autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 車検証に記載の「車両総重量」はほとんど意味がない?

自動車評論家コラム 2018/1/18 11:36

車検証に記載の「車両総重量」はほとんど意味がない?

車検証 「車両総重量」
「車両総重量」カタログ記載マツダ 新型CX-8キャンピングトレーラーのERIBA Touring Troll 530(RVランド)車検証 「車両総重量」画像ギャラリーはこちら

どういう計算の総重量?何に使うために記載?

車検証・車種カタログに記載されている「車両総重量」、クルマを持っている方なら見たことはあると思います。しかし、いったい何に使うために記載されているのでしょうか。

「車両総重量」カタログ記載

たしかに車検証には必ず記載されていて、ほとんどのクルマのカタログにも「車両重量」と「車両総重量」、クルマの重さを表すふたつの数値が記載されています。「車両総重量」とは、その自動車に積載可能な荷物と、最大定員が乗車した状態でのクルマ全体の重さを表す数値です。

この時、乗員の重さをどう算出しているかというと、日本の場合、ひとり55kgとして計算されています。つまり5人乗車定員のクルマは+275kg、7人乗車は+385kgということですね。この55kgという数字は、男性と女性の平均体重で取っているのでしょう。正直、「だいたいこれくらい」という感じで、あんまり厳密なものではないですね。

しかもこの車両総重量、乗用車の場合は事実上ほとんどどうでもいい数字です。この車両総重量は、車検証の記載ルールになっていますが、乗用車のクルマカタログには記載していないメーカーもあります。

ただ、自分のクルマで、たとえばキャンピングカーを牽引する場合は、駆動方式と車両総重量(2輪駆動の場合は前後重量配分も関係します)などで、何キロまで牽引できるかが決まって来ます。

牽引可能なキャンピングカーの重量を算出する計算式は、車両総重量に加えて、「積載時駆動軸重」や「原動機の最高出力」、「駐車制動力」「減速度」なども必要で、かなりシビアとなります。

また、一部の重さ指定道路においては、「総重量~t以下」などと規制がある場合もあり、古い橋など、この制限がかなりキツい場合がある可能性もあります。

あと、たいていの場合、機械式立体駐車場には車重制限があります。

このときの車重は、車両総重量のことだと思った方がいいでしょう。多いパターンが、2tか2.5tまでというのがほとんどですので、大きめのミニバンやSUVなど重そうなクルマの時は、車両総重量を気にした方がいい場合が多いかもしれません。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ CX-8 の関連編集記事

マツダ CX-8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-8 の関連編集記事をもっと見る

マツダ CX-8 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR