【東京オートサロン2022】開催目前! マツダのコンセプトモデルやワイスピの劇中車までオマージュ! NATSが手掛けた面白カスタムモデルを振り返る!

画像ギャラリーはこちら
2022年1月14日(金)~1月16日(日)に開催予定の東京オートサロン2022。昨年は、新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、リアルイベントは中止(オンラインによる「バーチャルオートサロン」は開催)だったが、今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策ガイドラインに基づいた対策を実施の上、現在のところ開催される見通しだ。

2年ぶりのリアル開催となるカスタムカーの祭典を前に、ここではオートサロンではお馴染み、学生主導でユニークなカスタムカーを作り上げ、出展する整備士養成学校「NATS(日本自動車大学校)」のド派手なモデル達を振り返る第3弾をお届け!

目次[開く][閉じる]
  1. マツダが考える最も美しいFRスポーツカー(コンセプトカー)を再現した「NATS RX-STANCE」
  2. ワイスピに登場したR34型スカイラインGT-Rをモチーフにした「NATS R35ロードスター」
  3. ワイスピをオマージュしたもう1台のモデル「NATS R35ロードスター」

マツダが考える最も美しいFRスポーツカー(コンセプトカー)を再現した「NATS RX-STANCE」

東京オートサロン2019で出展されたのは、マツダのコンセプトカー「RX-VISION」をモチーフとした「NATS RX-STANCE」。

マツダ「RX-VISION」とは、2015年に開催された「第44回東京モーターショー」にて世界初公開されたマツダのスポーツコンセプトカー。魂動デザインにもとづき、マツダが考える最も美しいFRスポーツカーとして登場したモデルだ。

この「RX-VISION」をモチーフとした「NATS RX-STANCE」は、ロータリースポーツカーのマツダ RX-8をベースに開発されたモデル。ホイールベースを250mm延長し「RX-VISION」のスタイルに近づけている。

そのほか、ヘッドライトはND型ロードスター、フロントグリルはアテンザ(現:マツダ6)、リアハッチは日産 Z33フェアレディZのものを流用して制作された珠玉の1台だ。

ワイスピに登場したR34型スカイラインGT-Rをモチーフにした「NATS R35ロードスター」

東京オートサロン2020では、大人気カーアクション映画「ワイルド・スピード」に登場したR34型スカイラインGT-Rをモチーフにした「NATS R35ロードスター」が登場した。

こちらのモデル、ベースになっているのは同じ日産車でも、なんとZ33型フェアレディZなのだ。GT-Rのアイコンでもある丸いテールランプやマフラーなど細かい部分まで、ホンモノと見間違うほどの完成度に仕上げられている。

エンジンはベース車のVQ35型 V6 3.5リッターエンジンのままながら、パドルシフトを装着し、走りのよさもアピールしているのはさすがと言ったところ。

ワイスピをオマージュしたもう1台のモデル「NATS R35ロードスター」

同じく東京オートサロン2020では、先程の「NATS R35ロードスター」同様、これまたワイルド・スピードに登場したトヨタ 80スープラをオマージュした「NATS A90スパイダー」が出展された。

こちらのモデル、現行型GRスープラをオープン仕様にしているのかと思いきや、その正体はレクサス SC(左ハンドル仕様)をベースにカスタマイズされたもの。

ボディは、TRA京都PANDEMキットをベースにワイドボディ化し、劇中車をオマージュしたオレンジ色にボディが塗られている。ちなみに、エンジンはしっかりと80スープラに搭載されている3リッター直列6気筒ツインターボの「2JZ-GTE」に載せ替えられてるというかなり本気の1台だ。

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
524.1万円696.6万円
中古価格:
50万円1,650万円
マツダ/RX-8
マツダ RX-8カタログを見る
新車価格:
275.5万円340.5万円
中古価格:
38万円397.5万円
レクサス/SC
レクサス SCカタログを見る
新車価格:
743.8万円785.7万円
中古価格:
69.8万円410万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 藤龍館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる