autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 富士重工が社名を“SUBARU”に「“笑顔をつくる”ブランドとして生きていく」決意表明

新型車リリース速報 2017/3/31 19:41

富士重工が社名を“SUBARU”に「“笑顔をつくる”ブランドとして生きていく」決意表明

関連: スバル Text:
富士重工が社名を“SUBARU”に「“笑顔をつくる”ブランドとして生きていく」決意表明

“モノをつくる”会社から“笑顔をつくる”会社へ

2017年4月1日に社名を“株式会社SUBARU”へ変更する富士重工業株式会社は、前日の3月31日に東京都渋谷区に本社のあるエビススバルビル、および各事業所・製作所の計3ヶ所にて、社員向けの社名変更記念式典を開催した。

社名変更に際して作成された新たなリーフレットには、

「富士重工業株式会社は、株式会社SUBARUへ。モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ。」

と記載されている。

本社の式典に登壇した代表取締役社長の吉永泰之氏は、「私たちはモノづくりの会社であるとともに、近年はモノを通して“価値”を提供する会社に変化してきました。今回の株式会社SUBARUへの社名変更は、これから私たちは価値を提供するブランドとして生きていきます、という決意表明です」と語る。

さらに吉永社長は、その“価値”の意味について「お客様にとっての価値をお届けする。お客様にとっての価値とは何かと考えたとき、満足しているお客様、そこにはお客様の“笑顔”がある」と話し、それを踏まえてリーフレットを見てほしいと出席した従業員の皆さんへ伝えた。

最後に吉永社長は「自動車産業は、大変大きな変革期にあるのはご存知の通り。困難な時もあると思いますが、全員で全部乗り越える。そしてさらに輝いていく」とその強い決意を語った。

1917年に創設された飛行機研究所、後の中島飛行機株式会社を源流とし、幾多の変遷を経て1953年に富士重工業株式会社を設立。富士重工はその後、1958年発売の軽自動車スバル360に端を発するスバルブランドの自動車事業を中心に、航空宇宙、産業機器などの各事業を発展させてきた。

現在、スバルの自動車事業は世界90カ国以上に展開している。スバルが2014年5月に発表した中期経営ビジョン「際立とう2020」では、2020年のありたい姿を「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」と定め、その実現に向けて“スバルブランドを磨く”と“強い事業構造を創る”ことに取り組んでいる。

同社が今回、創業100周年を機に、長年親しまれてきた社名を変えてブランド名と統一させる目的は、“スバルブランドを磨く”取り組みをさらに加速させ、スバルを自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させることにある。

スバルでは「株式会社SUBARU」においても、経営理念である「“お客様第一”を基軸に『存在感と魅力ある企業』を目指す」ことを堅持し、長年培ってきた「安心と愉しさ」という固有の価値をお客様に提供し続けることで、更なる持続的成長を目指していく。

新たな社章にはSUBARUのブランドカラーであるブルーをあしらった七宝焼きの六連星マークが採用される
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル の関連記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20