“1100万円”という価格も決して高くはない、その理由とは「レクサス GS F」 [徹底解説](3/3)

“1100万円”という価格も決して高くはない、その理由とは「レクサス GS F」 [徹底解説]
レクサス GS F レクサス GS F レクサス GS F レクサス GS F 画像ギャラリーはこちら

速度リミッターが解除される「サーキットモード」も設定

レクサス GS F

ちなみにRC F同様に、GPSによる位置確認機能を用いて車両が利用可能エリアに入ると速度リミッターが解除される「サーキットモード」も設定。

また、車両安定性と走りの楽しさを両立させる「スポーツモード付VDIM(エキスパートモード追加)」や、予防安全パッケージ「レクサス・セーフティシステム・プラス(歩行者検知機能付衝突回避支援タイププリクラッシュセーフティ+レーンディパーチャーアラート+アダプティブハイビームアシスト+レーザークルーズコントロール)」などの、最新の安全デバイスもシッカリと採用されている。

一目で「F」ファミリーと解るアグレッシブなスタイル

レクサス GS Fレクサス GS F

エクステリアは、ノーマルのGSとは大きく意匠が異なる漆黒メッキの大型スピンドルグリル(冷却性能を確保)、大きく張り出したサイドアウトレットが特徴のフロントフェンダー、左右4本出しのエキゾーストなどにより、一目で「F」ファミリーと解るアグレッシブなスタイルとなっている。

ボディカラーは1500度以上の高温時の青白い炎をイメージした「ヒートブルーCL」、溶岩の高い発色性をイメージした「ラヴァオレンジCS」などを含む計8色を用意。

ちなみに空力アイテムは見える部分だと控えめなデザインのリアスポイラー(カーボン製)程度だが、クルマの下を覗くとエアロスタビライジングフィン付きアンダーカバーが採用されているのが解るはず。空気の流れを積極的に利用することで操縦安定性にも寄与しているそうだ。

レクサス GS Fレクサス GS Fレクサス GS Fレクサス GS Fレクサス GS F

専用アイテムが多数用意されているインテリア

レクサス GS Fレクサス GS F

インテリアも「F」専用アイテムを多数用意。スポーツシートはサーキット走行でのホールド性と一般道での快適性を両立させる表皮一体発砲成形。

ステアリングもパッと見るとノーマルと変わらないように見えるが、太さやグリップ感などをサーキットテストで煮詰めた逸品。ペダルやフットレストも専用品だ。メーターもF専用でドライブモード(エコ/ノーマル/スポーツS/スポーツS+)に応じて表示が切り替わる。

また、各種情報の視認性を引き上げるヘッドアップディスプレイはオプション設定となっている。

インパネアッパー部やセンターコンソール、アームレスト、ドアトリムオーナーメントの表皮にはアルカンターラを採用。特にインパネパネル表皮にはLFAに採用されたLEXUSロゴ入り飾り鋲も装着し、質感/デザイン性をより引き上げているのもポイントだ。

このように「スポーツカーの性能」と「セダンの魅力」を高い次元で両立させたGS F。

価格は1100万円と高額ではあるが、日常からサーキットまで、誰もが安心して走りを楽しめる上に、レクサスの抜群の信頼と耐久性を備える「マルチパフォーマンススポーツセダン」だと思えば、決して高くはないと思う。

レクサス GS Fレクサス GS Fレクサス GS Fレクサス GS Fレクサス GS F

レクサス GS F

レクサス GS F

全長×全幅×全高:4,915×1,855×1,440mm/ホイールベース:2,850mm/最低地上高:130mm/車両重量:1,830kg/JC08モード燃費:8.2km/L/エンジン型式:2UR-GSE/エンジン種類:V型8気筒DOHC/総排気量:4,968cc/最高出力:351kW(477ps)/7,100rpm/最大トルク:530N・m(54.0kgf・m)4,800~5,600rpm/駆動方式:後輪駆動/トランスミッション:8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)/価格:11,000,000円(税込)

前へ 1 2 3
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

レクサス GSの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス GSのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス GSの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス GSの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス GSのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる