ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ 試乗レポート/今井優杏(1/2)

  • 筆者: 今井 優杏
  • カメラマン:オートックワン編集部
ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ 試乗レポート/今井優杏
ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ 画像ギャラリーはこちら

SUVなんて軟派なカテゴリーじゃない、本気の“四駆”

ジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラ

いわゆる“モテ車”というものは、確実に世に存在する。

かのバブル時代前後はフェラーリだったりシルビアだったりセルシオだったりしたし、ちょっと前なら確実にトヨタ アルファード/ヴェルファイア、日産 エルグランドあたりの箱型イカツ系ミニバンだったのじゃないかと思う。

つまり、あんまりクルマってものに詳しくないであろう、見目麗しいお嬢さんに表参道の街角あたりで

「好きなクルマはどんな?」

的なユルいインタビューをしたら名が挙がりやすい、その時代の最大公約数の人気デート車ということなのだが、近年においては欧州セレブ勢も大好物であるところの輸入SUVが長く台頭しているようだ。

ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ

しかし今回紹介するのはSUVなんて軟派なカテゴリーじゃなく、“四駆(ヨンク)”と男らしく言い捨てねばならない、迫力の出で立ちだ。

世のお嬢さんたちが目の色変えて「ステキ☆」なんて言うにはワイルドすぎる、きっとあのスギちゃんでも容易には選べまい、本気のオフロードカー『ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ(Jeep Wrangler Unlimited SAHARA)』

小物入れなどは、かゆいところに手が届く工夫が盛りだくさん

ジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラ

同社グランドチェロキーあたりは同じジープブランドの中でもオンロードを意識したスタイリングで、間違いなく都会的雰囲気漂う“モテ車”なのに対して、ラングラー アンリミテッド サハラは車体からタイヤが飛び出たような独特のワイドトレッド。まぁいわゆる「ジープ」と聞いて誰もが頭に思い浮かべる、四角くて背の高いあのクルマの形だ。

大径スペアタイヤを背負った伝統的な姿は確実に六本木の夜よりも秩父あたりのオフロードに馴染む。そのなかでもアンリミテッドはラングラー初の4枚ドアで、5人乗りというファミリーにも現実的なパッケージとなっている。

ラングラー アンリミテッド サハラは4枚ドアになってロングホイールベースになり、全長も4705mmとなかなかにロング。全幅×全高は1880mm×1854mm、ボンネットピンで固定された長いエンジンルームを持ちながら、その後ろにはスペースをフルに使い切って、なんとリアシートを倒した場合に最大2,000リットルになるという大容量のラゲッジスペースをも内包するスクエアな空間がくっついているため、数字以上に大きく見えること請け合いである。

ジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラ
ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ

また、他のどのクルマとも似ていないインテリアも楽しい。

ヒンジとテープで固定された180度開くドア(もちろん取り外しも可能)を開け、そこそこ高さのあるサイドステップにガバッと大胆に足を上げて立ち、運転席にスルンと身体を滑り込ませたら、そこには豊かなアウトドアライフを香らせるインテリア世界が繰り広げられている。

ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ
ジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラ

特に小物入れなどは収納力抜群で、アウトドアのための細々したツール、たとえばマグライトや双眼鏡なんかといったものをたくさんしまえるようにきめ細やかに設計され、「ああそうそう、こんなんあったら便利やと思っててんわたし!」と思わず感激してしまいそうな、まさにアウトドアライフにおいて、かゆいところに手が届く工夫が盛りだくさんなのだった。

特に目についたのはメッシュネット状のポケットがドアパネルやセンターコンソール下部に配されていることで、車体が斜めに傾くほどのオフロードにおいてはこのネットのホールド性能が大きな安心になると思うし(以前別のオフロード車でハードなオフロードコースを走行した際、車内の小物の置き場所にはけっこう困った。特に携帯電話はグローブボックスに無造作に入れるとあちこちぶつかって破損してしまうんじゃないかと気が気じゃなかったから)、見た目的にも“泥遊び”を彷彿とさせてくれるいいアクセントになっている。

ジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラ
ジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラジープ ラングラー アンリミテッド サハラ
1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ジープ ラングラーの最新自動車ニュース/記事

ジープのカタログ情報 ジープ ラングラーのカタログ情報 ジープの中古車検索 ジープ ラングラーの中古車検索 ジープの記事一覧 ジープ ラングラーの記事一覧 ジープのニュース一覧 ジープ ラングラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる