クルマのパーツの中でも存在感のある「ホイール」その役割とは?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
専門用語が多く分かりづらい自動車用語。ここでは少しでも皆さんのストレスを軽減すべく、毎回テーマを決めて解説していきます。「分かっているようで、きちんと説明できない!」「今さら聞けない!」と言う方もおすすめのコーナー。今回は、クルマのパーツの中でも最もメジャーな部類に入る「ホイール」について解説していきます。

ホイールはタイヤとクルマを繋ぐ重要なパーツ

クルマの部品の中では、華やかで一番存在感があるアイテムと言っても過言ではない「wheel(ホイール:車輪)」。その役割は、車軸からの回転力をタイヤに伝えるというもの。

柔らかいゴム素材でできているタイヤは、車軸から直接回転力が伝わると変形してしまうため、ホイールがその接続部分で力を受け止める役割を果たしています。そうすることでタイヤへ確実に力が送られているのです。

ホイールに使用されている素材は様々

ホイールのサイズは車種によって大小異なり、使われている素材もまた様々。それに関連してホイールの種類は主に、スチールホイール(鉄)とアルミホイール(軽合金)などに分類されます。

スチールホイール

スチールホイールは、製造が容易でコストが抑えられるのがメリット。反面、放熱性が低く、ホイール自体の重量が重いため走行性能を下げるというデメリットがあります。

アルミホイール

アルミホイールは、スチールホイールに比べ何より軽く、放熱性にも優れており走行性能が向上するのがメリット。ただし、スチールホイールに比べると価格は上がります。

アルミホイールの製造方法には「鋳造」と「鍛造」といった2種類があり、鍛造は溶かしたアルミ素材を鋳型に流し入れて成型するので、デザインの自由度が高く大量生産しやすいとされています。

一方、鍛造はアルミ素材に高圧をかけてプレスして製造します。強度が高く、より軽量な仕上がりに。その分コストは鋳造よりもかかります。

基本的にホイールは、車両価格が安いベースグレードなどでは丈夫で安価なスチールホイールが、中級グレード以上になってくるとデザイン性の高いアルミホイールが標準で装備されています。その他、一部の超高級車などスペシャルなクルマでは、より軽量高剛性なカーボン製やチタン製、マグネシウム製のホイールなどが存在します。

このようにホイールは、その見た目のファッション性だけでなく、素材によってクルマの走行性能も大きく変化するなど、とても重要なアイテムです。

レクサス/IS
レクサス ISカタログを見る
新車価格:
480万円700万円
中古価格:
35.8万円710万円
ホンダ/シビックタイプR
ホンダ シビックタイプRカタログを見る
新車価格:
475.2万円550万円
中古価格:
114.8万円1,212.7万円
日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円276.3万円
中古価格:
14.8万円1,750万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス ISの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス ISのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス ISの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス ISの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス ISのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる