autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型プリウス、カスタマイズアイテムを発売

自動車ニュース 2009/5/19 11:28

新型プリウス、カスタマイズアイテムを発売

AERO TOURER S KITAERO TOURER S KITAERO TOURER S KITMODELLISTA VERSION1

トヨタモデリスタは、プリウスのフルモデルチェンジに伴い、ハイブリッド車に相応しく先進性を高めながら空力にも考慮したカスタマイズアイテムとして「エアロツアラーキット」「モデリスタバージョン」を設定。その他、「モデリスタセレクション」を含む充実のラインナップを全国トヨタ販売店及びトヨタモデリスタ店を通じて発売する。

■新型プリウス エアロツアラーキット

【エアロツアラーSキット】

フロントバンパースポイラー&フロントグリル&AERO TOURERエンブレム&サイドスカート&リヤスカートを設定。

スタイリッシュなシルエットと、透き通ったアクアブルーのアウターグリルの中に輝くインナーグリルの煌きが、ハイブリッドカーの先進性を表現。大胆に開口したロアグリルと中央に配置されたフローティングウィングが高性能感とワイド感を強調。サイドは左右に張り出させ安定感を演出し、リヤは後方に伸びたエアロフォルムとブラックアウトラインにより、引き締まったデザインとすることで軽快なスタイルを演出。「風の流れ」を感じさせるしなやかなスタイルに、「空力」を意識した知的なディテールを秘めた、風を操る「エアロツアラー」。

【エアロツアラーキット】

フロントバンパースポイラー&フロントグリル&AERO TOURERエンブレムを設定。

「スポーティ」を明快に主張するフロントフェイスはそのままに、サイドスカート、リヤスカートをレスすることで、お買い得価格とした。

■新型プリウス モデリスタバージョン

【モデリスタバージョン1】知性を感じさせる洗練されたフォルム

フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートを設定。

ボディからの連続性を意識しながら前方に延長したウェッジシェイプに、左右のアクセントラインを入れることで、ベース車の立体的なフォルムを最大限に強調したフロントスポイラー。低重心に見せるサイドスカートと、ブラックアウトしたディフューザータイプのデザインによる軽快なリヤビューが、全体のフォルムをロー&ワイドに見みせることで、洗練されたスタイルを演出。また、空力を考慮した数々のディテールにより、車体周りの空気をスムーズに流す機能も備えている。

【モデリスタバージョン2】さりげなく魅せるこだわりのアクセント

フロントアンダーリップスポイラーを設定。

グライダーの翼をモチーフにデザイン。ワンポイントでフロントフェイスを低重心かつスポーティーに演出。

■モデリスタセレクション

軽快なフットワークを演出する18インチ、16インチアルミホイール&タイヤセット、さわやかなアクセントをプラスする金属調ガーニッシュ、インテリアパネルセット、フロントのローダウン量を多くすることで、空力にも考慮したローダウンスプリングを設定。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ プリウス の関連編集記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連編集記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR