新型Sクラスは超最先端技術の塊! 大型ディスプレイやAR技術などを搭載した先進装備を写真でチェック

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
8年ぶりの全面改修で近未来車のような先進技術を搭載したメルセデス・ベンツ 新型Sクラス。目の前のに広がるヘッドアップディスプレイにはナビ情報が現実世界と重なって映し出され、車の設定やコントロールは物理スイッチではなく、センターコンソールの大型ディスプレイで行う。そのほか多数搭載された先進技術を紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 基本性能の確かな底上げの上にこそ成り立つ先進性
  2. SF映画に出てくるような先進の装備
  3. シンプルになったからこそ光るスリーポインテッドスター

基本性能の確かな底上げの上にこそ成り立つ先進性

メルセデス・ベンツ Sクラスと言えば、メルセデス・ベンツの技術力を象徴するフラッグシップモデル。2021年1月に日本発売された7代目となる新型Sクラスは、8年ぶりに全面改修が施された注目モデルとなっている。

今回のフルモデルチェンジの目玉は、AR技術を採用したヘッドアップディスプレイや、大型のメインディスプレイなどの先進装備だが、車の基本となる走行性能についても、メルセデス・ベンツが作り込んだだけに大幅な進化を遂げている。

>>【写真9枚で解説!】車の未来を先取り!? 新型Sクラスの先進装備を写真で見てみる

SF映画に出てくるような先進の装備

今回のSクラスにはさまざまな先進の装備が搭載されているが、乗り込んだ時にパッと目につくのが、センターコンソールの半分以上を覆うほぼ正方形の大型ディスプレイだろう。

新型Sクラスはディスプレイ自体がセンターコンソールと一体になった印象だ。

センターコンソールと並んで今回の目玉とも言えるのが、AR技術を搭載した大型のヘッドアップディスプレイだ。ドライバーの視点から10m先となる位置に、現実と重ね合わせてナビ情報などを表示。まさにSF映画で見たような光景が目の前に広がる。

夜間の車内照明も近未来的だ。色もユーザーの好みでさまざまに変更することができる。

このライトはただの演出ではなく、走行中に自動ブレーキが作動した際などに警告として赤色になるなど、車の状態を視覚的にドライバーに伝える役割も担っている。

パワートレインやハンドルも先進的

搭載されているエンジンは、435PSを発生する3L直列6気筒ガソリンターボエンジンと、3L直列6気筒ディーゼルターボエンジンの2種類。

特にガソリンエンジンには最高出力22PSを発生するモーターが搭載され、よりスムーズな走行性能を実現するとともに、燃費の向上も図られている。

駆動方式は全車四輪駆動とし、より安定した走りを実現。さらに、ハンドル操作に応じて後輪の向きが変わる「リア・アクスルステアリング」を採用することで、最小回転半径は5.5mとひとクラス小さいサイズのEクラスと同等の水準を実現した。

シンプルになったからこそ光るスリーポインテッドスター

外観は凹凸を極限まで減らすことでよりシンプルなものとなり、前面投影面積(車を真正面から見た時の面積)が大きくなったにも関わらず、空力性能を示すCd値は0.22(小さいほど空気抵抗が少ない)という世界トップクラスの水準となっている。参考までに省燃費性を売りにしているプリウスのCd値は0.24程度だ。

余計な突起物を排除して流れる様なボディデザインとなったことで、スリーポインテッドスター(メルセデス・ベンツのロゴマーク)がより輝きを放っている。

格納式ドアハンドルは、普段はドアと同じ面に格納されていて、キーを持った人が近づくと自動的に出てくる仕組みだ。走行中には格納されるこのドアハンドルのデザインは、単なる近未来的演出ではなく、空気抵抗を減らすことで、省燃費性と静粛性を向上させるという機能性を持ったデザインとなっている。

メルセデス・ベンツ/Sクラス
メルセデス・ベンツ Sクラスカタログを見る
新車価格:
1,293万円2,040万円
中古価格:
39.8万円2,083.1万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Sクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Sクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Sクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Sクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる