eモータースポーツを手軽に楽しめる最新作「グランツーリスモ7」もいよいよ登場! コロナ禍で今「クルマゲーム」がアツい!

  • 筆者: 大田 夏輝
  • カメラマン:オートバックスセブン/山本晋也/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
家庭用ゲーム機「プレイステーション4」のソフトの一つである「グランツーリスモSPORT」をはじめ、eモータースポーツに国内外を問わず注目が集まっている。

今回はトッププレイヤーである大田夏輝さんにeモータースポーツの魅力を解説してもらった。

目次[開く][閉じる]
  1. 「eモータースポーツ」は自宅でできるゲームを競技として楽しむコンテンツだ
  2. 低コストで手軽に始められるのがeモータースポーツの魅力! 誰もがトッププレイヤーになれる可能性がある
  3. eモータースポーツを体験できるタイトル「グランツーリスモシリーズ」! 最新作は3月4日に発売予定だ

「eモータースポーツ」は自宅でできるゲームを競技として楽しむコンテンツだ

「eスポーツ」という言葉を聞いたことはある方は多いだろう。しかし、「eモータースポーツ」という言葉を耳にしたことがある方はそれほど多くないのではないだろうか。

eスポーツは、昨今のコロナ禍によって自宅でも気軽に遊べるゲームを1つの競技として楽しめるコンテンツとして注目を浴びている。一方で、モータースポーツはF1やSUPER GTなど四輪の車両を用いて行う競技で、国内でも人気のあるコンテンツだ。

eモータースポーツとはモータースポーツをeスポーツとして行うもので、ゲームを通して他のプレイヤーとドライビングの腕を競う競技であり、最近注目を集めている。

そんなeモータースポーツはなぜ脚光を浴びているのか、そしてどのように楽しめるのだろうか。グランツーリスモSPORTを使って行われた世界大会の一つ、FIAGT アジアリージョンファイナルに出場した経験を持つ筆者が紹介しよう。

低コストで手軽に始められるのがeモータースポーツの魅力! 誰もがトッププレイヤーになれる可能性がある

現実の四輪モータースポーツはまず普通免許を取得できる年齢に達していることはもちろんのこと、維持費等の観点からも敷居が高いと言わざるを得ない。

しかし、eモータースポーツは実車と比べて圧倒的に低コストでドライビングの楽しさを体験できる。

また、実車でサーキットを走った際にクラッシュをすれば多大な修理費がかかる一方で、ゲームではそういった心配もなく、心置きなく攻めることができる点も大きな魅力の1つであると言える。

そんなeモータースポーツにトヨタや日産など国内の自動車メーカーも関心を寄せている。

近年では公共交通機関の発達や価値観の変化から自らの自動車を所持しない、いわゆる「若者のクルマ離れ」が進んでいる。高度経済成長期から日本の産業を支えてきた自動車産業に陰りが見えてきているというのが現状である。

eモータースポーツはそんな状況に歯止めをかける一手としても期待をされている。身近なゲームをきっかけにクルマに対する興味を持ち、実車の購入を検討するという層が増えれば、「若者のクルマ離れ」に歯止めをかける存在になり得るだろう。

eモータースポーツを体験できるタイトル「グランツーリスモシリーズ」! 最新作は3月4日に発売予定だ

そんなeモータースポーツを楽しめるタイトルのひとつとして「グランツーリスモシリーズ」が挙げられる。グランツーリスモは1997年に初代が発売され、現作にあたるグランツーリスモSPORTまで長い歴史を持つタイトルである。

2019年からは国体の競技としても採用されていると同時にトヨタ主催の「TOYOTA GAZOO Racing GT Cup」なども開催。

東京オートサロン2022のプログラムにもなり注目されたNGM主催、オートバックスセブンがメインスポンサーを務める「AUTOBACS JEGT GRAND PRIX」では賞金総額500万円にも及ぶなど全国屈指の強豪プレイヤーが集う多くのイベントが催されている。

来る2022年3月4日には新作にあたるグランツーリスモ7が発売される予定であり、注目を集める。

現作のグランツーリスモSPORTでは雨天時にクルマが止まりにくいといった挙動の演出があったが、最新作では走行中の天候変化など、よりリアルなドライビング体験ができる要素が盛り込まれており、大きな期待が持てそうだ。

思うように外出ができない日々がまだ当分続きそうではあるが、これを機にeモータースポーツの楽しさを体験し、ドライビングの楽しさを味わうのも良いのではないだろうか。

【筆者:大田 夏輝】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

筆者大田 夏輝
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる