居心地の良さをデザインのチカラで! ホンダ 新型ステップワゴンの「シンプルなのに印象的」な内装デザインの秘密を探る

画像ギャラリーはこちら
2022年1月7日(金)、6代目となるホンダ 新型ステップワゴンの姿がついにアンヴェールされた。正式な発売は2022年春を予定している。

新型ステップワゴンのデザインはボクシーでスクエア・そして力強くとても新鮮だ。そこでこの記事では、新型ステップワゴンのデザイン面にフォーカス。新型ステップワゴンに込められた、ホンダの心意気を前後編で紐解いてみたい。後編は内装デザインやパッケージングの面から新型ステップワゴンを解説する。

目次[開く][閉じる]
  1. 視界の良さ・居心地の良さ・使い勝手を徹底追及したインテリアとパッケージデザイン
  2. インパネ上面の余計な要素を廃したフラットな形状にすることですっきりした視界を確保
  3. 「AIR」と「SPADA」の世界観に合わせた内装の色や質感にも注目

視界の良さ・居心地の良さ・使い勝手を徹底追及したインテリアとパッケージデザイン

前編では、すっきりした印象を与えるエクステリア(外装)デザインの解説をした。後編では新型ステップワゴンのインテリア(内装)について見てみよう。

ホンダ 新型ステップワゴンでは、家族の成長とともに生じる柔軟なニーズに対応する空間を創り上げている。新型ではボディサイドのベルトラインが水平のため、窓の上端・下端を揃えてスッキリとしたイメージに。

2列目・3列目の着座位置を高く、さらにヘッドレスト形状を工夫することで、後部座席からも外がよく見えるように配慮した。

その一方でベルトラインは「クルマに守られていると感じる、ちょうどいい高さ」に設定して、居心地が良い空間を創り上げているのがポイントだ。運転席に着座した際、運転の目安となる稜線を水平に近づけて車体を把握しやすい設計としたほか、Aピラーの位置・形状・ボンネットフードの見え方まで追求。女性でも運転しやすいクルマに仕上がっている。

インパネ上面の余計な要素を廃したフラットな形状にすることですっきりした視界を確保

ダッシュボード(インパネ)のデザインでは、上面から余計なデザインを排除してフラットに。視界に入るワイパーやスピーカーまで見えないようにしている。助手席側にはボックスティッシュが入るほどの収納を設けるなど使い勝手も考慮。センターコンソールのスイッチ類は、運転の初心者にもわかりやすいように配置されている。

2列目シートはスライド量を増加して、「赤ちゃんお世話モード」「ホッとリラックスモード」「超・ロングスライドモード」など様々なシートアレンジに対応。2列目キャプテンシートでは、前後左右に自在に動く可動式を採用した。3列目シートは床下格納を可能としつつ、座面厚を20mm増加させて座り心地を向上している。

運転席・助手席背面と3列目左右のパネルには、USBポートを設置して利便性も高めた。

「AIR」と「SPADA」の世界観に合わせた内装の色や質感にも注目

近年では、製品の価値を高めるために、色による印象・手触りや質感のデザイン・設計を行う「CMFデザイン」が不可欠となっている。CMFとはCOLOR(色)、MATERIAL(素材)、FINISHING(加工)の略だ。新型ステップワゴンでも、CMFデザインによってAIR(エアー)とSPADA(スパーダ)という2つの異なる世界観が表現されている。

新型ステップワゴン AIR(エアー)が目指したのは「シンプル&クリーン」

シンプル&クリーンを目指した新型ステップワゴン AIRでは、内外装をすっきりと清潔感あるコーディネートで統一。内外装色は暮らしに馴染む温かみある色調とし、テーマとなるボディカラーをAIR専用色の「フィヨルドミストパール」とした。

シート形状もソファのように大きく厚みがあるデザインに。明るい内装色だが、表面マテリアルは汚れが目立ちにくい柄のファブリックを選ぶことで、シンプルかつモダンなインテリアを実現した。

ダッシュボード上面やドアアッパーにも、汚れに強い撥水撥油加工された生地「ファブテクト」を贅沢に使用した。

また1列目・2列目シート背面には、汚れが拭き取れる合皮「プライムスムース」を用いて、子供がシート裏を蹴ってしまってもすぐに汚れが取れるよう配慮がなされている。

新型ステップワゴン SPADA(スパーダ)が目指したのは「スタイリッシュ/クオリティ」

そしてSPADAは、スタイリッシュ/クオリティがテーマだ。ダーク系のボディカラーを多く揃え、内装もブラック調に。カタマリ感あるダークなコーディネートを目指した。合皮を贅沢に使って、高級感も演出している。イメージカラーはSPADA専用の「トワイライトミストブラックパール」である。

シート形状は立体的でスポーティな雰囲気とし、表面はプライムスムースとファブリックのコンビネーションを採用した。

なお、発表会ではSPADAに上級仕様「プレミアムライン」が存在することも判明している。こちらはまだ情報がほとんど出ていないが、発表があり次第、追ってお知らせしたい。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

ホンダ/ステップワゴン
ホンダ ステップワゴンカタログを見る
新車価格:
299.9万円384.7万円
中古価格:
24.9万円468.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... さぎの湯荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ ステップワゴンの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ステップワゴンのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ステップワゴンの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ステップワゴンの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ステップワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる