日産 DAYZ ハイウェイスター 試乗レポート/国沢光宏

  • 筆者: 国沢 光宏
  • カメラマン:オートックワン編集部
日産 DAYZ ハイウェイスター 試乗レポート/国沢光宏
日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 日産 DAYZ ハイウェイスター 画像ギャラリーはこちら

今や軽自動車ってスマートフォンのようなもの

日産 DAYZ ハイウェイスター

日産と三菱自動車の合弁会社『NMKV』(4文字のアルファベットはスンゴク覚えにくいです)最初のモデルとなる『デイズ』が登場した。初期受注を聞くと絶好調らしい。

果たしてどんなクルマなのか?

と言っても今や軽自動車ってスマートフォンのようなもの。動力性能や燃費、車内スペースに代表される機能を比べるとほぼ横並び。

日産 DAYZ ハイウェイスター

まずマイナスポイントから。最も大きいのが安全装備である。現在の安全装備御三家は、前方不注意による追突事故の被害を低減してくれる『自動ブレーキ』と、雨の日などのスリップ事故防止に絶大な威力を発揮する『横滑り防止装置』。そして側面からの衝突事故に著効する『サイドエアバッグ』。この三つは素晴らしい能力を持つ。

だが、デイズは全て設定無し(ターボ車なら横滑り防止装置を付けられる)。ちなみにスズキのワゴンRは、来月に行われるマイナーチェンジでダイハツ「ムーヴ」と同じようなレーザーセンサーを使った自動ブレーキ装置が横滑り防止装置とセットで選べるようになる。年内デビュー予定のホンダの新型軽自動車も、自動ブレーキがオプション設定されるようだ。

「カップルディスタンス」と呼ばれる、運転席と助手席に座っている人の「間隔」もライバル勢より少し狭め。男女で乗るなら気にならないけれど、大柄な男性同士だと近く感じることだろう。ドアの閉まり音や、むき出しになったナット/ボルトの多さなど、質感もホンダなどの軽自動車と比べて厳しい。そのあたりは、ぜひ実車で確認してください。

日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター
日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター

老若男女問わず好感が持てるデザイン

日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター

デイズにおける最大のプラスポイントはデザインだと思う。日産車らしくて端正。老若男女問わず好感が持てるハズ。クルマのデザインって、基本的に見慣れないとカッコよく感じないけれど、デイズのデザインは最初から端正で良いですね!デイズのデザインを嫌う人は少ないかと。最初の受注が順調なのも、デザイン効果によるものと考えます。

シートの座り心地が良いことも挙げておきたい。軽自動車のシートはコストダウンや煮詰め不足のため、イマイチ。なのにデイズのシートときたら座った瞬間から「いいね!」。腰痛持ちの私でもデイズのシートなら納得できる。前後スライド可能な後席の使い勝手&居住性も良い。おそらくシートにこだわる開発スタッフが居たんだろう。

ピアノブラックのタッチ式エアコンパネルは、これまた誰でも「いいね!」。ルームミラーの中に表示されるアラウンドビューモニターも若い人なら(年取ると画面が小さくて視認しにくい)役立つ。そうそう。同じMNKVの『ekワゴン』との違いは、ディーラーとデザインのみ。お好みによって決めればいいと思う。

日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター日産 DAYZ ハイウェイスター

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 デイズの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 デイズのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 デイズの中古車検索 日産の記事一覧 日産 デイズの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 デイズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる