マツダの一部改良はなぜ頻繁に実施? 効果はいずれ現行型オーナーへも還元されるが戸惑いの声も

画像ギャラリーはこちら
マツダのクルマでは、他社にはあまり見られない特徴がある。それは「一部改良が頻繁に行われる」ことだ。地味なものを含め、年に1度か多い時にはそれ以上の頻度で実施される。現行型オーナーからは戸惑いの声も聞かれるが、地道な改良の積み重ねにより、現オーナーへはリセールバリュー(中古車価格の価値)向上による還元も期待されるという。

>>デザインは頻繁に変えないのがマツダ流! 新型CX-5を写真でもっと見る[画像23枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 他の新型車からの水平展開も マツダでは一部改良が頻繁に実施される
  2. 4年で5度の一部改良に、初期型オーナーはちょっと複雑な心境
  3. 一部改良の積み重ねが、最終的にはオーナーにも高い下取り価格として還元される

他の新型車からの水平展開も マツダでは一部改良が頻繁に実施される

マツダのクルマは、新型発表後も絶えず地道な改良を重ね続け、常に最新技術を導入する。

例えば2017年2月に発売を開始した現行型(2代目)CX-5は、2017年8月、2018年2月、同10月、2019年12月、そして2020年12月と、わずか4年の間に5度に及ぶ一部改良を実施し、商品性の向上を図ってきた。

これは国産他メーカーにはあまり見られない、マツダの特徴だ。

一部改良は、外観上の大きな変更を加えることはあまりない。どちらかといえば実用面での地道な改善が多いのが特徴である。新規で実施される内容のほかにも、他のマツダ新型車に採用された先進機能や快適装備などを、素早く水平展開してくることも多い。

4年で5度の一部改良に、初期型オーナーはちょっと複雑な心境

他社の事例を聞く限り、こうした類の改良は規模の大きいマイナーチェンジ時にまとめて実施したり、あるいは次のフルモデルチェンジまで持ち越されたりするものだが、フットワークも軽く改良の手を休めないのが、昨今のマツダの面白いところだ。

ただ現行型オーナーにとっては、愛車がすぐに“旧型”になることに対し、ちょっと複雑な想いもあるかもしれない。

SNSをのぞいてみても、一部改良の知らせに

「ああ、これでオレも旧型オーナー」

「後だしじゃんけんは止めて欲しい」

「もう少し後に買えばよかった」

といった現行型オーナーの悲痛な叫び声が聞こえてくる。

一部改良の積み重ねが、最終的にはオーナーにも高い下取り価格として還元される

とはいえ、改めて考えて欲しい。改良により熟成度合いを増すことで、モデルの価値も常に高まり、新たな需要が発生。通常なら落ち込むモデル後期でも売れ行きが維持され、中古車の相場維持にとっても少なくない効果を与える。

現オーナーがいずれ乗り換える際には、リセールバリュー(中古車価格の価値)として還元されることになるだろう。

少なくとも今のCX-5では、こうした良い効果が上手く循環している状況にある。地道な改良の積み重ねは、現オーナーにとっても決して悪くない話なのである。

今後は旧オーナーにもプログラム更新の機会が欲しい

とはいえ一部改良の変更点には、エンジンやオートマチックトランスミッションのコンピュータ制御に関するアップデートといったものも多く含まれる。

改良とはいえないプログラム上のマイナーな更新などは、点検入庫の際に人知れず実施されるケースもあるだろう。しかし一部改良で行われるレベルのメジャーなアップデートについても、旧型オーナーにも機会を与えて欲しいところだ。有償・無償と色々なケースが考えられるが、ぜひ検討して欲しい。こうした取り組みがあれば、リセールバリューにも更なる相乗効果を与えるはずである。

実際、最新世代の「マツダ3」では、スカイアクティブXのエンジン制御プログラムについて、旧型オーナーに対するアップデートを実施している例もある。現行型のアーキテクチャーでは対応が難しいようならば、せめて次期モデルからは積極的に取り入れて欲しいものだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:MOTA編集部]

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
63.8万円404.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 創業大正十五年 蓼科 親湯温泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる