開けると警察無線のレシーバーが格納されており、西部警察 第39話「消えた大門軍団」で使用しているシーンが見れる。

西部警察第1話で開始早々に登場するガゼール

ボンネットのガゼル柄は当時の純正オプション<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析>

ちなみにボンネットに描かれたガゼルのグラフィックは特注ではなく、当時のディーラーオプション品だ。放送初期はノーマルの純正アルミホイールを装着していたが、スポンサーに共豊産業(現・共豊コーポレーション)とエンケイが加わって以降(西部警察59話~)は、ゴールドのエンケイメッシュに変更。タイヤはダンロップSP4の185/70R14を履くが、現在はタイヤの経年劣化のためかフロント2輪のみ同サイズのブリヂストンBスタイルに交換されている。

ガゼール オープンの初登場は西部警察 第1話「無防備都市(前編)」。番組開始早々に颯爽と現れる。他のモデルのような登場ストーリーはなく、西部署に赴任してきた木暮課長の専用車と言う位置づけ。ちなみにナンバーは当初は「品川88い88」だったが、回が進むにつれて「品川55た25-78」に変更されている(他のナンバーに変更された回もあり)。個人車として払い下げてもらったのだろうか??

人質犯が逃走用にわざわざ課長のガゼールを要求した理由とは

ボディ全体に渡り直線基調でまとめられたガゼールのデザイン。<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析>

ガゼールが主役になった回はないものの、印象的なシーンはいくつか存在する。

西部警察 第75話「平尾一兵 危機一髪」では、普通のクルマより車高が20cm低いことを利用し、犯人が逃走車として木暮課長のガゼールをわざわざ指名するシーンがある。その後の逃走劇は、恐らくガゼール唯一となるカーアクションシーンである。臨時のトンネル工事で、白パトのセドリックが屋根を激突させるほど低くなっていたガード下を、犯人(そのうちのひとりは、当時犯人役の常連だった阿藤快さん!)を乗せたガゼールは、悠々とすり抜けていったのだった・・・。

また、西部警察パートIII 第25話「長いお別れ」では、中島ゆたか演じる礼子とガゼールの車内でのクライマックスシーンも必見だ。

ドアも開けずに颯爽と飛び乗るシーンには誰もが憧れた

まるで市販車のような自然な仕上がり<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析>

そして多くの方が覚えているであろう、西部警察パートII/IIIのオープニングで木暮課長がカッコよく運転席に飛び乗るシーン。これは西部警察 第36話「燃える導火線」のエンディングシーンだ。このシーンを見てオープンカーで同じ事を試した人も多いはず(笑)。また、西部警察パートIII 第42話「少年Aの2時間」の事件解決後に、ガゼール、スーパーZ、RS-1/2/3と、特別機動車両が連なって走り去る・・・と言う貴重なシーンも!!

ちなみにガゼールは小暮課長の専用車だが、木暮課長以外にもステアリングを握った人間が3人いる。前出の西部警察 第75話「平尾一兵 危機一髪」でガゼールを逃走用に指名した犯人と、事件解決後に西部署へクルマ届けにきた西部署員(あるいは犯人逮捕の現場、横浜の所轄署!?)の巡査、そして西部警察 第67話「狙われた木暮課長」で寺尾聰演ずる松田猛刑事だ。

石原裕次郎はこのガゼールがお気に入りだったようで、「西部警察が終わったら、ぜひともオレのコレクションに加えたい」と語ったのは有名な話だ。ちなみに小樽・石原裕次郎記念館に展示される現車の走行距離はメーター読みでわずか6595kmと、日本に現存するガゼールの中でも最も程度がいいモデルと言っても過言ではない。

[レポート:山本シンヤ/Photo:オートックワン編集部・株式会社石原プロモーション/製作著作:株式会社石原プロモーション/取材協力:小樽 石原裕次郎記念館]

>>「西部警察 特別機動車両 徹底解析シリーズ」バックナンバーはこちらから

◎関連記事:

[西部警察]DR30型 日産 スカイラインRSターボ ”RS-1”を徹底解析|特別機動車両 Vol.2[2017/7/28]

西部警察「日産 サファリ 4WD」、 ゲン(苅谷俊介)の運転で30年ぶりの緊急出動![2014/6/13]

[西部警察 特別機動車両 徹底解析 Vol.1]特車サファリ、横浜に現る![2014/4/21]

>>石原裕次郎も愛した・・・「日産 ガゼール オープン」をフォトギャラリーで詳細にチェック!

小樽・石原裕次郎記念館では、エントランス部に西部警察の登場車両が展示され来場者を出迎えてくれる。<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析>

[動画]「西部警察」PART-III セレクション 木暮BOX(PONYCANYON)

製作著作:株式会社石原プロモーション

前へ 1 2

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 ガゼールの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ガゼールのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ガゼールの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ガゼールの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ガゼールのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる