SUPER GT最終戦 6号車 大嶋 和也選手/山下 健太選手組が2位に入り年間チャンピオン獲得!

画像ギャラリーはこちら
2019年のSUPER GT最終戦がツインリンクもてぎで行われ、レクサス LC500同士の一騎打ちとなったタイトル争いは、大嶋 和也選手/山下 健太選手組 WAKO'S 4CR LC500 6号車が激戦の末に2位に入り悲願のチャンピオン獲得。

平川 亮選手/ニック・キャシディ選手組 KeePer TOM'S LC500 37号車は今季初勝利を飾ったが、2ポイント及ばずランキング2位となった。

目次[開く][閉じる]
  1. SUPER GTの2019年最終戦が行われる
  2. 好コンディションで決勝がスタート
  3. GT500クラス レクサス勢のレース後のドライバーコメント
  4. 第8戦 リザルト

>>2019シーズンの集大成! SUPER GT最終戦の様子を画像で見る(20枚)

SUPER GTの2019年最終戦が行われる

SUPER GT第8戦(最終戦)「MOTEGI GT 250km RACE」が2019年11月2日、同年11月3日の両日、栃木県のツインリンクもてぎで開催された。

全8戦で戦われている2019年のSUPER GTもいよいよ最終戦を迎え、激戦の続くタイトル争いは2台のレクサス LC500を含む3台がタイトルの可能性を残して最終戦に臨んだ。

ランキング首位につけるのは今季2勝を挙げている大嶋 和也選手/山下 健太選手組 WAKO'S 4CR LC500 6号車。これを7点差で追うのが平川 亮選手/ニック・キャシディ選手組 KeePer TOM'S LC500 37号車。この2台がもう1台に対し圧倒的に有利な状況で最終戦を迎えることとなった。トヨタ/レクサス陣営は来季のSUPER GTにGRスープラで参戦することが発表されており、レクサス LC500にとってはラストイヤーとなる今季、有終の美を飾るのはどちらのチームか、注目の1戦となった。

好コンディションで決勝がスタート

2019年11月3日の決勝日は朝方こそ雲がかかっていたものの、心配された雨もなくスタート時には晴れて気温20度、路面温度26度という好コンディションで、午後1時半に栃木県警の白バイとパトカーによる交通安全啓発パレードラップ、フォーメーションラップに続いて53周、250kmで争われる決勝レースのスタートが切られた。

36号車、37号車、6号車のレクサス勢3台の争い

ポールポジションの36号車中嶋 一貴選手は順当に首位を守ったが、2番手スタートの6号車 大嶋選手は暖めきれなかったタイヤで当初ペースが上がらず、1周目で5位まで後退。

4番手スタートの37号車キャシディ選手は6号車をかわした後、6周目に1台をかわして2位へと浮上。チームメイトの36号車に続き、トムスチームのレクサス LC500が1-2体制で逆転タイトルに有利な位置へとつけた。

翌周、ペースを取り戻した6号車は1台パスして4位へ上がり、この時点でタイトル争いは6号車と37号車が同点となる。

同点では優勝回数でタイトルに届かない37号車は前を行く36号車へと迫り、6号車も負けじと猛追。19周目には3コーナーで大嶋選手がインにねじ込んで3位へ浮上。ポイント争いでは6号車が37号車を上回った。

19周目を終えたところで、37号車が先陣を切ってピットインし平川選手へと交代。翌周には36号車と6号車もピットへ向かい、36号車、37号車、6号車の順位は変わらない状態でコースへと復帰。アウトラップでタイヤの冷えた36号車に37号車が急接近するも、36号車の関口選手はポジションを堅守した。

6号車が2位に入り年間チャンピオンを獲得

レース折り返しの時点ではトップ3台はそれぞれ2秒ほどの差があったが、その後周回遅れに阻まれたこともありトップ3台が急接近。32周目に37号車平川選手が36号車関口選手をパスし首位に立ち、今度は37号車が逆転タイトルの位置となる。

37号車が優勝すると、3位ではタイトルに届かない6号車山下選手が猛烈なアタック。36号車の関口選手も絶妙なブロックで、テール・トゥ・ノーズでの激しい2位争いが数周にわたって続いた。

38周目、90度コーナー進入で6号車山下選手が36号車関口選手のインにねじ込むと、2台はそのままサイド・バイ・サイドで続くコーナーへ。最終コーナー進入時に接触した2台は、そのまま揃ってコースをショートカットする形でストレートへ。ここで6号車山下選手が前に出る。

3位に後退した36号車関口選手はペースが上がらず、後方の38号車からも攻められる状況となり、2位に浮上した6号車は、そのまま行けばチャンピオンのポジションをキープ。

首位の37号車は充分なマージンを取ってトップチェッカー。今季初勝利を挙げた。6号車は2位でチェッカーを受け、2ポイント差で37号車を退ける形となり、大嶋選手と山下選手のコンビが今季のドライバーズチャンピオンを獲得した。大嶋選手、山下選手共にGT500クラスでのチャンピオン獲得は初。ル・マンチームはJGTC時代の2002年以来17年ぶりのタイトル獲得となった。

ドライバーズタイトルでの逆転は叶わなかった37号車だったが、チームチャンピオンを獲得した。

3位は猛追を凌ぎきった36号車が入り、レクサス LC500は表彰台を独占。

また4位に38号車が続き、レクサス LC500はSUPER GT最後のレースをトップ4独占という最高の形で締め括り、ダブルタイトル獲得で有終の美を飾った。

GT500クラス レクサス勢のレース後のドライバーコメント

WAKO'S 4CR LC500 6号車 大嶋 和也選手

僕自身GT500クラスに参戦して11年目で、ようやく取れたタイトルで、ほっとしています。結果が出ず厳しい年もありましたが、そんな時もずっと僕を信じて支えてくれたチーム、そしてエンジニアや監督、メカニック全員に恩返しができたかなと思っています。今日はスタートが上手く行かず、悔しかったのですが気持ちを切り替えて追い上げました。その後は(山下)健太が本当にすごい走りをしてくれて、感謝しています。シーズン開幕当初は、まさか最後にここに居られるとは思っていませんでしたが、2戦目から皆の頑張りのお陰もあって調子を取り戻し、狙っていたタイで勝てて、上手く波に乗れた感じです。終盤戦は37号車が本当に手強く、最後の3戦とも前でゴールされたのはちょっと悔しいですが、チャンピオンを取れたのは本当に嬉しいです。

WAKO'S 4CR LC500 6号車 山下 健太選手

今回はチームの皆にとって特別な一戦で、絶対に勝たなくてはという強い気持ちで臨みました。僕自身はあまり緊張する方ではありませんが、今日のレース前は緊張しました。ただ、自分が後半乗り込むときには追う立場になり、緊張は吹き飛んでしまいました。厳しい展開で、36号車を抜かないとチャンピオンがないことも、関口選手のブロックがすごく上手いことも知っていました。しかし、最終戦のタイトルがかかったレースなので絶対に引けないし、引くつもりもなく攻め続けました。結果的に前に出られましたが、あそこで行かなかったら多分チャンピオンは取れなかったと思いますし、抜くことができてほっとしています。1年間支えてくれたチーム、大嶋選手、(脇阪)寿一監督、いつも良いクルマを作ってくれた阿部エンジニア、皆に感謝しています。GT500参戦2年目でチャンピオンを取ることができてとても嬉しいです。

KeePer TOM'S LC500 37号車 平川 亮選手

後半を担当し、交代した直後は苦戦しましたが、トップに立ってからはペースも良く、後続を引き離して優勝することができました。今季初優勝を果たせたのは良かったんですが、チャンピオンを逃したのはとてもショックです。次のDTM交流戦へと気持ちを切り替えて臨みます。

KeePer TOM'S LC500 37号車 ニック・キャシディ選手

とても難しいレースでした。強力なライバルの中でも我々のクルマが最もスピードがありましたし、冷えたタイヤで得意なスタートも完璧に決めて順位を上げられました。戦略的にも狙い通りで、レースに勝つことはできましたが、チャンピオンを取れなかったのは残念です。

au TOM'S LC500 36号車 中嶋 一貴選手

僕自身はスタートから順調にポジションをキープできたんですが、後半も含め、周回遅れに遭遇するタイミングなどに恵まれなかったように感じます。(関口)雄飛もかなり頑張ってくれたんですが、どうしても流れが良くなかったようで、僕らもできる限りのことはしましたが、チームとしては残念な一日になってしまいました。今年は雄飛と組むのは2年目でお互いに慣れてきて、パフォーマンスも去年より手応えはあったんですが、上手く行かないことの多いシーズンでした。

au TOM'S LC500 36号車 関口 雄飛選手

今季はコンスタントにポイントを取れなかったのが響いたシーズンでした。今日は調子も良かったですし、優勝を狙っていたのですが、タイヤが厳しくなり、ポジションを守り切れませんでした。3位表彰台には立てましたが、悔しい結果です。

第8戦 リザルト

GT500クラス

順位No.車名ドライバー名所要時間/差グリッド
137KeePer TOM'S LC500平川 亮選手/ニック・キャシディ選手1:31'25.8684
26WAKO'S 4CR LC500大嶋 和也選手/山下 健太選手12.1692
336au TOM'S LC500中嶋 一貴選手/関口 雄飛選手14.8711
438ZENT CERUMO LC500立川 祐路選手/石浦 宏明選手15.4926
517KEIHIN NSX-GT塚越 広大選手/ベルトラン・バゲット選手21.3385

GT300クラス

順位No.車名ドライバー名所要時間/差グリッド
111GAINER TANAX GT-R平中 克幸選手/安田 裕信選手1:32'19.4354
265LEON PYRAMID AMG蒲生 尚弥選手/菅波 冬悟選手4.6773
396K-tunes RC F GT3新田 守男選手/阪口 晴南選手13.48417
455ARTA NSX GT3高木 真一選手/福住 仁嶺選手18.3565
54グッドスマイル 初音ミク AMG谷口 信輝選手/片岡 龍也選手20.627
この記事の画像ギャラリーはこちら

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

レクサス LCの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LCのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LCの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LCの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LCのニュース一覧

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

ホンダ NSXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ NSXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ NSXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ NSXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ NSXのニュース一覧

自動車ニュースの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事