新型フェアレディZ発売間近で期待も高まる! 改めてフェアレディZの系譜をたどる

画像ギャラリーはこちら
オートモビルカウンシル2022の特別展示のひとつとして、ひと際来場者の注目を集めていたのが、日産自動車の協力によって実現した「フェアレディZの系譜」と名付けられたブース。今回は展示されていた4台のフェアレディZを紹介したい。
目次[開く][閉じる]
  1. 初代のS30型は現行型のノートオーラNISMOより短いボディサイズ
  2. 2代目は特にアメリカで人気、4代目はコストをふんだんに費やしたモデルだった
  3. 新型フェアレディZのカスタマイズドプロトは歴代のオマージュしたパーツが多い

初代のS30型は現行型のノートオーラNISMOより短いボディサイズ

ここには間もなく新型の登場が控えている日産を、いや日本を代表するグローバルカーであるフェアレディZの歴史を物語る歴代モデルと新型のカスタマイズドプロトの計4台が展示されていた。

いちばん左手に展示されていたのが、先代のフェアレディから「フェアレディZ」へと名前が変わった初代モデル、いわゆるS30型と呼ばれるモデルだ。

名前こそ受け継いでいるものの、先代のフレーム式からモノコックボディとなったことで運動性能が大きく向上。その結果、日本国外、特に北米市場で大ヒット車種となり、現在に至るまで続く高い人気のきっかけとなったモデルである。

展示された車両は1970年式の上級グレード「Z-L」で、2.0リッターのL20型エンジンを搭載するモデル。単体で見るとスポーツカーらしいロングノーズデザインが美しいが、実は全長は4115mmと現行型のノートオーラNISMOより短いのだ。

2代目は特にアメリカで人気、4代目はコストをふんだんに費やしたモデルだった

その隣に展示されていたのが、2代目フェアレディZとなるHS130型。この2代目モデルには日本車としては初となるTバールーフ仕様車が設定され、オープンエアモータリングを楽しむユーザーの多いアメリカでは特に高い人気を誇った。

また「マンハッタンカラー」と名付けられた特徴的なツートンカラーも用意されており、初代の北米での大ヒットを受けて、より北米のユーザーを意識した仕様となったモデルとも言えるだろう。

続いては4代目となるZ32型のフェアレディZ。このモデルはバルブ期に開発されたということもあり、当時の日産の技術の粋を集めて作られたモデルとなっていた。2シーターと2by2で異なるシャシーを用意するなど、コストもふんだんにかけられていたのである。

搭載エンジンも先代まで存在していた2リッターや直6は廃止され、V6 3リッターに一本化。ターボモデルは300馬力を発生していたが、当時の運輸省からの指導によって280馬力へ抑えられ(輸出仕様は300馬力のまま)、長らく続いた280馬力自主規制のきっかけとなった1台でもあったのだ。

新型フェアレディZのカスタマイズドプロトは歴代のオマージュしたパーツが多い

そして最後に紹介するのは、東京オートサロン2022で初公開となった新型フェアレディZのカスタマイズドプロト。Z432をモチーフとしたオレンジに塗られたボディにはオーバーフェンダーや専用形状のバンパーなど、初代モデルを彷彿とさせるエクステリアパーツがプラスされている。

もともと新型フェアレディZは歴代のモデルのデザインモチーフが多く取り入れられたモデルとなっており、特徴的なヘッドライトはS30型のヘッドライトカバー装着車がライトをつけたとき、カバーに反射する光をイメージしていたり、テールランプはZ32型を彷彿とさせる形状となっている(そもそもZ32のテールランプはS30をオマージュしたものだが)。

こうなると2代目モデルから受け継がれてきたオープンエアモータリングを楽しめる仕様の登場も気になるところだが、果たして?

【筆者:小鮒 康一】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
46.8万円1,650万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる