軽バンで車中泊出来る!? 身長180cmの筆者が全長わずか3.5mの軽「ホンダ N-VAN」で実際に寝て確かめてみた

画像ギャラリーはこちら
車中泊が大ブームだが、さすがにいきなり本格的なキャンピングカーを手に入れるのはハードルが高い。ならば気軽な軽バンから…でもホントに車中泊出来る!? 身長180cmの筆者が全長わずか3.5mの軽「ホンダ N-VAN」で実際に寝て確かめてみたところ、ちょっとの工夫でむちゃくちゃ快適な車中泊空間が誕生した!

2021年11月4日に行われた「Honda純正アクセサリー アウトドア メディア取材会」[会場:成田ゆめ牧場(千葉県成田市)]で体感した、軽バンで車中泊を楽しむためのポイントをご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 軽1BOXの商用バンに乗用車同様のボンネットスタイルで対抗するホンダの軽自動車「N-VAN(エヌバン)」
  2. 軽商用車だが、一般ユーザー向けに乗用車同様の内外装で仕立てたグレードも用意
  3. 身長180cmの編集部員が実際にN-VANで寝てみたら・・・快適過ぎて驚いた!

軽1BOXの商用バンに乗用車同様のボンネットスタイルで対抗するホンダの軽自動車「N-VAN(エヌバン)」

ホンダの軽自動車「N-VAN(エヌバン)」は、その名の通りの軽バン(商用車)だ。

軽バンというと1BOX(箱型)のモデルを想像するが、こちらはフロントにエンジンフードが備わる、通常の軽乗用車と変わらないスタイルを持つ。人気の軽スーパーハイトワゴン「N-BOX(エヌボックス)」のプラットフォームをベースに、室内空間を最大限活用出来るように工夫を施したモデルなのだ。

軽1BOXバンはエンジンを床下に積むことで、全長3.5メートルの軽自動車規格サイズいっぱいまで室内空間を確保している。

これに対しN-VANは、助手席側のセンターピラー(前後ドア間の柱)を無くして大きな荷物をサイドから積み下ろし出来るようにしたり、助手席・後席を床下収納出来るようにして完全にフラットな床下を生みだしたりと、軽1BOXでは出来ない荷室の使い勝手や空間利用を実現させた。

軽商用車だが、一般ユーザー向けに乗用車同様の内外装で仕立てたグレードも用意

そんな風に、通常の軽商用車とは異質の個性を放つN-VANは、商用ユーザーのみならず、アウトドアレジャーなどを目いっぱい楽しむ個人ユーザーに向けても強くアピール。軽乗用車とそん色ない内外装や装備を持つ上級グレード「+STYLE FUN(プラススタイルファン)」(162万9100円~187万2200円・価格は消費税込、以下同)も用意されている。

さらにメーカー純正アクセサリーにも、フラットな床面を確保する「マルチボード」(助手席用:3万1900円/ラゲッジ用:6万8200円)を設定した。これは完全に車中泊ユーザーをターゲットにしたものだ。

もちろん、N-VANのウリであるフラットな床へ、助手席と後席を床下収納してじかに寝ることも可能だが、マルチボードを用いることで運転席側にもフラットな面が誕生するので、小さな軽なのに大人2名が寝ることも出来るようになる。

そのうえマルチボードの床下には、荷物も収納出来る空間まで誕生するのだから、車中泊時に荷物の置き場に困ることもない。実によく考えられた装備なのだ。

身長180cmの編集部員が実際にN-VANで寝てみたら・・・快適過ぎて驚いた!

そんな訳で前置きが長くなった。さっそく寝てみることにしよう。

実は今回、純正アクセサリーを発売するホンダの関連会社、ホンダアクセスが11月に開催したアウトドア取材会で、N-VANで車中泊体験をすることが出来たのだ。車両はマルチボードを装着した+STYLE FUNグレードである。

寝袋さえあれば、マルチボードのうえでそのまま寝ることも可能だが、今回はさらにもうひと工夫をこらした。マルチボードのサイズにすっぽりと収まる市販品の専用エアマットを用いた。キャンピングカーメーカーのホワイトハウスが販売する「N-VAN用 クイックエアマット(ダブルベッドサイズ)」だ。

専用品のクイックエアマットが快適過ぎた!

足踏み式のポンプで空気を入れるタイプだが、空気の取り入れ方を工夫したバルブを使用するので思った以上にスピーディに膨張してくれた。

実際に身長180cmの筆者が寝ころんでみたところ、快適過ぎて驚いた。これはもう車中泊ではなく「ベッド」そのもの。

マットに厚みがあるから運転席部分の凸凹も吸収してくれるし、車種専用品なのでサイズも無駄なくピッタリ。これなら掛け値なしに、大人2名で快適に就寝出来る。税込み7万4800円と、キャンプ用品のエアマットに比べればちょっとお高めにも思えるが、その価値は十分にある。

プライバシーシェードも必須アイテム!

取材車両に装着されていた純正アクセサリーの「プライバシーシェード」(3万1900円)も秀逸。前後左右の窓を覆い尽くすことで車外からの視線や熱を遮り、快適な車中泊を実現してくれる。吸盤で貼り付けるだけの便利アイテムだ。

撮影時は快晴の昼間だったが、外の日差しもほとんど入ってこないので快眠が可能だった。これなら朝までぐっすり寝ることが出来るだろう。新車の車両本体価格とこれらのアイテムを合わせても、だいたい200万円前後でここまで快適な車中泊環境が得られることになるのだから凄い。これから車中泊をスタートしてみたいなら、N-VANはオススメの1台である。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・Honda]

ホンダ/N-VAN
ホンダ N-VANカタログを見る
新車価格:
127.6万円187.2万円
中古価格:
75万円335.9万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-VANの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-VANのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-VANの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-VANの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-VANのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる