autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 映画「ブレードランナー」で未来のクルマをデザインした巨匠「シド・ミード展」開催

自動車ニュース 2019/4/15 16:30

映画「ブレードランナー」で未来のクルマをデザインした巨匠「シド・ミード展」開催

シド・ミード展
シド・ミード展シド・ミード展シド・ミード展シド・ミード展画像ギャラリーはこちら

映画美術の巨匠、「シド・ミード展」開催

世界的なインダストリアル・デザイナーとして知られるシド・ミード氏の原画展「シド・ミード展」が2019年4月27日から同年5月19日まで東京・秋葉原で開催される。

日本での開催は34年ぶりとなる今回の原画展では、60年にわたるミード氏のキャリアの中から本人によるセレクション50点を含む貴重な原画150点が公開される。

また東京での展示にあたり、宇宙戦艦ヤマトシリーズ「YAMATO2520」の世界初公開作品など日本でのプロジェクト作品も多く展示される。

シド・ミード氏について

フォードでのカーデザインを皮切りに、独立後は映画「スタートレック」「ブレードランナー」「ミッション:インポッシブル3」など数々のカーデザインおよび工業デザインを担当。未来的なデザインが特徴で、自らを「フューチャリスト・デザイナー」と呼んでいる。

>>未来のロールス・ロイスなど、 シド・ミード展作品の一部を見る

シド・ミード展の内容

シド・ミード展シド・ミード展

1 PROGRESSIONS

ミード氏自薦による50点を展示。

2 The Movie Art

映画「ブレードランナー(1982年)」の劇中に登場する架空の飛行車「スピナー」などを展示。(画像:左)

3 TYO Special

ミード氏が手がけたプロジェクトのうち、日本に関わるものがおよそ3割以上を占めている。

「Honda in Cherry Blossom」という、ホンダ車と桜が描かれた作品も展示される。(画像:右)

4 Memories Of The Future Matsui Collection

映画「ブレードランナー」起用のきっかけとなった作品や、宇宙戦艦ヤマトシリーズの「YAMATO2520」の世界初公開の作品も展示される。

開催概要

■名称:シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019

■会期:2019年4月27日~同年5月19日(会期中は無休)

■時間:11:00~20:00(最終入場は閉館の30分前まで)

■会場:アーツ千代田3331 / 1Fメインギャラリー(東京都千代田区外神田6-11-14)

■アクセス:東京メトロ銀座線 末広町駅徒歩1分、JR秋葉原駅 電気街口徒歩8分

■料金:一般2000円(前売1800円)、学生1000円、小学生以下無料

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR