autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 自動車メーカーのスバル、実は大型旅客機の重要なパーツも作っていた

自動車ニュース 2018/2/9 19:27

自動車メーカーのスバル、実は大型旅客機の重要なパーツも作っていた

ボーイング767
ボーイング767太田工場で行われた記念式典の様子スバルが製造したボーイング777X型機の初号機の中央翼スバル 360画像ギャラリーはこちら

スバルが大型旅客機ボーイング777X型初号機の中央翼を完成させる

インプレッサやフォレスターなど、水平対向エンジンとAWD技術にこだわりを持って自動車を開発・生産する“国産自動車メーカーのSUBARU”は皆さんご存知のことだろう。しかし株式会社SUBARU(元:富士重工業株式会社)の会社概要を見ると、主な事業内容の欄には自動車の他に、【航空宇宙】 航空機、宇宙関連機器ならびにその部品の製造、販売および修理という文字が並ぶ。そう、スバルは自動車メーカーのイメージが強いが、その前身は“中島飛行機”という飛行機を製造する会社なのだ。

スバルの航空宇宙事業は防衛省向けと民間向けに分かれているが、今回のニュースは民間向けのものだ。スバルは、航空宇宙カンパニー半田工場(愛知県半田市)にて、米国ボーイング社の次世代大型旅客機777X型機の初号機用中央翼の製造および主脚格納部の組立結合を完了し、中央翼ワークパッケージを完成させた。

「ボーイング777X型の初号機中央翼」と某ロボットアニメを彷彿とさせ、男心を激しくくすぐる単語が並んでいるが、中央翼とは旅客機の左右の主翼と前後の胴体を繋ぎ、荷重を支える部位のこと。この部位の製造を任されるSUBARUの飛行機製造に関する技術の高さがうかがえる。

また、「中央翼ワークパッケージ」とは中央翼および主脚格納部を組立結合した出荷形態のことで、航空宇宙事業は使う単語がいちいちカッコイイことが分かる。

半田工場では、ボーイング社の大型旅客機「777」、中型旅客機「787」、および防衛省の「固定翼哨戒機(P-1)」、「輸送機(C-2)」の中央翼の生産を行っており、世界的にも類まれな中央翼生産センターからの新たな中央翼の生産となる。

ボーイング777X型のエアライン納入は2020年を予定

ボーイング社によると、ボーイング777X型機は2020年にエアラインへの納入が開始される予定。実はスバルはボーイング777X型機の設計開発段階から参画しており、777型機で担当している中央翼および主脚格納部の組立結合、主脚扉と翼胴フェアリング(前部)に加えて、787型機で新たに担当した翼々結合部(Side of Body)を担当している。

スバルは、かつて中嶋飛行機時代に得た技術の延長線で、スバル360やスバル1000など歴史に名を残す名車を生み出したわけだが、今後もそのようなフィードバックが自動車事業にもたらされるのか期待せざるを得ない。

つい先日には、アメリカの電気自動車メーカー“テスラ”が開発したテスラ ロードスターが宇宙遊泳を行ったわけだが、次に宇宙に行く自動車は、日本が誇る自動車メーカー、スバルであると嬉しい。

スバル インプレッサスポーツ の関連編集記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連編集記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!