autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW、スポーティなデザインに一新した新型ポロを世界初公開

自動車ニュース 2017/6/16 21:08

VW、スポーティなデザインに一新した新型ポロを世界初公開

フォルクスワーゲン 新型ポロ

独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、フルモデルチェンジした新型ポロを初公開した。

ポロは、これまでに1400万台以上が販売され、コンパクトカーのベストセラーの1つとなっている。

6代目となる新型ポロは、従来モデルからイメージを一新。

ダイナミックなデザインや広くなった室内空間、より効率的なエンジンと革新的なドライバーアシストシステムを採用した。

>>VW 新型ポロの画像を見る

フォルクスワーゲン 新型ポロ

新型ポロは、内外装ともにまったく新しいスポーティなデザインに生まれ変わった。

ボディサイズも先代モデルより大きくなり、その結果、室内も拡大している。また、ラゲッジスペースも先代モデルの280リッターから351リッターに積載量を増やした。

また、新型ポロには、すでにゴルフとパサートに搭載している先進的なドライバーアシスタンスシステムを採用している。

フォルクスワーゲン 新型ポロシリーズ

ラインナップは、トレンドライン/コンフォートライン/ハイラインとAVブランドのBeatsとコラボした特別モデルのポロ Beatsに加え、200PSを発揮するポロ GTIを取り揃えた。

今まで上級モデルに装備されていたカミングホーム&リービングホーム(ヘッドライトや室内灯が一定時間点灯する機能)や歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能などが、エントリーモデルのトレンドラインにも装備された。

また、オプションとなるが、アダプティブクルーズコントロール(時速210kmまで)も先代モデルに引き続き設定されている。

今回新たなオプションとして、リアトラフィックアラート付きのブラインドスポット検知レーンチェンジアシスト、セミオートマチックパークアシストなども設定された。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連編集記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR