autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル「レヴォーグ」2つの改良モデルを発表|内装には“レカロ”シートを採用

自動車ニュース 2019/5/8 16:15

スバル「レヴォーグ」2つの改良モデルを発表|内装には“レカロ”シートを採用

スバル レヴォーグ
スバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグ画像ギャラリーはこちら

レヴォーグに2つの改良モデルが登場

スバルは、「レヴォーグ」改良モデルを2019年6月27日に発売する。価格は334万8000円~405万円(消費税込み)。

レヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに2014年4月に発表されたモデル。アイサイトをはじめとする最先端の安全性能と、スバルが培ってきたツーリング性能を高い次元で両立したスポーツワゴンだ。

今回の改良に際し、特別仕様車として2つのモデルが追加された。

>>レヴォーグ初採用となるRECAROシートがカッコイイ! 画像で見る[22枚]

主な改良内容と特徴

1.6/2.0 STI Sport Black Selection

スバル レヴォーグ

1.6/2.0 STI Sportをベースにドライバーのスポーツマインドが高ぶるアイテムを採用。外装は、18インチブラック塗装&切削光輝ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備。

内装ではブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにレヴォーグ初となるRECAROフロントシートが採用された。

1.6GT-S EyeSight Advantage Line

スバル レヴォーグ

1.6GT-S EyeSightをベースに、大人なスポーティモデルを感じさせる専用アイテムを採用。外装は、18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー・ドアハンドルを装備し精悍さを演出。またボディカラーは専用色としてクールグレーカーキが設定された。

内装では落ち着いた色合いのブルーをアクセントとしたウルトラスエード/本革シートにより、上質感と機能性を高めた。

さらに、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40Km/hから30km/hに変更。より低車速から作動を開始するようにすることで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上させた。

改良モデルのスペックと価格

1.6 STI Sport Black Selection

■駆動方式:AWD

■エンジン:1.6L 水平対向 4気筒DOHC 直噴ターボ”DIT”

■変速機:リニアトロニック

■価格:356万4000円

2.0 STI Sport Black Selection

■駆動方式:AWD

■エンジン:2.0L 水平対向 4気筒DOHC 直噴ターボ”DIT”

■変速機:スポーツリニアトロニック

■価格:405万円

1.6GT-S EyeSight Advantage Line

■駆動方式:AWD

■エンジン:1.6L 水平対向 4気筒DOHC 直噴ターボ”DIT”

■変速機:リニアトロニック

■価格:334万8000円

※いずれも消費税込み

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スバル レヴォーグ の関連編集記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR