autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 新型AクラスにAMG版エントリーモデルが登場! 国内ヒットは堅いか

新型車解説 2018/9/21 18:07

新型AクラスにAMG版エントリーモデルが登場! 国内ヒットは堅いか

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」
メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」画像ギャラリーはこちら

新型Aクラスに早くもAMGが登場、でも45じゃなく35?

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス(日本未導入)に、早くもAMGバージョンが追加された。それも、現行モデルにラインナップされているAMG A45 4MATICではなく、AMG A35 4MATICという新たな名称になっている。

単純なパフォーマンスにおいてはA45シリーズが上位に残る可能性もあり、そうなるとA35は、より安価にAMGの走りや世界観を楽しめるエントリーモデルとしての位置づけになる可能性が高い。BMWにおけるMシリーズに対してのMスポーツ、アウディにおけるSシリーズに対するSラインをイメージするとわかりやすいだろう。

今回は、日本導入はほぼ間違いないと思われるこのモデルの詳細を見ていく。

◆リヤウィングが迫力満点! A35 4MATIC詳細画像一覧

AMG A35 4MATICってどんなモデル?

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ Aクラスセダン(海外仕様)

▲左:AMG A35 4MATIC / 中:新型Aクラス(ハッチバック) / 右:新型Aクラスセダン

AMG A35 4MATICは、日本未導入の新型Aクラスに新たに追加されたラインナップ。その姿が実際に見られるのは、2018年10月に開催されるパリモーターショーになる。

AMG A35 4MATICの日本導入はいつ? 価格はどうなる?

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」

AMG A35 4MATICはパリモーターショーでの公開の後、2019年2月より欧州で販売が開始される。

日本では、そもそもまだ新型Aクラスの販売が開始されていない。新型Aクラスの日本導入は2019年初頭あたりの可能性が高いといわれており、このAMG A35 4MATICもそれに遅れるタイミングでの日本導入が予想される。

またAMG A35 4MATICの販売価格は、現行販売されているAMG A45 4MATICシリーズよりも抑えられる可能性が高い。

現行型のA45 4MATICの車両価格はなんと720万円。最高出力280kW (381PS) / 最大トルク475N・m (48.4Kgf・m) という2リッターターボとは思えない抜群のパフォーマンス、そして多数の専用設計パーツを備えているとはいえ、流石に5ドアハッチバックにしては高過ぎるというのが、大方のユーザーの感想だろう。とはいえ、一部の根強いファンからはアツく支持を集めており、そうしたニーズの高まりを受けての追加設定であることは間違いない。

仮想ライバルはおそらくフォルクスワーゲン ゴルフGTI、アウディ A3 Sライン、BMW 120i Mスポーツあたりになるので、これらのモデルと比較して互角に戦える、400万円代~500万円前後に抑えてほしいところだ。

AMG A35 4MATICの仮想ライバル車の価格を比較

メーカー車種車両本体価格
メルセデス・ベンツAMG A35 4MATIC400万円代後半?
フォルクスワーゲンゴルフ GTI405.9万円
BMW120i Mスポーツ AT463万円
アウディA3 Sライン446万円

※車両本体価格は消費税込み。

現行型AMG A45 4MATIC関連記事

◆メルセデス・ベンツ A45 AMG/CLA45 AMG 試乗レポート

◆【動画】720万円のA45 4MATICをサーキットで全開試乗

0-100km/h加速は4.7秒! AMG A35 4MATICの性能&装備をチェック

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」

このAMG A35 4MATIC、見た目からしてすでに新型Aクラスと結構違う。AMGの他のモデルのデザインを踏襲するフロントバンパーは開口部が大きく拡大され、サイドビューにはブラックアウトされた18インチホイールに、AMGロゴ入りのブレーキキャリパーが顔を覗かせる。そしてリヤには、AMG A45を彷彿とさせるリヤウィングもそそり立っている。

そのパフォーマンスに至っては、0-100km/h加速は4.7秒、最高速度も250km/h(リミッター介入)とかなりのもの。

以下、そのパフォーマンスを可能にする専用装備を見ていく。

搭載エンジン

エンジンは2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを採用。これはメルセデス・ベンツの多くの車種に搭載されるM260型エンジンに、AMG独自のチューニングを施したもの。パワフルでダイレクトな加速、それに専用設計エグゾーストシステムによるレーシーなサウンドも加わり、非常に刺激あふれるチューニングがなされている。スペックは最高出力225kW/310PS、最大トルク400Nm/3000rpmと、先代AMG A45に迫るハイパフォーマンスぶりだ。

また、ハイパフォーマンスを目指しながらも日常域での燃費性能にも配慮され、同社の最新テクノロジーにより無駄な燃料消費を最小に抑えている。たとえば、常に最適な燃焼状態を保つ可変バルブ機構「カムトロニック」、高精度な直噴機構、エンジン内のフリクション(抵抗)を抑えるCONICSHAPE加工といった具合だ。

またターボには、低回転域のターボラグを抑え、パワフルな加速を発揮するツインスクロールターボが採用される。

トランスミッションはAMGスピードシフト7速DSG

先のエンジンに組み合わされるトランスミッションはAMGスピードシフト7速DSG。マニュアル操作可能なパドルシフトも装備され、ステアリングから手を離さずに手動でシフトチェンジを行い、自在に速度を調整することができる。

四輪駆動システム「4MATIC」

駆動方式は、高速域での安定したトルク伝達やハンドリング、またウェット路面でのトラクション向上にも定評のある同社の4MATIC(4WD)を採用。路面状況やアクセル開度に合わせ、前100:後0~前50:後50までの間でトルク配分を行う。

ドライブモード

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A35 4MATIC」

ドライブモードは「スリップ路」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビジュアル」(各項目を個別に変更)の4つが用意される。それぞれのドライブモードを選ぶことで、エンジンの制御やサスペンションの減衰力の制御、変速スピードや4MATICのトルク配分、さらにステアリングの舵角や排気音までが変化する。

AMGライドコントロールサスペンション

サスペンションは前マクファーソンストラット、後トレーディングアーム方式を採用。AMGの名に恥じないフラットな乗り心地と、リニアなハンドリングに貢献する。さらにオプションで、急な路面状況や環境の変化に迅速に対応、更に安定した乗り心地を提供するアダプティブダンパーが用意される。

ブレーキ

ブレーキは前4ピストン モノブロックキャリバー、ディスク径350mm、リヤはディスク径330mmのものが奢られる。シルバーのブレーキキャリパーには、黒でAMGのロゴが輝く。

ステアリング

ステアリング特性には、クイックなハンドリングと快適性を重視した2つのモードが用意される。

コンフォートモードやスリップ路モードでは通常の快適性優先のハンドリング設定となり、クイックすぎる挙動は示さない。ちなみにこの状況ではESP(横滑り防止装置)は自動でONとなる。

一方、ドライバーがスポーツハンドリングモードを選択したり、ESPを自らoffにしたりすると、よりハンドリングがクイックになる。舵角が大きくなる他、4MATICもスポーツモードに切り替わり、より積極的にボディを曲げようとする設定に変化する。

足回りの剛性強化

ノーマルのAクラスと比較し、エンジン下部にボルト固定されたアルミ製プレートを追加。さらに2本の対角線上に配置された支柱も追加される。これによりフロントセクションのねじれ剛性がアップし、クイックなハンドリングに貢献する。

次世代インフォテインメントシステム MBUXももちろん採用

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスの内装メルセデス・ベンツ 新型Aクラスの内装メルセデス・ベンツ 新型Aクラスの内装

メルセデス・ベンツの次世代インフォテインメントシステムであるMBUX(Mercedes Benz User Experience)は、もちろんAMG A35 4MATICにも採用される。ドライバーの眼前にあるメーターパネル部分、そしてインパネ中央を貫く高彩度の液晶ディスプレイが設置され、ここに走行状態や車両の状態、車外の環境等を逐一表示する。

メーターはドライバーの好みに応じて、デジタル・アナログ状のメーターを表示させることが可能。

オーディオや空調といった車内環境や、ドライブモードのセットアップもここで確認する。またドライブモードによっては、カーブ時にかかるGを可視化するモードも存在する。

AMGトラックパッケージにはサーキット走行でのデータロガー機能も

オプションで用意されるAMGトラックパッケージには、各地のサーキットにおける周回もしくは特定区間において、過去に測定された様々な走行データが予め記録されており、バーチャルでタイムを競うことが可能。

リアルタイムで自車の場所をモニタリングして目標タイムと照合することで、目標タイムより速いか遅いかを常にモニターに表示する。タイムは赤・緑で表示することで、直感的に目標タイムに対する勝敗がわかるという、もはや完全にレースゲームのようなユーザーインターフェースだ。

さらにMBUXのデータ通信技術を使用して、最新のタイムやサーキットのレイアウト変更が常に反映される。これによりドライバーは、自身のドライブテクニックの向上に繋げられるという。

MBUX関連記事

■「Hey,Mercedes!」でAIが起動! 新型Aクラスの恐るべき進化

AMG A35 4MATIC スペック一覧

スペック
エンジン2リッター 直列4気筒ターボ
排気量1991cc
最高出力225kW(310PS)/5800-6100rpm
最大トルク400Nm/3000-4000rpm
駆動方式4WD(AMG パフォーマンス 4MATIC)
トランスミッションAMG スピードシフト 7速DCT
CO2排出量169-167g/km
0-100km/h加速タイム4.7秒
最高速度250km/h(リミッター介入)

※本記事中のデータ、画像はいずれも本国仕様です。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Aクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連編集記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR