autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 新型カイエン S 試乗|高次元でバランスさせた「見た目」「走り」「乗り心地」

試乗レポート 2018/10/30 09:26

ポルシェ 新型カイエン S 試乗|高次元でバランスさせた「見た目」「走り」「乗り心地」(1/2)

関連: ポルシェ カイエン Text: 大谷 達也 Photo: 和田清志
ポルシェ 新型カイエンS
ポルシェ 新型カイエン Sポルシェ 新型カイエン Sポルシェ 新型カイエン Sポルシェ 新型カイエン S画像ギャラリーはこちら

世界最大のスポーツカーメーカーを支える大黒柱

世界最大のスポーツカーメーカーであるポルシェのSUV、カイエンが人気だ。古くからのファンにとってポルシェといえば断然911だけれど、世界的に見ればカイエンのほうが911より多く売れていて、ひとまわり小さなマカンとあわせた“SUVコンビ”がビジネス的にはいまやポルシェの大黒柱となっている。

なぜ、カイエンはよく売れるのか? 新型に生まれ変わった新型カイエンSに試乗をして、その理由を考えてみた。

911と共通のイメージを散りばめ軽快感を生み出す

ポルシェ 新型カイエン S

カイエンはなんといっても格好いい。SUVというと、どうしても背が高くて重々しい感じがするけれど、新型カイエンは、後ろにいくに従ってなだらかに下降するルーフラインが911と似ているほか、ヘッドライトの形もどことなく911を連想させる。

左右のテールライトを、細い光のラインで結んだリア周りのデザインも最新の911カレラ4を思わせる。つまり、スポーツカーである911と共通のイメージを散りばめることで、SUVでありながら独特の軽快感を生み出すことに成功しているのだ。

ていねいに作りこまれたインテリアはまさに高級車

ポルシェ 新型カイエン S

いっぽうのインテリアは、タコメーターを中心とする5連メーターを始めとして、911に通じるデザインを各所に採用するいっぽうで、近年のラグジュアリーSUVらしい質感の高さも兼ね備えている。

特にシートに使われているレザーはうっとりするほど手触りがソフトだし、ダッシュボードやドア周りの作り込みも実にていねい。高級車に乗っているという満足感を存分に味わえるはずだ。

>>最高級SUV「ポルシェ 新型カイエン S 」世界が憧れる精緻な仕上がりの内外装を画像でもっと見る[フォトギャラリー]

心置きなくリラックスできる開放感

ポルシェ 新型カイエン S

全長×全幅×全高=4918×1983×1696mmという立派なボディサイズを生かした居住スペースも広々としている。助手席側のドアには到底手が届かないほど広く、SUVらしく上下方向の余裕も申し分ない。身長172cmの私が後席に腰掛けても膝を組むのは簡単だし、後席にもリクライニングが備わるおかげで自分好みの姿勢がとれる。

ガラス面積の広いパノラマルーフをオプションで装着すればキャビンには明るい光が溢れ、開放感はバツグン。少し変な言い方だけれども、居住スペース内の“空気量”がセダンに比べて圧倒的に多いために息苦しくなく、ロングドライブに出かけても「長い時間、狭い空間に押し込められていた」という窮屈感がまるでない。

家族と、そして友人と遠出するとき、カイエンのキャビンだったら心置きなくリラックスできるだろう。

>>サイズを考えたら随分と小排気量、しかしスーパースポーツカー並みの俊足ぶり[次ページ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ポルシェ カイエン の関連編集記事

ポルシェ カイエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ カイエン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR