三菱 新型デリカミニが2023年に登場予定! 可愛らしいヘッドライトが特徴的なアウトドアレジャーにピッタリの軽スーパーハイトワゴンだ【2022年】

画像ギャラリーはこちら
三菱自動車は2022年11月4日(金)、新型軽自動車「デリカミニ」のスペシャルサイトを開設しました。

新型デリカミニは2023年初夏に発売予定で、2023年1月13日(金)〜15日(日)に千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2023」に参考出品されます。

詳細は後日明らかになりますが、今回発表されたエクステリアデザインについてご紹介しつつ、スペックを予想します。

目次[開く][閉じる]
  1. スーパーハイトワゴンの派生タイプとしてアウトドア系が人気
  2. 新型デリカミニのデザイン、ボディカラー
  3. 新型デリカミニのボディサイズ、エンジン、燃費予想

スーパーハイトワゴンの派生タイプとしてアウトドア系が人気

新型デリカミニは軽自動車販売全体の4割以上を占めるスーパーハイトワゴンと呼ばれるカテゴリーに属する人気のボディタイプです。三菱自動車の調べによりますと、軽自動車市場は今後も年間約60万台で推移し、安定した需要が見込めると言います。

また、スーパーハイトワゴン市場では三菱 eKスペースと三菱 eKクロススペースのようにノーマルとカスタムの2種類が用意されることが定番となっています。最近ではその派生として、スズキ スペーシアギアやダイハツ タントファンクロスなどといったSUVテイストのアウトドア系モデルが各メーカーから続々と登場、今後マーケットの拡大が予想されます。

新型デリカミニのデザイン、ボディカラー

そうした中で三菱自動車では「DAILY ADVENTURE(毎日の冒険)」をデザインテーマに、SUVの力強いスタイリングが特徴的な新型デリカミニの投入を決めました。

三菱 デリカシリーズはSUVとしての走破性と多目的乗用車としての居住性を融合させた三菱自動車ならではのオールラウンドミニバンとして、家族や仲間達とアウトドアレジャーを楽しむユーザーに親しまれています。現行モデルとしてはミニバンタイプのデリカD:5が用意されており、アウトドアユーザーを中心に人気のモデルです。

アウトドアレジャー人気が高まる昨今、新型デリカミニは気軽にアウトドアを楽しみたいファミリー層をメインターゲットに、デリカシリーズの世界観を軽スーパーハイトワゴンに詰め込んだモデルとなっています。

新型デリカミニは力強さと安心感を表す三菱特有のデザイン「ダイナミックシールド」を用い、デリカシリーズのタフさを表現しています。一方で、特徴的な半円形のLEDポジションランプを内蔵したヘッドライトを組み合わせ、コンパクトで可愛らしい、親近感の湧くデザインに仕上げています。

さらに、フロアバンパーとテールゲートガーニッシュには立体的な「DELICA」ロゴを採用。ブラックのホイールアーチに加え、前後バンパー下部にプロテクト感のあるスキッドプレート形状を用い、三菱 デリカD:5を彷彿とさせるSUVらしい走破性の高さをイメージしています。他にもアルミホイールにはタフさを表す形状とスタイリッシュさを持ち合わせたダークシルバー塗装とし、足元を引き締めました。

新型デリカミニのボディカラーはコンセプトに合わせて新開発した、都会からアウトドアレジャーまであらゆるシーンに馴染むアッシュグリーンメタリックを新色として採用。このアッシュグリーンメタリックを含むブラックとの2トーンカラーが6種類、モノトーンカラー6種類を展開します。

新型デリカミニのボディサイズ、エンジン、燃費予想

今回、新型デリカミニについての発表はエクステリアデザインのみとなりましたが、スペックの予想を立ててみました。

画像を見る限り、おそらくベースとなるのは2020年に発売されたスーパーハイトワゴン、三菱 eKクロススペースでしょう。eKクロススペースもダイナミックシールドのデザインを採用していますが、新型デリカミニと比べるとeKクロススペースの方が都会的でスタイリッシュな外観になっています。

eKクロススペースのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1800mm(4WDモデル)で、同等のサイズになると考えられます。悪路走破性に定評がある「デリカ」の名が車名に含まれていることからも悪路に強い4WDモデルは投入されると思います。

eKシリーズではすでに電気自動車のeKクロスEVも発表されており、新型デリカミニも電動化が期待されますが、アウトドアユースであることを考えると最初に登場するのはガソリンモデルではないでしょうか。

eKクロススペースのエンジンはNAとターボの2種類が存在します。新型デリカミニにはどちらか1種類、あるいは両方がラインアップされるでしょう。

eKクロススペースのWLTCモード燃費はターボモデルで17.5km/L(4WD)〜19.2km/L(2WD)、NAモデルで19.0km/L(4WD)〜20.9km/L(2WD)となっています。ボディサイズや車重などが分からないため、あくまで予測値ではありますが、おおよそ近い数値になるのではないでしょうか。

もちろん新型デリカミニとeKクロススペースは競合する車種となりますので、外観だけでなくスペック、機能、装備面においても何かしら差別化が図られるはずです。今後新しい情報が入り次第、速やかにお伝えしていきます。

新型デリカミニは、初代デリカの発売から55周年となる2023年初夏に発売される予定です。気になる方はぜひスペシャルサイトをチェックしてみてください。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部) カメラマン:三菱自動車、森山 良雄、茂呂 幸正、和田 清志】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱の最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱の記事一覧 三菱のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる