MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ほんま、贅沢やなぁ・・・メルセデス・ベンツ 新型 Gクラス「G550」(AMG V8 4.0ツインターボ) ショートインプレッション 2ページ目

試乗レポート 2016/3/30 11:41

ほんま、贅沢やなぁ・・・メルセデス・ベンツ 新型 Gクラス「G550」(AMG V8 4.0ツインターボ) ショートインプレッション(2/4)

関連: メルセデス・ベンツ Gクラス , AMG Gクラス Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志・茂呂幸正
ほんま、贅沢やなぁ・・・メルセデス・ベンツ 新型 Gクラス「G550」(AMG V8 4.0ツインターボ) ショートインプレッション

基本骨格は37年前から変わりません

ほんま、贅沢やなあ・・・メルセデス・ベンツ 新型 Gクラス「G550」(AMG V8 4.0ツインターボ) ショートインプレッション/今井優杏ほんま、贅沢やなあ・・・メルセデス・ベンツ 新型 Gクラス「G550」(AMG V8 4.0ツインターボ) ショートインプレッション/今井優杏

Gクラスのプロフィールなんて今更語るまでもないけど、やっぱり何度聞いても凄いなと思うのは、1979年に誕生して実に37年、そのあいだほとんど外観を変えてこなかったという点に尽きる。そしてその骨格として、1979年から同じラダーフレームを使い続けてきているという点にも改めて感激する。

ご存知の通り、メルセデス・ベンツの安全に関する執念はハンパじゃない。衝突に関する技術力においては、世界をリードするメーカーのうちのひとつでもある。だから、「単に外観を変えたくないから」という理由で旧いラダーフレームを使い続けているわけでは決してない。

「37年前から現在の乗員保護基準をクリアする骨格を持っていた」

のだ。

正確に言えば、歩行者安全保護のためにバンパーを少し前に出してさらなる衝突基準の向上を図っているのだが、基本設計は元のまま。変わらないことがイイっていうんじゃない、変えなくていいことがスゴイのである。なんと減価償却率のいい骨格だろうか!(違)

オリジナルデザインの完成度の高さに改めて驚かされる

ほんま、贅沢やなあ・・・メルセデス・ベンツ 新型 Gクラス「G550」(AMG V8 4.0ツインターボ) ショートインプレッション/今井優杏

そしてなにより、これをベースに作り上げられた大元のデザインが、非常に完成度の高いものであったこと。

単にクラシカルというだけでなく、いつの時代にあっても古臭さを感じさせないというのは、もちろん近代風にLEDライトを備えたりメタル装飾を増やしたり、また念願だったキノコミラー(補助確認装置として着けられていたサイドアンダーミラーのこと)の廃止などでリファインさせてはいるものの、そうたやすいことではない。

長く愛されるデザインなんてなかなか生み出せるものじゃないなと、生まれては泡のように消えて行ったアレコレをつい思い出してしまう。

[Gクラスの本質について改めて考察・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Gクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR