autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー ホンダ、欧州初の新型電気自動車「Honda eプロトタイプ」を2019年夏より先行予約開始【ジュネーブショー2019】

モーターショー 2019/3/6 12:49

ホンダ、欧州初の新型電気自動車「Honda eプロトタイプ」を2019年夏より先行予約開始【ジュネーブショー2019】

関連: ホンダ
ジュネーブモーターショー2019で世界初公開された、ホンダ eプロトタイプ
ジュネーブモーターショー2019で世界初公開された、ホンダ eプロトタイプジュネーブモーターショー2019で世界初公開された、ホンダ eプロトタイプジュネーブモーターショー2019で世界初公開された、ホンダ eプロトタイプジュネーブモーターショー2019で世界初公開された、ホンダ eプロトタイプ画像ギャラリーはこちら

ホンダは2018年3月5日、スイス ジュネーブで開催されているジュネーブモーターショー2019において、欧州初となる新型電気自動車「Honda e(ホンダ イー)プロトタイプ」を世界初公開したほか、欧州における電動化の方向性について発表した。

>>>欧州初の新型電気自動車「Honda eプロトタイプ」を画像で見る

「Honda e(ホンダ イー)プロトタイプ」を世界初公開

ホンダ eプロトタイプホンダ eプロトタイプ

今回、世界初公開した「Honda eプロトタイプ」は、ホンダとして欧州初となる新型電気自動車。街中での取り回しの良さと力強いモーター・後輪駆動によるホンダならではの走りの楽しさを実現するとともに、EV走行距離200km以上(WLTPモード)を達成。30分で80%まで充電が可能な急速充電にも対応し、都市型コミューターとしての使い勝手に考慮した性能としている。このプロトモデルをベースとした新型電気自動車の先行予約を欧州の一部の国において2019年夏より開始する予定。

2025年までに欧州で発売するすべての四輪商品を電動車両へ

ジュネーブモーターショー2019で世界初公開された、ホンダ eプロトタイプ

また、今後の電動化の方向性については、2025年までに欧州で販売するすべての四輪商品について、ハイブリッド、バッテリーEVなどの電動車両への置き換えを加速させるとした。これは、2017年のジュネーブモーターショーで発表した「グローバルでの電動化目標から5年先駆け、2025年をめどに欧州での四輪車販売台数の3分の2を電動車両へ置き換える」という目標からさらに進め、欧州での環境対応の取り組みを強化するもの。また欧州で2019年初頭に販売を開始した「CR-V HYBRID」に搭載されている2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を、今後の欧州での電動車ラインアップの中心技術としていく。

欧州向けエネルギーマネジメントの事業化を推進

ジュネーブモーターショー2019で世界初公開された、ホンダ eプロトタイプ

さらにホンダは、事業化に向け取り組んでいる、欧州向けのエネルギーマネジメントソリューションの取り組みに関しても発表した。

今回の発表内容は、2017年のフランクフルトモーターショーで初公開した電力系統と双方向での充電・給電を可能にする「Honda Power Manager Concept(パワーマネージャーコンセプト)」をさらに発展させたもので、今後、エネルギーマネジメント商品およびサービスのポートフォリオを強化し、欧州のEVユーザーと、電力事業者を含めたエネルギーサービス事業者の双方に向けた総合的なソリューションを提供することを目指す。

また、電力系統と電気を融通しあうエネルギーマネジメント技術を、EV用充電ソリューションを提供するスイスのEVTEC(イーブイテック)社と共同開発中で、数年以内に事業化する予定。

併せて、新たに以下の2社とホンダがパートナーシップを締結することも発表した。

Moixa(モイクサ):リソースアグリゲーション技術に秀でた企業で、EVバッテリーの充放電管理と容量管理を取りまとめることで、EVユーザーが利益を得る仕組みを提供する。

Ubitricity(ユビトリシティ):都市部の路上充電における革新的なアプローチで業界をリードする充電ソリューション企業。

ホンダは次のステップとして、英国・ロンドンとドイツ・オッフェンバッハで当該技術の実証実験に着手し、年内にもさらなる展開についての発表を行う予定。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ の関連編集記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR