新型ステップワゴン AIRは「“エアロを外した安いほう”にはしたくなかった」ホンダ デザイナー インタビュー Vol.1

画像ギャラリーはこちら
トヨタ ノア/ヴォクシー、日産 セレナなどが激戦を繰り広げるMクラスミニバン市場。その一角を担うホンダ ステップワゴンは2022年1月7日(金)、2022年春の正式フルモデルチェンジに先駆け、内外装のデザインが先行公開された。

そこには、コンセプトカーのようにシンプルな新しいステップワゴンの姿が! ボクシーでスクエア、そして力強いデザインがとても新鮮に映ったのだ。

この記事では、新型ステップワゴンのデザイン面にフォーカス。新型ステップワゴンに込められた、ホンダの心意気について、デザイナーインタビューなどを通じて紐解いてみたい。第一回目は、エクステリア担当のデザイナーに話を伺った。

目次[開く][閉じる]
  1. AIRはチャレンジであり、私たちが信じていた路線
  2. 初代・2代目ステップワゴンをほうふつとさせる新型、そのきっかけをつくったのが花岡氏だった!
  3. 新型ステップワゴン SPADA(スパーダ)は「スーツを着ても乗れる品格のあるクルマ」を目指した

AIRはチャレンジであり、私たちが信じていた路線

「新型ステップワゴンに込めた想い」について、内外装やパッケージングの各担当デザイナーの方々にお聞きしてみた。

まずは、株式会社本田技術研究所 デザインセンター オートモービルデザイン開発室 プロダクトデザインスタジオ アシスタントチーフエンジニア 花岡 久和氏に、新型ステップワゴンのエクステリアデザインの話を伺った。

単なる廉価版ではない! 初代モデルが持っていた“シンプルな道具感”を復活させた新型ステップワゴン AIR

MOTA:思い切ってシンプルに振ってきましたね。もっと大きなグリルを、という声はありましたか?

Honda 花岡 久和氏:(以下花岡氏)新型ステップワゴン エアー(以下AIR)は、チャレンジでした。これまでの標準モデルにあった『エアロを外した安い方』という見方を直したかったのです。

シンプルでもチープではなく、むしろ力を入れて作り込みをすれば、きっと、この方向性を喜んでいただける。気に入っていただけるユーザーはたくさんいらっしゃると思いました。

私たちは本来、5代目でも設定していたシンプルな標準モデルの方向性を信じていました。ただ、その路線のこだわり方が足りなかったのかもしれません。

そこで今回は、初代・2代目ステップワゴンが持っていた『乗用車と道具感の両立』というテイストを復活させようと勝負に出ました。原点回帰の新グレードとして、AIRを設定したのです。

ただ、当時とまったく同じ手法ではなく、現代的な手法でアップデートしています。

2つの新しいステップワゴンは、大ヒットした軽「N-BOX」と「N-BOXカスタム」の関係性と似ている!?

MOTA:標準モデルとカスタムがほぼ同率で売れているN-BOXの存在は、意識されましたか?

花岡氏:参考にしましたが、まったく同じ考えではなく、ステップワゴンはステップワゴンに回帰する、という思いで作りました。

ベーシックグレードは手を抜いたチープなもの、という考えは、私たちにはありませんので、N-BOX含め、ベーシックこそ力を入れて開発するのは、ホンダ全体のスタンスです。

そのためベーシックグレードといっても、コストがかかっています(笑)。

初代・2代目ステップワゴンをほうふつとさせる新型、そのきっかけをつくったのが花岡氏だった!

MOTA:シンプルということばは、安いという解釈がされてしまいますものね。ところで、初代・2代目の「シンプルな道具感」は、社内でも再評価されていたということなのでしょうか。ユーザーにはそのイメージが記憶に定着しているのでしょうか。

花岡氏:ズバリ、初代・2代目的で進めたい、と言い出したのは私です(笑)。

次のステップワゴンをどうしようか、ということで鷹栖プルービンググラウンド(北海道にあるホンダの巨大なテストコース)にチームが集まった際、場内の連絡車にボロボロの2代目ステップワゴンが使われていまして。それが、鷹栖の綺麗な景色に置いてみたら格好良くて。

これをオマージュしようかな、ってチームに話をしたら『それはいいかも』という話になりました。

初代・2代目は、FFの空間効率を突き詰めたミニバンで、視界が広く運転もしやすいクルマです。個人的に、Aピラーが寝ているクルマの視界が苦手なので、Aピラーを手前に寄せてみたところ、外観は初代・2代目に自ずと似てきましたね。

MOTA:新型は、ユーザーの思うステップワゴンの「ど真ん中」にあるのかもしれませんね。

花岡氏:はい。新型を一目見て、『懐かしい』という声をお聞きするのですが、それはまさに狙い通りです。

しかし悩ましかったのは、動力性能の高さをこの緩やかなスタンスでどうアピールするかでした。エアロや低重心ではなく視覚的な安定感やしっかり感で、『走りそうなクルマ』、『コーナリング性能が高いクルマ』に見せたかったのです。

そこで、車体を樽型にしてタイヤ周辺の面を引っ込め、ホイールアーチも強めに見せてタイヤの踏ん張り感を出しました。このスタンスで、走行性能の高さをアピールできたと思っています。

デザイン全体も、平板に見えないよう、面の張りを綿密に、大きな曲率の『カタマリ』でチューニングしています。懐かしさと新しさが同居できているのではないでしょうか。

新型ステップワゴン SPADA(スパーダ)は「スーツを着ても乗れる品格のあるクルマ」を目指した

MOTA:新しいSPADAについてはいかがですか?

花岡氏:新型ステップワゴン スパーダ(以下SPADA)はホンダ流の“しっかりしたマスク”にしましたが、スーツを着て乗れるような、品格のあるクルマを目指しました。速そうに見せることも重視しています。

AIRは、カタマリ感を出すために後部に出る線を閉じていますが、SPADAは逆で、ルーフラインを後部に視覚的に延長しています。これにより、速そうに、かつ大きく見えます。

また、AIRではバンパー下部にあるリフレクターを、SPADAではテールランプ内に入れています。それも、こだわったポイントですね。

シンプルなのに印象的! そのデザインには初代ステップワゴンの精神が息づいていた

シンプルなのに新鮮な印象の新型ステップワゴン。そのデザインには初代・2代目ステップワゴンが大きく影響していたことがわかった。

次回のホンダ デザイナー インタビュー Vol.2では、新型ステップワゴンのパッケージング、そしてCMFデザイン担当の各デザイナーに話を伺う。一般にはまだまだ聞きなれない職種だが、開発にあたり重要な役割を果たしているという。こちらもお楽しみに…。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二・Honda]

ホンダ/ステップワゴン
ホンダ ステップワゴンカタログを見る
新車価格:
271.5万円444.9万円
中古価格:
14.8万円465.5万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ ステップワゴンの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ステップワゴンのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ステップワゴンの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ステップワゴンの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ステップワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる