autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ランボルギーニ 新型ウラカン EVOを発表!

自動車ニュース 2019/1/8 19:15

ランボルギーニ 新型ウラカン EVOを発表!

ランボルギーニ
ランボルギーニランボルギーニランボルギーニランボルギーニ画像ギャラリーはこちら

ランボルギーニ 新型ウラカンは『EVO』モデル

アウトモビリ ランボルギーニは、ウラカン ペルフォルマンテの優れた性能を基に次世代車両力学制御と空気力学を取り入れた、次世代のV型10気筒スーパースポーツカー、「ランボルギーニ ウラカン EVO」を発表した。

ぺルフォルマンテのエンジンを搭載し0-100km/hは2.9秒

搭載されるエンジンは5.2リットルの自然吸気V型10気筒エンジンで、ウラカン ペルフォルマンテと同数値となる640hp (470kW)/8000rpm、600Nm/6000rpmを発揮。

乾燥重量は1,422kgで、パワーウェイトレシオは2.22kg/hp。0-100km/h加速は2.9秒となり、先代モデルから0.3秒向上している。0-200km/h加速は9秒。100km/hの速度からわずか31.9mで停止することができ、最高速度は325km/hを超える。

ランボルギーニ

挙動を司るランボルギーニ ディナミカ ヴェイコロ インテグラータを搭載

ウラカン EVOには、動的な挙動のすべてを制御する中央処理装置「ランボルギーニ ディナミカ ヴェイコロ インテグラータ (LDVI)」を採用。車両のダイナミック システムと設定のすべてを完全に統合し、ドライバーの次の動きとニーズを予想して、完璧なドライビング・ダイナミクスを判断する。車両の重心に配置した包括的な一連の加速時計とジャイロスコープセンサーである「ランボルギーニ ピアッタフォルマ イネルツィアーレ(LPI)」や磁性流体サスペンションはバージョン2.0にアップグレードされている。

さまざまなデータをリアルタイムで処理することで、ステアリングホイール、ブレーキ、アクセルペダルのインプット、連結されたギア、ANIMA コントローラにより選択されたストラーダ、スポーツ、またはコルサの運転モードといった情報を通じて、ドライバーの意図を認識。情報はすべてLDVIが分析と処理を行うことで、ストラーダ モードでは、機敏さを発揮し、運転の楽しさを実現。一方スポーツ モードでは、遊び心に 溢れ極めてエキサイティングなドライビングが楽しめる。またコルサ モードでは、サーキットなど最も極限の運転状況で、シャープで応答性が高く爽快な走りが楽しめる。

ランボルギーニ

EVOの名に相応しい機能とデザインのアップデート

一体化ウイングを備えたフロントスプリッターや大型化したエアインテーク、テール上端に備わるスロット一体型スポイラー、さらにアンダーボディでも空力を最大限に配慮することで、第一世代のウラカンの5倍ものダウンフォースと空力性能を獲得。

新たな意匠が与えられた20インチホイールや、新設されたサイドエアインテーク、リアバンパーの高い位置には新スポーツエキゾーストシステムのツインアウトレットがまるでウラカンのレーシングカーのように剥き出しで配置されるなど、ディテール面、性能面ともにEVOの名に相応しい進化を遂げている。

ランボルギーニ

センターコンソールには新たに8.4インチHMIタッチスクリーンを装備。マルチフィンガージェスチャーコントロールに対応し、車両のあらゆる機能を制御することができる。またApple Car Playなどによりスマートフォンとの接続も可能。またオプションの「デュアル カメラ テレメトリ システム」もタッチスクリーン上で機能する。

デリバリーは2019年春から。日本での価格は2984万3274円(税抜)となる。

ランボルギーニ ウラカン EVO 主要スペック
メーカー希望小売価格(税抜)2984万3274円
全長4520mm
全幅1933mm
全高1165mm
ホイールベース2620mm
乗車定員2名
車両重量(車重)1422kg
エンジン種類V型10気筒DOHC
排気量5204cc
駆動方式AWD
エンジン最高出力470kW(640HP)/8000rpm
エンジン最大トルク600N・m/6500rpm
トランスミッション7速LDF

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ランボルギーニ ウラカン の関連編集記事

ランボルギーニ ウラカンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ ウラカン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR