トヨタの中古車カスタムブランド「CORDE by(コーデバイ)」とFLEX「Renoca」のコラボ第二弾! 個性際立つノア/ヴォクシーのコンプリートカーが新たに登場

画像ギャラリーはこちら

トヨタ自動車のグループで主にマーケティング事業を展開する「トヨタ・コニック・プロ」(東京都千代田区、長田准社長)。同社では、中古のトヨタ車をカスタムし、個性的なカスタムを施したコンプリートカーとして販売するブランド「CORDE by (コーデバイ)」を手がけています。

2023年3月には第一弾として、FLEX(フレックス)が展開するリノベーションブランド「Renoca(リノカ)」とコラボした3代目プリウスと2代目ヴォクシーが登場。今回の第二弾では2代目、3代目ノアと3代目ヴォクシーが追加されました。

当記事では、第二弾で登場した3モデルの詳細と、新たに追加された外装・内装色をご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 都市にも自然にもマッチするカスタムコンプリートカー「コーデバイ」とは
  2. 新たに2代目、3代目のノアと3代目ヴォクシーが追加
  3. 販売店はすでに全国で4店舗が決定!

都市にも自然にもマッチするカスタムコンプリートカー「コーデバイ」とは

CORDE byは、既成の新車や従来のカスタムカーとは異なる独自の個性やスタイルをカスタムする「スタイルドカー」を通して、「クルマで自分らしさを表現する新しいカーライフ」を実現するブランド。

第一弾の企画では、トヨタ ランドクルーザーとトヨタ ハイエースの新車・中古車販売のほか、旧車にも強いFLEXが展開する、ランドクルーザーやハイエースのリノベーションで人気を博するブランドRenocaとコラボし、今の時代の価値観に寄り添うカスタムカーを開発しました。

スタイルのコンセプトは「都市(URBAN)でも、自然(NATURE)でも、使い勝手がいいクルマ=URBANATURE(アーバネイチャー)」。

観光地やリゾート地でテレワークを活用し、働きながら休暇をとるワーケーションや都会と田舎の両方に拠点を持ち、二拠点を行き来しながら生活するデュアルライフといった多様なライフスタイルが定着し始めている現代にマッチするカスタムが施されました。

新たに2代目、3代目のノアと3代目ヴォクシーが追加

第一弾では、街でも自然でもアクティビティを楽しみたい方に最適なトヨタのハイブリッド専用車である3代目プリウスと、ファミリーに嬉しいミニバンの人気モデル2代目ヴォクシーが設定されました。

今回はその第二弾として、個性的なスタイルだけでなく、安心・安全機能も充実させたいニーズに応えます。以前より販売していた2代目ヴォクシーの後継モデルである3代目ヴォクシーと、その兄弟車である2代目ノア、3代目ノアが、アーバネイチャーシリーズの新たな対応モデルとして追加。

カラーリングも外装・内装ともに新たに設定さされました。

普段生活する街中・休日に出かけるアウトドアの両シーンで、さりげなく個性を表現できるアースカラーベースの「アーバネイチャーブルー」「アーバネイチャーグリーン」を外装色に新たに設定。これまで用意されていた「アーバネイチャーグレー」「アーバネイチャーベージュ」に加え、全4色から選択可能となりました。

シートの内装色はこれまでダークブラウンのみの設定でしたが、外装色とマッチする「ブラック」「キャメル」「ブラウン」「ベージュ」「グレー」の全6色から選択することができます。

ボディカラーと内装色との組み合わせは全てのモデルで選ぶことができるため、CORDE byでは全24通りの組み合わせの中から好みのスタイルに合わせてコーディネートすることが可能です。

CORDE byを選んだ時の価格はどのくらい?

2代目ヴォクシーのコーデバイ参考価格(税込)は229万5000円。

車両本体価格+諸費用(法定費用+販売手数料)=90万5000円。

カスタム価格は139万円です。

参考価格は2010年式 ヴォクシー70系Zグレード 走行距離約7万4000km、車検整備付/リ済別の場合(2023年9月時点)です。ベースとなる車両や中古車相場、個車の状態によって価格は変動します。

販売店はすでに全国で4店舗が決定!

CORDE byの販売パートナーとして、トヨタの中古車売買/アフターサービスを提供するトヨタユーゼックと提携しています。販売は全て受注生産方式です。

今まで販売を受け付けていたトヨタユーゼック千葉みなと店に加え、トヨタユーゼック東海名和店、ネッツトヨタびわこ WOODY草津西店でも取り扱いを開始しました。

トヨタカローラ栃木では2023年10月中旬以降取扱いを開始予定です。

今後もCORDE byの取り扱い店舗は順次拡大していくとのこと。

CORDE byの詳細や最新情報は下記のサイトよりご確認ください。

CORDE by Webサイト

CORDE by Instagramアカウント

【筆者:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる