ポルシェ付き!? 日本初のコンセプト分譲マンションが都内に登場

画像ギャラリーはこちら
シングル層向けのコンパクトマンションを開発・販売する株式会社フィードは、コンセプトブランディングプロジェクトの第2弾として、モータースポーツのF1公式シャンパン「CARBON(カーボン)」の日本正規代理店であるマーカムインターナショナル株式会社と共同で、ポルシェジャパン協力による“日本初”のカーシェアリングサービス付きレジデンス「ミルーナヒルズ舎人 C's COLLECTION(シーズコレクション)」を開発し、2019年10月10日より事前登録受付を開始した。
目次[開く][閉じる]
  1. ミルーナヒルズ舎人 C's COLLECTIONについて
  2. フィードとCARBONが贈るポルシェのある“上質なくらし”
  3. 「車」をキーワードに集まった3社
  4. ミルーナヒルズ舎人 C's COLLECTIONの詳細

>>豪華絢爛! シャンパンボトルが並ぶエントランスを見る

ミルーナヒルズ舎人 C's COLLECTIONについて

ミルーナヒルズ舎人 C's COLLECTIONは、テーマ性や付加価値の高い住まいをプロデュースする「フィード」と、様々な形でモータースポーツを支援し、F1公式シャンパンとして有名な「CARBON」がコラボレーションし、世界有数のスポーツカーブランド「ポルシェ」の協力を得て実現した新たに開発する分譲マンションである。

フィードとCARBONが贈るポルシェのある“上質なくらし”

コンセプトブランディングプロジェクトの第2弾となる今回は、“車離れ”が進んでいると言われる中で、レンタカーやカーシェアサービスの需要が根強く存在していることに着目。利用形態が「所有」から「共有(レンタルやシェア)」へと移り変わっていることに加え、車が今も昔も変わらず憧れやステータスの象徴という顔を持ち合わせていることに発想を得て、ラグジュアリーカーによるサブスクリプション型のカーシェアリングサービスを敷地内に付帯した“日本初”の物件を企画・開発した。

なお、カーシェアリングサービスで提供する車両は、新車のポルシェ「マカン」を含む2台(いずれもポルシェ製)を予定している。

また、デザイナーには虎ノ門ヒルズのアトリウムなど世界的な建築物のデザインを数多く手掛け、当社の社外取締役も務める谷山直義氏を起用。「CARBON」が持つ洗練されたイメージとシャンパン特有の“泡”が持つ温かみや華やかさを、エントランスや各戸の内装デザインに昇華させた。特に、F1世界選手権全21大会それぞれのコースレイアウトをあしらった限定ボトルを配したエントランスエリアは、居住者のためだけの“ミニギャラリー”とも言える贅沢な空間となる予定だ。

「車」をキーワードに集まった3社

フィード

フィードは、シングル層向けコンパクトマンション開発のリーディングカンパニーだ。居住者にとっての付加価値を追求し、テーマ性や品質にこだわった物件を「コンセプトブランディングマンション」として販売している。

2015年には、コンセプトブランディングプロジェクトの第1弾として、ラグジュアリースピリッツ「Hennessy(ヘネシー)」とコラボレーションした「EXLUX(エグラス)」を発表。ゲストを招いてお酒を楽しめる様なスペースとして、最新のホームシアターシステムや水素水栓を搭載したオリジナルキッチンを備えた住空間を提案したことが好評を博した。

CARBON

CARBONは、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区シャンピヨン村の家族経営の醸造家「ドヴァヴリー」が生み出したシャンパンブランドだ。最大の特徴であるカーボン・ファイバー製のボトルは、CEOのアレクサンドル・メアがアイデアを思いつき、4年の期間を費やして完成させた。ボトル1本1本が職人のハンドメイドで、21もの工程を経て1週間がかりで製造している。

モータースポーツF1の驚異的な技術を象徴する素材である「カーボン・ファイバー」を使用していることに加え、伝統、神秘性、祝祭、味わいが総合的に評価され、2017年にF1公式シャンパンに選定。2017年6月のモナコグランプリ以降、モータースポーツの最高峰の頂点に輝いた勝者を讃える表彰台でふりまかれている。

今回のプロジェクトでは、様々な形でモータースポーツを支援してきたCARBONが持つ歴史的背景や洗練されたイメージを物件へとインストール。居住者や来訪者を出迎えるエントランスエリアに、F1世界選手権全21大会それぞれのコースレイアウトをあしらった限定ボトルの貴重なコレクションを提供した。

ポルシェジャパン

ポルシェジャパンは、ポルシェ本社100%出資の正規インポーターとして1995年に設立された。2018年のポルシェ国内新車販売台数は過去最高の7166台を記録した。2019年には8世代目となるスポーツカーのアイコン「911」を発売、2020年にはポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」が日本国内でデビューする予定だ。

今回のプロジェクトは、ポルシェジャパンが日本国内で携わる初めてのカーシェアリングサービスで、今後のモビリティプロジェクトの基盤となる予定。ユーザーに対してフレキシブルで魅力的なプレミアムカー利用の新しい愉しみ方を提案していく。

ミルーナヒルズ舎人 C's COLLECTIONの詳細

■名称:ミルーナヒルズ舎人C's COLLECTION

■所在地(住居表示):東京都足立区入谷2丁目23番(以下未定)

■敷地面積:776.29平方メートル

■建築面積:366.99平方メートル

■構造・規模:鉄筋コンクリート造・地上9階建

■総戸数:55戸(他管理室1戸)

■間取り:1LDK+WIC

■竣工予定日:2019年12月27日

この記事の画像ギャラリーはこちら

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ポルシェの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェのニュース一覧

自動車ニュースの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事